最終更新日:2022/8/4

日立物流ソフトウェア(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • 物流・倉庫

基本情報

本社
東京都

特集記事

女子学生ナビ

ライフステージが変わっても、文系出身でも、自分らしいキャリアが築ける!

女性エンジニア・研究開発者のシゴトスタイル

PHOTO

中堅&若手の女性エンジニアの本音を紹介!

日立物流グループの一員としての安定基盤のもと、物流に特化したITソリューションを展開している同社。その最前線で活躍する中堅と若手の女性エンジニアに、会社の魅力や働きやすさについて聞いてみました。

道先さん(写真左)
2005年入社/流通情報工学科卒業
システム事業統括本部 デジタルイノベーション推進本部
テクニカルイノベーション部 テクニカルイノベーション推進グループ
アシスタントマネージャ
 
岩本さん(写真右)
2020年入社/総合政策研究科総合政策専攻修了
システム事業統括本部 SCMイノベーション本部
社会システム部 第一グループ

キャリアと子育ての両立がしやすい環境!ライフステージが変化しても安心

「WMSの知識を生かし、職場復帰後は無理なく働ける仕事を担当。子育て中でもキャリアを途絶えさせることなく、新しい挑戦を通して成長していけます」(道先さん)

流通情報工学科出身の私にとって、当社は理想的な会社でした。それまでに学んだ流通と情報、両方の知識を生かせる点に魅力を感じたのです。最後に背中を押してくれたのは、親会社の日立物流に就職が決まった先輩の一言。「『この物流センターは自分が手掛けた仕組みで動いている』と実感できるのが醍醐味なんだよ」と言われて、「かっこいい」と思ったのを今でもよく覚えています。

入社後は、日立物流の倉庫システムの開発を3年ほど経験し、その後は一般の物流会社のシステム開発を担当しました。途中の1年間、海外の現地法人に常駐しブリッジSEを経験。オフショア開発に携わる海外エンジニアと当社の橋渡し役を担いました。10年目からは、自社のWMS(倉庫管理システム)の付加価値を高めていくプロジェクトを担当。新機能を追加する際の設計から開発までトータルで携わっていました。

そんな中、11年目に産休・育休を取得。ライフステージが変化しても安心して働ける環境なので、会社を辞める選択肢はありませんでした。復帰後は、9時から16時の時短勤務で仕事と子育てを両立。14年目には二度目の産休・育休を取得し、今は2人の子どもを育てながら働いています。時短勤務は、子どもが小学6年生になるまで利用できるので安心です。福利厚生のカフェテリアプランに、育児に関する補助金メニューがあるのもうれしいところ。子どもたちの習い事にも使えて重宝しています。

SE業務はルーチンワークの多い職種と異なり、自分でスケジュールを調整できるのが特徴。子どもが急に熱を出しても慌てないよう、人を動かす仕事を最優先し一人でやる作業を後回しにするなど、優先順位をつけて業務にあたっています。また、当社はテレワークにも積極的で、緊急事態宣言中は完全に在宅勤務。結婚前や出産前の時のように仕事に時間を割くことができなくなりましたが、今はより一層効率の良い仕事の進め方を考えながら、周囲の方々のご理解やご協力をいただきながら、日々業務に取り組んでいます。

現在は、これまでのキャリアを生かして、やりがいの大きな仕事に携わっています。具体的には、社内の開発者向けにWMSの機能を体系的にまとめたマニュアルを作成。時間の制約があるなか、新しいことに挑戦していけるのは、手厚いサポート制度が整っているからこそ。仕事も子育てもあきらめることなく、日々全力で向き合うことができています。
(道先さん)

手厚い教育制度やフォロー体制が魅力!文系出身でもスピーディに成長できます

「当社は、文系出身でも安心してキャリアをスタートできる環境。資格取得のサポートも手厚く、1年目に基本情報技術者試験の資格を取得できました」(岩本さん)

大学院では、ミャンマーの難民の人権や安全保障に関する研究を行っていました。フィールドワークで海外に行った際に、日本の物流トラックを目にする機会が多く、「物流の重要さは世界共通なんだな」と認識。人々の生活基盤を支える仕事であることにひかれ、この業界を志望しました。幅広く企業研究を進めていくなか、目に留まったのが「物流×IT」に特化していた当社。物流に携われることに加えて、手に職をつけられることが決め手になりました。こちらからの質問に丁寧に答えてくれた社員の人柄も、入社を決めた理由の一つです。

私が入社した時期は、新型コロナウイルス感染症が拡大しはじめたタイミング。本来なら、ITの基礎を学ぶ座学演習や物流センターでの現場実習がある予定でしたが、全て変更になりました。入社後は在宅での研修がスタート。主にeラーニングで、基本情報技術者試験の資格取得に向けた勉強を行っていました。

対面での研修が少なかったため、同期と距離を縮めることができなかったのは残念。ただ、メールやオンラインで会社が毎日フォローしてくれていたので不安はなかったですし、外出できない分資格取得の勉強に集中できるというメリットもありました。緊急事態宣言が解除されてからは、週1回出社して対面での研修も再開し、ビジネスマナーや各事業の取り組みなどについて学びました。

6月末の本配属後は、通信会社の倉庫管理システムの開発・保守を担当しています。配属されて驚いたのは、周囲のサポート体制の手厚さ。例えば、電話対応をしているときにわからないことがあって保留にした瞬間、先輩がすかさず「どうした?」と声をかけてくれるのです。また、ITの基礎を学ぶ機会がなかった私のために、チューターが特別に演習問題を用意。物流センターでの実習の代わりに、上司が現場を見学できる機会をセッティングしてくれたこともありました。会社を挙げて新人を育ててくれる環境なので、安心して一歩を踏み出せたのです。

プログラミング経験はほとんどなかったのですが、入社1年目の冬には設計から開発、テストなどをトータルで担えるまでに成長。最近は、お客さまとの打ち合わせにも参加させてもらえるようになりました。できることが増えていくことが、今のやりがいにつながっています。
(岩本さん)

主体性を尊重してくれるカルチャーやオープンな社風が、働きやすさに直結!

管理職や外国籍含め女性社員が多数活躍している会社。ロールモデルとなる先輩がたくさんいるので、自分の将来像をイメージしやすく迷ったときに相談できる人も多いだろう。

──日立物流ソフトウェアの社風は?

【道先さん】当社は、手を挙げた人にチャンスを与えてくれる会社。6年目に上海の現地法人でブリッジSEを経験できただけでなく、今の部署へも希望どおりに異動できました。また、一人ひとりに寄り添って、多様な働き方を応援してくれるのも大きな特徴。私はプライベートの時間を重視した働き方を選択したのですが、仕事と子育てを両立しながら管理職として第一線でバリバリ働いている先輩もいます。

【岩本さん】入社前のイメージどおり、先輩や上司との距離が近くてオープンな社風です。
今のチームは主に40代のベテランと20代の若手で構成されていますが、年齢の壁は一切ありません。また、当社は想像以上に福利厚生が利用しやすい職場。私は1年目から24日分のうち20日ほど有給休暇を取得しました。忙しい時期には残業することもありますが、休む時にはしっかり休むという、メリハリのある働き方ができるのも魅力だと思います。

──今後の目標は?

【道先さん】直近の目標は、当社のWMSの魅力を社内外に広くアピールしていくこと。また、アシスタントマネージャとして、プロジェクトをスムーズに回していくスキルを磨くことです。

【岩本さん】今はまだ、上司や先輩に質問しながら仕事を進めています。また、クライアントとの打ち合わせについても、上司や先輩についていくので精いっぱいという状況。今後はさらに知識やスキルを深め、自分一人でできることを増やしていくのが目標です。将来的にチャンスがあれば、グローバルな舞台で活躍してみたいです。

──学生に向けて一言お願いします。

【道先さん】キャリアは、ライフステージの変化に大きな影響を受けます。いざ産休・育休となったときに、会社から必要とされる人財へと成長していれば、職場に復帰した後も多くのチャンスを手にすることができます。仕事と子育てを両立しながら長く活躍したいのであれば、ぜひ早いうちから主体的に多くのことを学んでスキルを磨き、自分の市場価値を高めておきましょう。

【岩本さん】私を含め、同期の半数は文系出身です。教育制度が充実しているほか、フォロー体制もしっかり整っているので、プログラミング未経験からの挑戦がハンデになることはありません。新しいことを貪欲に吸収していける素直さと、自ら考えて意見を発信していく姿勢があれば、きっと活躍できると思います。

学生の方へメッセージ

女性ならではのライフイベントと仕事を両立する女性社員がいろいろな部署で活躍している当社。 産休・育休制度の取得実績はこれまで多数あります。具体的には、育児休暇は法定どおり最大2年間取得することができ、復帰率は100%です。復帰前には、人事や上長との三者面談を行い、復帰後の働き方を相談して職場体制を整えます。ほとんどの方が短時間勤務制度(5時間、6時間、7時間の3種類)を活用しており、子どもが小学校を卒業するまで利用可能です。また、全社員がフレックスタイム制を活用できるので、通院や保育園への送迎などのための勤務時間を調整することもできます。家族手当や住宅手当、保育料の一部会社負担など、福利厚生は日立物流グループに準じており、働きやすい環境が整っています。

働きやすさの追求だけでなく、働きがいのある職場づくりにも力を注いでいる当社。社員一人ひとりの自己実現や自己成長を応援するカルチャーがしっかり根付いています。率先して海外で活躍するチャンスをつかんだ道先さんのエピソードからも、そのことがよくわかるはず。文系出身ながら、1年目の冬には設計から携わるチャンスを与えられた岩本さんの話からも、スピーディに成長していける環境だということが見て取れると思います。上昇志向で成長意欲にあふれた方にとって、当社には理想的なフィールドが広がっているといえるでしょう。

PHOTO
「一人ひとりが自分らしいキャリアパスを実現できる当社。風通しが良く、人間関係も抜群です。日立物流グループの研修制度や福利厚生を活用できます」(人事担当)

トップへ

  1. トップ
  2. 日立物流ソフトウェア(株)の取材・特集