最終更新日:2022/11/2

トヨフジ海運(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 海運
  • 物流・倉庫
  • 陸運(貨物・バス・タクシー)
  • サービス(その他)

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

海外で日本の技術を広めたい

S.H
2013年
30歳
名古屋外国語大学
現代国際学部
人事部 人事室 採用・教育グループ(海外実務研修生)
海外実務研修生として、フィリピンの現地法人にて勤務

現在の仕事内容

海外実務研修生として、フィリピンの現地法人で働いています。

こちらの拠点では、輸出入される自動車を搬入・搬出・保管するヤードの運営や、自動車を港からディーラーまで積載車(カーキャリアー)で輸送する事業を行っています。

私はデイリー業務として、ヤードでの現場作業の管理監督や、現地スタッフが作成した作業レポートの確認、現場作業員への安全品質教育等を担当しています。他には、トヨタフィリピンの物流改善プロジェクトにもプロジェクトメンバーとして参加しており、積極的に改善案を提案したり、トライアル結果を分析して報告したりしています。

現地スタッフが仕事仲間なので、仕事では主に英語を使います。現地スタッフとお互いに納得できるまで話し合うのは大変ですが、学生時代に培った英語力を磨く一方で現地語も勉強するなど、日々努力しています。


今の仕事のやりがい

フィリピンの現地法人には従業員が320人以上おり、日本のトヨフジ海運本体よりも多いです。(ヤード事業、積載車事業それぞれ、100人を超える大所帯!!)
陽気なフィリピン人スタッフに囲まれ、日々安全に、且つ効率的に作業できる様、調整する事が私のミッションです。
毎日ローカル管理者と現場に出向いて問題が無いかを確認し、その後は作業員への教育を行う毎日です。その日の作業が無事に終わり、作業員が笑顔で帰って行く姿を見る時、ホッとした気持ちになります。

又、フィリピンの車市場が急激に伸びている為、トヨタフィリピン主催の様々な物流プロジェクトにも参加させて頂いてます。そこで現地のスタッフの方々と改善案についての意見を出し合い、トライアル等で実際に改善が見られた瞬間、何とも言えない達成感を感じます。


この会社に決めた理由

『海外で日本の技術を広めたい』

20歳でカナダに留学してからそう思うようになり、「物流」「海外駐在」を軸に就職活動をした結果、トヨタ車を扱うトヨフジ海運に入社しました。
入社後は本社・名港センターのヤード業務に携わっていましたが、海外赴任前までに、7か国への海外出張を経験させてもらいました。色々な国で物流を学ばせてもらい、4年目の終わりに海外実務研修生に選ばれ、念願だった海外駐在がフィリピンで始まりました。

今、学生の頃から持ち続けていた海外駐在の夢を叶えられているのは、就職活動中から軸がぶれなかったからだと思います。まずは自分がやりたい事を明確にしてから就職活動を進めるといいと思います。
もし、物流 / 海外に興味があれば、トヨフジ海運はあなたにとって良い会社かもしれません。是非一度、調べてみて下さい。


トップへ

  1. トップ
  2. トヨフジ海運(株)の先輩情報