最終更新日:2022/6/26

(株)マエダ

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • スーパーマーケット

基本情報

本社
青森県
資本金
3,000万円
売上高
347億5,900万円(税抜き/2021年3月実績)
従業員
1,700名(うち正社員数:240名/2022年1月現在)

青森県内に地域密着型のスーパーマーケットを37店舗展開。お客様の安全と健康と豊かな食生活を実現するよう努力し続けます!※2022年秋、本部を青森市へ移転予定!※

マエダ 新型コロナウイルスへの対応について (2022/06/10更新)

PHOTO

 弊社の選考は随時実施中です!

□選考会参加には単独会社説明会への参加が必須です。

□マスクの着用をお願いいたします。
 感染拡大防止の観点から全従業員へマスク着用をさせていただいております。
 担当社員も説明・選考時にマスクを着用させていただくのでご了承下さい。
 複数名参加の場合は参加者同士の距離をとるなどの対策を取らせていただきます。

その他ご不明な点は、弊社採用担当者までお問い合わせ下さい。
〒035-0071 青森県むつ市小川町2-4-8
 【採用担当 : 滝本】
TEL:0175-22-8333

皆さんからのエントリーをお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
お客様の毎日の食生活を応援するため、青森県産品を中心に、新鮮でおいしい商品を取り揃えています!
PHOTO
従業員同士の距離感が近い、アットホームな職場。お互いに意見を出し合いながら売場づくりを行ったり、支えあいながら仕事をしています!

お客様に支えられて”私たち”がある

PHOTO

「今日もおいしいお惣菜を作ってお待ちしております!」

 惣菜部門の仕事内容は、弁当やお寿司、お惣菜などの製造とパック詰め、出来上がった商品の陳列、材料の発注、そしてそれに伴った売場作りなどがあります。お客様から「この店のお惣菜はおいしい」とか、「今日はあの商品置いてないの?」などと声を掛けられることがあります。その時に、この店の味を求めて来店してくださることにありがたみを感じ、うれしさがやりがいにつながっています。そこで、見た目もきれいだとおいしさも倍増すると思い、盛付作業も丁寧に行うように心がけています。
 私たちスーパーマーケットは、お客様が来店してくださることによって成り立っています。お客様の毎日の食卓が楽しくなるように、そして安全でおいしい新鮮な商品を提供するため、日々努力をしていかなければなりません。常にお客様が必要としていることや、興味を持たせる売場を考えるといった、相手の立場になって物事を考える意識を持つことが、とても重要なのだと実感しています。
 まだまだ覚えることがたくさんあります。今は、とにかくやるべき仕事を一通り覚えて、一つひとつの業務を完璧にこなすことを目標としています。先輩たちのように、早くメンバーをまとめられるチーフになりたいです!
 マエダは、わからないことがあっても気軽に質問でき、仕事のアドバイスをしてくれるアットホームな雰囲気の会社です。どの会社に入っても同じだと思いますが、指示を待つだけではなく、日々何かを模索して冒険しながら仕事をしている人の方が成長もするし、輝いていると思います。そしてマエダは、冒険する機会をたくさんくれる会社だと思います。

惣菜部門 村中凌/青森公立大学卒 2018年入社

会社データ

プロフィール

マエダは、青森県内で地域に密着したスーパーマーケットの経営を行う企業です。食品スーパーマーケットが35店舗、総合スーパーマーケットが2店舗、その他、惣菜・精肉・鮮魚の3つの工場を運営しています。

■経営理念
 先行半歩
  知恵を出せ 力を惜しむな 行動せよ

■マエダの使命
 一、お客様の買い物の幸せを実現する
 一、収益を実現する
 一、従業員の幸せを実現する

事業内容
青森県内で、地域密着型スーパーマーケットを経営しています。「地産地消」「地域密着」「環境問題」に強くこだわり、お客様の声を反映した売場づくりを行っていきます。
1.地産地消
「新鮮な商品を新鮮なうちにお届けしたい」という思いから県産品を多数取り揃えています。県内各地へ出店し、地元商品の良さを知るマエダだからこそ、県内各地の食文化をお客様へ伝えることができると考えています。
2.地域密着
弊社が現在力を入れているのが「買物弱者」サポートです。少子高齢化が進む青森県において「近くにある便利なスーパーマーケット」は重要な存在です。地域に住むお客様の食生活を支えるため、いわゆる「過疎エリア」であっても一定数以上の商圏があれば出店を行っております。
3.環境問題
青森県で経営する企業として環境に配慮した経営を行っています。各種リサイクル回収ボックスの設置を行ったり、青森県初のオール電化店舗をオープンさせたりしています。
(2009年以降、オープンしている店舗は全てオール電化となっています)

PHOTO

お客様が安心して楽しくお買い物ができるように、精一杯の笑顔でお出迎えします!

本社郵便番号 035-0071
本社所在地 青森県むつ市小川町2-4-8
本社電話番号 0175-22-8333(代表)
創業 1951年4月
設立 1977年5月
資本金 3,000万円
従業員 1,700名(うち正社員数:240名/2022年1月現在)
売上高 347億5,900万円(税抜き/2021年3月実績)
事業所 ■本部
■マエダ
 本店、ガーラモール店
■マエダストア
 苫生店、大湊バイパス店、むつ中央店、川内店、大畑店、大間店、
 野辺地店、乙供店、六ケ所店、おいらせ店、金沢店、虹ヶ丘店、八重田店、
 旭町店、新城店、蟹田店、鯵ヶ沢店、木造店、鶴田店、五所川原南店、
 六戸店、五戸店、五所川原北店、三沢店、富田店、田子店、名久井店、
 七戸店、中泊店、売市店、大久保店、鮫店、日計店、仲町店
■プチマート
 東通店
■工場
 テン亭デリカ工場、ミートプロセスセンター、水産プロセスセンター
代表者 代表取締役社長 前田 惠三
代表取締役専務 前田 大志
関連会社 前田商事(株)、(株)マークスホールディングス
平均年齢 39.1歳(正社員)
平均勤続年数 11.0年
平均給与 250,000円(正社員)
お客様のために お客様に喜んでもらえるよう、努力は惜しまずに毎日の仕事に携わっています。仕事の中には「数値目標」があります。常に、前年データと今年のトレンド(数値推移と流行)を確認し、目標達成のために自分が出来る限りのことをするよう、心がけています。また、他店(自社店舗や他社店舗)を見たり、インターネットやニュース等の媒体を通じて目標達成の為に新しいヒントがないか、など常にアンテナを張り、お客様が楽しく、快適に買い物が出来る売り場作りを目指しています!
(弘前大学卒/2016年入社 加工品部門 坂本 麻衣)
仕事への取り組み 青果部門の担当者として、毎日の売場づくりや数値管理を行っています。特に果物では、春夏秋冬で商品が変わります。スイカが売場に出現すると、お客様にも夏をイメージさせることができるため、売場の雰囲気も夏模様にチェンジして、お客様の買いたい気持ちを引き出すように努力します。仕事は、自分ひとりの力ではどうにもなりません。店長はもちろん、パートさんからもらった意見を反映して売場づくりをすると、よい結果が得られることが多いです。目標を達成し、楽しくやりがいを持って仕事をするためには、チームワークが大事です!
(青森中央学院大学卒/2018年入社 青果部門 小野 有平)
沿革
  • 1977年 5月
    • (株)むつショッパーズとして会社設立。
  • 1978年 1月
    • (株)マエダ百貨店へ商号を変更。
  • 1978年 3月
    • むつ市小川町に、(株)マエダ百貨店食品部門をオープン。
  • 1985年 4月
    • CGCグループに加盟。
  • 1991年 12月
    • マエダストア野辺地店オープン。下北地区以外で初出店。
  • 1995年  11月
    • マエダストア八重田店オープン。青森地区初出店。
  • 1997年 2月
    • 年商100億円突破。
  • 1999年 10月
    • (株)マエダ百貨店から(株)マエダへ商号を変更し、スーパーマーケットチェーンを志向する意思を明確にする。
  • 1999年 11月
    • マエダストア苫生店オープン。初のモール店舗。
  • 2005年 6月
    • マエダ・チルド・グロサリーセンター稼動開始。
  • 2006年 3月
    • マエダストアおいらせ店オープン。県南地区初出店。
  • 2006年 7月
    • 生鮮物流センター稼動開始。
  • 2007年 2月
    • 年商200億円突破。
  • 2008年 2月
    • マエダストア蟹田店オープン。現在の売場面積300坪スタイルのモデル店舗。
  • 2009年 4月
    • マエダストアむつ中央店オープン。青森県初のオール電化店舗。
  • 2010年 2月
    • マエダストア鯵ヶ沢店オープン。津軽地区初出店。
  • 2010年 5月
    • マエダ(青森)、マイヤ(岩手)、キクチ(福島)、おーばん(山形)の4社業務提携及び資本提携をした共同出資会社「(株)マークス」を設立。
  • 2014年 8月
    • (株)マークスと株式交換契約を締結。マエダ(青森)、マイヤ(岩手)、キクチ(福島)、おーばん(山形)の4社で経営統合し、マークスホールディングスの傘下となる。
  • 2014年 12月
    • テン亭デリカ工場開設。
  • 2016年 2月
    • ミートプロセスセンター開設。
  • 2017年 11月
    • 水産プロセスセンター開設。
  • 2018年 9月
    • (株)みなとやの全株式を取得し子会社化。
  • 2018年 11月
    • マエダストア売市店オープン。八戸地区初出店(以降スーパーみなとやをマエダストアに順次改装オープン)。
  • 2019年 3月
    • 年商300億円突破。
  • 2022年 2月
    • マエダストア仲町店オープン。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.0年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18.2時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.0日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 9名 0名 9名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 9名 0名 9名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修(月1回)、社員全体研修(上期・下期 年2回)、若手チーフ養成合宿
自己啓発支援制度 制度あり
通信教育支援:会社指定の通信教育を修了した場合、受講料を半額返金

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
弘前大学
<大学>
青森大学、青森公立大学、青森中央学院大学、秋田大学、秋田県立大学、岩手大学、岩手県立大学、小樽商科大学、近畿大学、釧路公立大学、札幌大学、札幌学院大学、専修大学、拓殖大学、千葉商科大学、中央大学、帝京大学、東海大学、東京国際大学、東京農業大学、東北芸術工科大学、東北女子大学、日本大学、函館大学、八戸工業大学、弘前大学、弘前学院大学、法政大学、宮城学院女子大学、明治大学、山形大学、山梨学院大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
青森中央短期大学、S.K.K.情報ビジネス専門学校

採用実績(人数)      2020年 2021年 2022年
-------------------------------------------------
大卒   2名   7名    11名
短大卒   ―    ―    ―
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 4 3 7
    2020年 2 0 2
    2019年 4 3 7
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 7
    2020年 2
    2019年 7
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 1
    2020年 2
    2019年 1

採用データ

先輩情報

仕事もオフも全力です!
D.O
2018年入社
東京農業大学
生物産業学部
大間店 青果部門担当者
店舗運営業務(青果部門担当者)
PHOTO

取材情報

地域に欠かせないライフラインとして。真の地域密着・貢献は”マエダ”にあり!
スーパーマーケットが担う役割を常に追求するマエダの社員たち
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp55447/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)マエダと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)マエダを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
(株)マエダと特徴・特色が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)マエダの会社概要