最終更新日:2022/1/24

(株)高速【東証一部上場】

  • 上場企業

業種

  • 商社(その他製品)
  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 設備工事

基本情報

本社
宮城県
PHOTO

入社の決め手は、女性が営業として活躍できる環境でした

S.M
2016年入社
広域営業部
質問項目《やりがい/ギャップ/入社の決め手/職場の雰囲気》

これまでの営業で、やりがいを感じ印象に残っていることはなんですか?

担当しているスーパーの鮮魚部門のバイヤー様に容器の大幅な集約を依頼され、約半年をかけて100種類ほどの容器を集約させました。新しくバイヤーになった方でしたので、1週間に一度は集約の商談に行くこと、また行った際は必ず提案品や新店の資料などを持っていくことを心掛け、集約作業だけで終わらない関係性の構築に努めました。その甲斐があってか、最近は商談に行った際「今日の佐藤さんの提案は何?」と聞いていただけたり、容器の切り替えの提案会を主導で行ってほしいと依頼をいただけるようになり、非常にやりがいを感じています。


就職活動中の仕事のイメージと働き始めてのギャップは?

1年目からでも大きな仕事をさせてもらえることに驚きました。説明会では、初めは商品管理や事務の業務を覚え、10月頃から徐々に営業としての仕事をしていくという話を聞いていたのですが、私はありがたいことに8月の終わりころからスーパーマーケット様の担当を1社持たせてもらいました。もちろん先輩や上司の方々に教えてもらいながらですが、惣菜・鮮魚・ベーカリーの包材については1人で本社のテストキッチンに出向き、容器メーカー様やバイヤー様と商談をさせて頂くようになりました。入社して半年弱で自分が他社の方と一対一でお話するようになるとは思ってもみなかったのですが、積極性を持って仕事に臨むことで、大きな仕事に対しても優しく背中を押してもらえるということが、私にとって一番大きく、嬉しいギャップでした。


入社の決め手はなんですか?

私の就職活動における軸は、「営業として業界を縁の下から支えたい」でした。しかし、そうした私の希望に合う企業は男性が中心のところが多く、なかなか女性の活躍できる企業と出会えずにいました。そのような中で、高速は、女性営業職として、男性社員と比べてMR(マーケティングリサーチ)の役割を比較的多く与えてもらえたり、スーパーマーケットの主な消費者である女性目線が求められていたりと、女性が営業として活躍できるような環境を作ろうとしていることが強く伝わってきました。また、説明会から最終面接までを通して、先輩社員や面接官の方々皆様が優しく、質問に対してもとても丁寧に答えてくださったことが非常に嬉しく感じ、ここでならばいろんなことにチャレンジしていけそうだと思い、入社を決めました。


職場の雰囲気で魅力に感じる点を教えてください。

いろいろなことにどんどん挑戦してごらんという空気を感じます。上司や先輩社員の方々からも「まずはやってみることが大事だ」というお話をよくいただき、それはとてもありがたい環境だと思っています。私は元々とても積極的とは言えない性格ですので、そうして背中を押してくださり、もし何かがあっても受け止めてくださるような雰囲気があるからこそ、思い切って行動に移せるのだと感じています。そうしてやってみて何か成功したことがあると自分の自信へもつながっていきますし、もっとやってみようという気持ちになれますので、この雰囲気は非常に魅力なのではないかと思います。


先輩から学んで、役立ったり、普段意識して取り組んでいることを教えてください。

入社して1番最初に強く感じ、今現在も意識して取り組んでいることは、お客様が話しかけやすく、仕事を頼みやすい雰囲気を作ることです。それは商談に同席した時や、先輩社員方と一緒に引き継ぎの挨拶に行ったときにお客様の目線が一番インパクトのある人に向くことに気付いた経験からです。まだ先輩社員と比べると知識も経験も浅いため、その中でお客様に仕事を頼む相手として選んでもらえるためには、まずは一生懸命さや元気さが伝わることが大切だと感じました。それからは、緊張しているときや初めてのお客様にお会いしに行くときなどは、一度先輩社員の姿を思い出し、私が素敵だと感じた話し方や笑顔を真似するつもりで仕事をするようにしています。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)高速【東証一部上場】の先輩情報