最終更新日:2022/5/23

(株)セロテック

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 薬品
  • 商社(薬品・化粧品)
  • 化学

基本情報

本社
北海道
PHOTO

生粋の努力家

T.Y
2020年入社
30歳
東京理科大学大学院
理工学研究科 応用生物科学専攻
江別研究所
研究開発職

研修について

入社後から4月中旬まで札幌本社でビジネスマナー・スキル、業界知識、当社製品知識の研修を行い、4月下旬から江別研究所に配属となりました。本社での研修は、同期と一緒に成長しているという一体感がありました。また、研修担当の社員の方が常に理解度を確認してくれたため、わからない状態でその日が終わる、ということはありませんでした。
また、江別研究所配属後は、OJT研修で試薬の改良を担当させていただき、短期間で実験機器や器具の扱い方・試薬のつくり方・自動分析装置での測定について学ぶことができました。覚えることがたくさんあり大変でしたが、「昨日の自分よりも成長できている」と、日々成長を感じ嬉しかったです。
10月には新入社員フォローアップ研修があり、知識の定着度や同期の成長度がわかりました。
これまでの研修を振り返ると、当社の研修は手厚いと思います。臨床検査薬について何も知らなくても、この研修があるおかげで何とか仕事ができています。


研究開発職大変なところ

研究するうえでは当然のことですが、日々多くの検討を重ねてより良いものをつくりだしていくことは、身体的にも精神的にも大変だと思います。ただ、何度も何度も検討してやっと成果がでるというのは、大変であると同時に、成果に繋がった時の達成感は非常に大きいものだと思います。私の現在の業務は先輩社員の補助ですが、先輩と実験して、望む結果が得られたとき、予想もしていない結果から解決策を考えられたときは嬉しかったです。


この会社に決めた理由

私が当社を志望した理由は、臨床検査薬の開発・販売を通して、人々の病気の早期発見・早期治療を目指す「予防医療」に貢献する仕事に魅力を感じたからです。
私は学生時代、難治性の病気を治すにはどうすればいいのか、どのようなメカニズムで発症するのか、どのような薬が効くのかということに興味がありました。そのため、治療薬開発を通して人々の健康を守っていく職に就きたいと考え、就職活動に臨んでいました。しかし、就職活動を進めていくうちに、病気を患うこと自体が健康ではなく、完治したとしても治療にかかった時間やお金は戻ってこないことに気が付き、それは本当に幸せな生活を送れているのかと疑問を抱くようになりました。そこで見つけたのが当社です。こんなにも同じことを考えている会社があるのか、と感動し、すぐに応募しました。
幸運にも内定を頂き、当社が同じ考えをもっていたことや、見学・面接でお会いした社員の方々と一緒に働きたいと思ったことがきっかけで、入社を決めました。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)セロテックの先輩情報