最終更新日:2023/1/17

(株)コメリ

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • ホームセンター
  • 農林・水産
  • 建材・エクステリア
  • インテリア・住宅関連
  • 日用品・生活関連機器

基本情報

本社
新潟県
PHOTO

店舗作業をシステムで「楽,良,早,安」化

S.K
36歳
神奈川大学
経済学部経済学科
ストアポータルプロジェクト
プロジェクト幹事

現在の仕事内容

店舗で発生している問題点の発見と根本原因の特定、対策立案と実行を繰り返しながら、店舗で働く従業員の作業全般を包括的にサポートできる体制をつくるのが私の役割です。現在挑戦しているのは、店舗作業の「楽・良・早・安」化に向けて、社内の古い慣習を撤廃すること。この重要なプロジェクトをまとめるにあたって、大事にしているのが“仕事は楽しくやる!”ということ。人生の約半分という多くの時間を費やすからこそ、楽しくかつ真剣に取り組みたいと考えています。


嬉しかったエピソード

プロジェクトなので、自分で仕事を見つけ、その仕事をするための計画を立て、実行し、経過確認をして軌道修正する。その一連の流れを誰かに言われてやるのではなく、能動的に取り組むことが求められます。それは言い換えれば、それだけのことを会社から任せてもらえているというのが、一番嬉しくやりがいです。
社内では年に一度、「社員表彰」があるのですが、前回私は「優秀社員」に選ばれました。この受賞の知らせを聞いた瞬間は、ちょうど打合せなどでバタバタしていたので実感がなかったのですが、帰り道一人になったときにジワジワと達成感のような気持ちになりました。色々あったな…と、あっという間に過ぎて行った過去を振り返り、達成感とともに今後に対する意欲も湧いてきました。


この会社に決めた理由

就活中は特に行きたい業界もなく、色んな業界の説明会を聞きに行きました。幸運にも複数社の内定をいただき、そこから改めて1社1社を観察していくなかで、最もロマンがあると感じたのがコメリでした。コメリは農業分野に力を入れていますが、この分野は既存業態の衰退により、全国の多くの農家さんが困っています。そんな情勢のなかで、コメリは小商圏にも積極的に出店し、農業用品や生活必需品を提供しながら、社会インフラを目指しています。単なる売上至上主義ではなく、「社会に必要とされる企業でありたい」という考えを実行に移している会社は多くはないのではと思います。農業が成り立たなければ、究極は私たちも生きていくことはできません。コメリは人々の生活を、実は根底から支えている企業だと分かり、入社を決めました。


入社後の経歴

小型店/部門担当者(1年半)→小型店/店長(7年)→中型店/グループリーダー(1年)→小型店/店長(1年)→九州地区本部/ブロックマネジャー(3年)→ストアポータルプロジェクト/幹事(現在)


一言メッセージ

どの会社に入るか?ではなく、その会社で「何をするか」が大切。その会社に入って働くことに、どんな社会的意義があるか。さらには、企業は変化対応が必要な生き物です。企業としての不変的なビジョンの上に、変化対応していける柔軟さがあるか、を観察することも大事だと思います。未来をつくるのは、自分自身です。自分を大切に、苦しい就活さえも、素晴らしい未来のためと思って楽しんでください!もしコメリに入ることになったときは、一緒に楽しく働いていきましょう。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)コメリの先輩情報