最終更新日:2022/5/25

永浜クロス(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(インテリア・住宅関連)
  • 商社(建材)
  • 物流・倉庫
  • 住宅

基本情報

本社
北海道
PHOTO

お客様からの問い合わせ・注文を迅速に処理します

本多 恭子
2012年
北海商科大学
商学部商学科
業務部受注課
受発注

1.永浜クロスってどんな会社ですか?

社歴・年齢に関係なく昇格できます。私は入社5年目でチーフへ9年目で主任に昇格しました。
結果だけでなくプロセスも含めて個人の頑張りを評価してくれるところが魅力だと感じます。
それと部署にもよりますが、私のいる受注課は有給休暇を取得しやすいです。


2.オフの過ごし方

就職して1年で通勤の為に自家用車を購入しました。休日は友人とドライブに行くことが多いです。
又、好きなアーティストのコンサートに遠征したり、毎年ディズニーランドやUSJにも必ずコロナ禍まえには行っていました。公休と有給休暇を合わせて海外旅行にも行きました。
仲の良い先輩社員とも旅行へ行ったこともあります。


3.仕事のやりがい

基本的にはお客様や営業からの注文を手配する仕事なので、営業の様に目標金額があるわけでもないのでやりがいを感じる場面は少ないかもしれません。それでも建物が出来上がった時はやりがいを感じる瞬間があります。
自分の仕事の行く先を見ることができ、完成形を見ることができるというのは嬉しいものです。特に商業施設は自分でも完成後に足を運べるので床材や壁などをついつい見てしまいます。過去に私が注文を受けたものは、ホテルの改修工事や百貨店テナントの床材等があります。


4.就職活動で苦労した事

私が就職活動していた時期は丁度就職氷河期がようやく落ち着いて来た頃で自分が希望する職場に就職出来る人はごく稀でした。私は大学時代韓国へ半年留学した経験から海外に住む大変さを知り、日本の環境の良さを知ったのでとにかく日本で就職、更には北海道での就職を希望し、就職活動を行っていました。
就職活動を始めたのは3年生の春頃で、50社程エントリーをしましたが最終面接迄残ったのは3社のみでした。夏までには内定を貰わなければという焦りからか面接も上手くいかず落ちてしまう事が多くなり、一度就職活動を休んでいました。夏休み明けにもう一度気持ちを入れ直し自分の何がダメで内定が貰えなかったのかを考えなおしました。
私の中で「業種関係なく内定が貰えれば何処でも良い」という考えが良くなかったと思い直し、どんな仕事に就きたいのか?を改めて考え直しました。学生の内は自分のやりたい仕事が明確な人の方が少ないと思います。やりたい仕事があってもその仕事に就ける人はほんの一握りだと思います。その中で、自分が何の為に働くのか、自分にとって働きやすい環境はどんな所なのかをよく考えると選択肢が絞れると思いました。


5.私が描くキャリアビジョン

私は今年で入社10年目になりますが、今までは兎に角正確に注文を手配する事だけを考えて仕事してきました。
現在の課に配属されて一度も転勤することなく今に至りますが、これからはどこの部署に異動となる事があってもどこの部署からも必要とされる人材になりたいと考えています。その為には受注課で培ってきた知識+@が必要だと思います。
今後はその+@の部分を養っていきたいと思います。


トップへ

  1. トップ
  2. 永浜クロス(株)の先輩情報