最終更新日:2022/9/1

一般財団法人 材料科学技術振興財団(MST)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 財団・社団・その他団体
  • サービス(その他)
  • 化学
  • 半導体・電子・電気機器
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都

今まで受けてきていない業界の企業に応募するのは不利?

筋道を立てて説明できるようにしましょう(2022年7月29日)

就職活動を進める上での自己分析結果や面接でのフィードバックを元に、より自分の強みを活かす仕事が見つかるということは十分にあり得ますので、新たに興味を持つようになった業界、業種に応募してみることは悪いことではありません。方向転換した事実はもちろん、きっかけや理由を筋道を立てて説明して頂ければ、印象として不利になることはありません。

入社後、資格取得をサポートしてくれる会社を教えて!

資格取得に向けた支援制度があります(2022年7月29日)

MSTには職員の「学びたい」という前向きな意欲のフォローとして、自身の業務に関連のある資格取得に向けた支援制度があります。関連業務と一言で言っても、分析現場での実務に直接関わることからPC関連やマナーに関する資格まで多岐に渡ります。その時の仕事の経験値や担当業務に応じて学びたい項目や分野も変わってきますので、この支援制度が様々な場面で自己啓発の推進にも繋がっているのではないでしょうか。また、業務に関する知識が向上することで、新たな目標やモチベーションも生まれてくるように感じます。

エントリーシート・書類選考がない企業はある?

事前資料として書類の提出をお願いしています(2022年7月29日)

MSTでは書類選考は行っていませんが、事前に履歴書や成績証明書の提出をお願いしています。採用活動ではグループディスカッションや面接を通して、みなさんの仕事に対する考え方や人となりを伺っていきますが、では実際に、学生生活の中でどのような事に力を注いできたのか、また学業への取組みはどうだったのか等、事前にお伺いしたいと考えています。限られた面接の時間を有意義なものにするためにも、記載内容に一貫性があることはもちろん、みなさん自身のことが簡潔に記載されていることも大切なポイントではないでしょうか。

あと何名採用枠はありますか?(7月22日時点)

若干名の採用枠があります(2022年7月25日)

現在、若干名ですがまだ採用枠があります。内々定まで最短30日のスケジュールで選考を実施していますので、興味を持ってくださった方は選考日程のご確認をお願いします。(合格を確実にお約束するというものではありません。ご了承ください。)

この時期こそ見直したい企業選びのポイント

ワクワク感が判断基準のひとつになるかもしれません(2022年7月25日)

好奇心が刺激されたこと、時間を忘れて没頭したこと、達成感を得られたことなど、今一度思い出してみて下さい。このプロセスで、みなさん自身が大切にしていることが明確になってくるのではないでしょうか。研究で試行錯誤して良い結果を出せたこと、アルバイト先で気難しいお客様から感謝の言葉を頂いたことなどがあるのでは、と思います。それらはきっと社会人生活の上でもモチベーションとなるはずです。各企業の特色と、みなさんが大切にしていることを比べて見てみてはいかがでしょうか。MSTは調べて、測って、分かった喜び、知的好奇心への刺激、そして日本の科学技術の最先端に触れることができる高揚感など、様々なワクワクをサービスとして展開している受託分析センターです。仕事を通じて得るこのワクワク感をみなさんにも感じてもらえると嬉しいです。

8月に説明会・選考を予定している企業を教えて

ナビサイトを通して日程案内を行っています(2022年7月25日)

日程は限られますが、8月も企業説明会並びに選考会を実施する予定です。ナビサイト上でスケジュール等詳細の案内を行っていますので確認いただけると嬉しいです。もし疑問点や不明点などありましたら、遠慮なく採用担当までご連絡ください。

どうすれば面接を通過できるの?

企業の求める要素も意識してみるといいかもしれません(2022年7月20日)

面接はお互いに理解を深める場ですが、どうしても時間が限られています。そういった中でいかに自分を伝えるかにも工夫が必要になるように感じます。MSTは分析エンジニアとしても重要な能力である「自ら考え、提案し、行動することができる人」や「変化を捉えてチャレンジ、挑戦する人」を求めています。そのような企業の求める要素も意識に入れ、面接に臨んでもらえると嬉しいです。

これまでの面接経験を活かすには?

面接官からのフィードバックを振り返ってみましょう(2022年7月20日)

例えば、面接官の反応やフィードバックを振り返ってみるのも一つの方法だと感じます。繰り返し聞かれた質問は、もしかしたらもう少し自分自身での深堀りが必要なのかもしれません。また、話の内容に限らず、仕草や癖など、自身では気付くことが難しい部分も面接官の反応を振り返ることで見えることがあるのではないでしょうか。ぜひそういった生の反応や声を取り入れてみてはいかがでしょか。

希望する職種って、あらかじめ決めておくべき?

総合職採用を行っています(2022年7月20日)

MSTでは現在総合職候補を採用しています。そのため採用の時点で職種の選択はありませんが、仕事に対する考え方や想いを理解する方法として、みなさんが描く将来の方向性やキャリアプランについて質問することはあります。もし既に明確な職種希望がある人は、日頃から自主的に勉強するなど備えておくと希望が叶うことが多いのではないでしょうか。

最近、募集を開始した企業が知りたい!

引き続きナビサイトを通して日程案内を行っています(2022年7月14日)

引き続き、企業説明会並びに選考会を実施しています。ナビサイト上でスケジュール等詳細の案内を行っていますので確認いただけると嬉しいです。みなさんのご応募をお待ちしています。

トップへ