最終更新日:2022/7/7

トヨフジ海運(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 海運
  • 物流・倉庫
  • 陸運(貨物・バス・タクシー)
  • サービス(その他)

基本情報

本社
愛知県
資本金
1億2,000万円
売上高(単体)
583億円(2021年3月期実績)
従業員
265名(2022年1月)

トヨタ・グループ唯一の海運会社です。トヨタ専用埠頭から当社の大型専用船で、世界中のお客様にトヨタ車を届ける、グローバルでスケールの大きな総合物流オペレーター。

システムエンジニア採用(総合職)募集中です!! (2022/07/07更新)

PHOTO

現在、システムエンジニア(総合職)の募集を行っております。
システムの勉強や知識をお持ちの方、新卒・既卒は問いません。
海運会社ならではの「システム構築」にチャレンジしてみませんか?
詳細は募集要項をご覧ください!!


「こんな職場があったんだ!」と”当社の魅力” に気づかれると思います!!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
35隻の船団により、国内と海外を結び、グローバルな海上輸送を展開。
PHOTO
世界最大級のトヨタ専用埠頭から、船積指示を行う、オペレーター業務も展開。

世界の貿易を支える誇り、未来への挑戦。

PHOTO

様々な部署を経験し、多様な角度から海運に関わることができる当社。経験を積み重ね、自分自身の働き方を創造できる職場です。

当社は1964年の創業以来50年以上に渡り、トヨタ自動車と共に、日本の物流と貿易を、船で支えてきました。
「物流」と聞くと、トラックや貨物列車を思い浮かべることが多いかと思います。実は海運こそが、世界の貿易の根幹をなしており、世界中の人々の豊かな生活を古くから支え続けているのです。島国である日本にとって海運は、世界の貿易を支える要所にもなっています。
というのも全世界の海上輸送量は、年間100億トンで、そのうちの1割は日本を介して行われているのです。さらに、モノづくり「日本一」である愛知県は、名古屋港を海の玄関としており、その貿易量も「日本一」という要の港。私たちが日々働いている職場は、世界有数の巨大港なのです。

海運はスケールが大きいだけの仕事ではありません。何千台もの完成車を何千キロも先の港へ、人の手で無事届けるには、慎重さと正確さが求められます。例えば、僅か10センチ間隔での車両船積み指示や、1万8,000台を収容する完成車ターミナルの運営、150名のチームによる1日5,000台の船積み。乗組員や港代理店と連携し、変化する気象や海象条件に合わせた安全運航・スケジュール管理など。海上輸送に関わる一人ひとりの役目を果たしてこそ、大切な貨物は無事お客様の元へ届けることができるのです。それだけに関わる者それぞれの責任も当然大きい。だからこそ、仲間とともにミッションをやり遂げた時は、何物にも代えがたい誇りと達成感を味わうことができます。

あらゆる分野で”エコ”が推奨されている今の時代。船による海上輸送はとても効率的で環境に優しい輸送であり、省エネや交通事故の減少、渋滞緩和にも繋がるため、物流における海運への期待は益々高まっています。省エネ性能を大幅に高めた次世代エコシップの開発も進められ、技術面でも海運は更なる進化を続けています。

会社データ

プロフィール

当社は、日本の高度経済成長・モータリゼーション
到来を予期し、1964年に自動車メーカーとして初の
海運会社「トヨフジ海運」を設立しました。

その後、トヨタ自動車のグローバルな発展と共に、
国内 及び 海外へと事業のフィールドを広げ、
継続的な成長を推し進めております。

海上輸送は、1隻で5,000台近くも運ぶことができ、
効率的で環境に優しい輸送手段とされ、環境保全の
観点から今、世界中で注目されている業界です。

2018年には当社社員が企画した、最新鋭の
「エコ・シップ」が2隻就航しました。

この船は環境に優しいことは勿論、
自動車以外の多様な貨物に対応する構造に進化し、
事業拡大にも期待できる当社の新たな相棒です。

事業内容
35隻の自動車専用船を運航し国内・海外で生産された
トヨタ自動車の完成車を中心に、他メイク車や建機等
様々な貨物の海上輸送を実施。
 
また、車両ターミナル基地の運営・輸出入通関などに
関連する物流事業を国内 及び 海外17拠点で展開。

PHOTO

効率的な輸送の確立とともに安全運航・安全作業を行うための諸活動にも取り組み、安全かつ迅速な船積作業を実施。

本社郵便番号 476-8522
本社所在地 愛知県東海市新宝町33番地の3
本社電話番号 052-603-6111
設立 1964(昭和39)年3月10日
資本金 1億2,000万円
従業員 265名(2022年1月)
売上高(単体) 583億円(2021年3月期実績)
事業所 【国内拠点】

■名古屋事務所
〒461-0005
愛知県名古屋市東区東桜1丁目14番11号
DPスクエア東桜 7階

■名駅事務所
〒450-8711
名古屋市中村区名駅4丁目7番1号 
ミッドランドスクエア17F トヨタ自動車(株)内

■田原事業所
〒441-3401
愛知県田原市緑が浜3号1番

■東京事務所
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1丁目4番2号
大同生命霞が関ビル7階

■横浜事業所
〒230-0054
横浜市鶴見区大黒ふ頭15番地

■東北事業所
〒983-0001
宮城県仙台市宮城野区港4丁目4番7号

■九州事業所
〒800-0113
福岡県北九州市門司区新門司北3丁目1番1


【海外拠点】

■ヨーロッパ支店
Belgicastraat 13 1930 Zaventem, Belgium

■台北支店
13F-3, No. 206, Section 2, Nanking East Road, Taipei, TAIWAN, R.O.C.

■メルボルン駐在員室
29 Miles Street, Southbank, Victoria, 3006, Australia

■香港駐在員室
Rooms 1807-12, Lu Plaza 2 Wing Yip Street Kwun Tong, Kowloon, Hong Kong

■マニラ駐在員室
2nd Fl., FAIR Bldg., 2079 Madre Ignacia St., Malate, Manila 1004, Philippines
売上高推移(単体) 583億円(2021年3月期)
706億円(2020年3月期)
676億円(2019年3月期)
632億円(2018年3月期)
551億円(2017年3月期)
株主構成 トヨタ自動車(株)          50%
(株)フジトランス コーポレーション 33.3%
トヨタ輸送(株)           16.7%
主な取引先 トヨタ自動車(株)、トヨタ海外現地法人、トヨタ輸送(株)、豊田通商(株)、ダイハツ工業(株)、住友林業(株)など法人各社
関連会社 TOYOFUJI SHIPPING AMERICA, INC. (アメリカ)
TOYOFUJI SHIPPING NEW ZEALAND LIMITED (ニュージーランド)
TOYO-LIT LOGISTICS CO., LTD. (台湾)
TOYOFUJI SHIPPING SINGAPORE PTE. LTD. (シンガポール)
TOYOFUJI LOGISTICS (THAILAND) CO., LTD. (タイ)
PT. TOYOFUJI LOGISTICS INDONESIA (インドネシア)
PT.TOYOFUJI SERASI INDONESIA (インドネシア)
TOYOFUJI LOGISTICS MALAYSIA SDN. BHD. (マレーシア)
CSC FENGHAI MOTOR LOGISTICS CO.,LTD. (中国)
TOYOFUJI LOGISTICS (TIANJIN) CO., LTD. (中国)
TF LOGISTICS PHILIPPINES, INC. (フィリピン)
MOL TOYOFUJI AUTOMOTIVE LOGISTICS (INDIA) PVT. LTD. (インド)
平均年齢 2021年度実績 42歳
平均勤続年数 2021年度実績 17年
平均有給休暇取得日数 2020年度実績 13日(年間有給休暇:20日)
沿革
  • 1964年
    • トヨタ自動車販売(現・トヨタ自動車)、
      藤木海運(現・フジトランスコーポレーション)、
      トヨタ陸送(現・トヨタ輸送)3社の共同出資により設立
      国内海上輸送開始
  • 1971年
    • タイ向海上輸送開始
  • 1974年
    • 初めての自社建造船「とよふじ丸」就航
      マレーシア向海上輸送開始
  • 1977年
    • オーストラリア向海上輸送開始
      香港・シンガポール・マレーシア・ブルネイ向海上輸送開始
  • 1980年
    • 台湾向海上輸送開始
  • 1981年
    • 南太平洋向海上輸送開始
      北米向海上輸送開始
  • 1983年
    • ニュージーランド向海上輸送開始
  • 1986年
    • 米国向コンテナ輸送開始
      ロサンゼルス駐在員室開設
  • 1989年
    • パナマ子会社設立(FMC)
      メルボルン駐在員室開設
      海上運送取扱業取得
  • 1991年
    • インドネシア向海上輸送開始
      台北駐在員室開設
  • 1992年
    • シンガポール駐在員室開設
      ロシア向海上輸送開始
  • 1993年
    • ミャンマー向海上輸送開始
      バンコク駐在員室開設
  • 2000年
    • オセアニア・レギュラーサービス(ORS)開始
      台北支店開設
      ISO14001 認証取得
  • 2001年
    • 米国トヨタ自動車販売社長賞、3年連続受賞
  • 2004年
    • ヨーロッパ域内輸送開始
      適格労働安全衛生マネジメントシステム (OSHMS) 認定
  • 2011年
    • ニュージーランド地震支援活動(海上物資輸送)
      東日本大震災支援活動(海上物資輸送)
  • 2012年
    • 国交省中部運輸局より東日本大震災支援活動に功績に対し、感謝状授与
  • 2014年
    • 創立50周年
  • 2015年
    • 全オフィス・リニューアル、新名古屋事務所開所
      東急ハーベストと保養所契約
  • 2016年
    • トヨフジ・アメリカ設立(ダラス)
      スポーツクラブ・アクトスと従業員利用契約
  • 2018年
    • アジア向大型エコシップシリーズ2隻就航(1月、5月)
      「TRANS HARMONY 1」シップ・オブ・ザ・イヤー 2017
      大型貨物船部門賞を受賞(5月)
  • 2019年
    • 「TRANS HARMONY 1」2019愛知環境賞
      省エネルギー技術・事業部門にて優秀賞を受賞(2月)
      過去最高売上高更新('20年3月期)
  • 2020年
    • 内航船 「豊洋丸※」就航(6月)
      ※「内航船省エネルギー格付制度」最高評価 “5つ星”獲得
      あいち・なごや生物多様性ベストプラクティス受賞(7月)
      欧州域内船「SEA CRUISER 2」就航(10月)
  • 2021年
    • 中国天津に新会社設立(10月)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 6名 1名 7名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 6名 0名 6名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 0.8%
      (265名中2名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
【新入社員研修】
 社会人基礎研修、乗船研修 他

【階層別研修】
 資格等級別ステップ・アップ教育

【基礎教育】
 貿易実務、関連法規、経理知識、造船知識 他

【海外実務研修】
 1年間(入社4年目以降選抜)
 当社の海外拠点でグローバルな人材育成を実施
自己啓発支援制度 制度あり
【語学1(英語・中国語)】
 一定期間の受講料を会社が補助

【語学2(海外赴任前)】
 海外赴任地における必要な各種語学を会社が全額補助

【各種資格取得】
 通信講座など会社が補助

※会社の制度を利用して、
 自主的にスキルアップしている社員が沢山います!
メンター制度 制度あり
入社後4月~12月までの9カ月、
専任の若手社員が担当となりOJT教育を実施
※先輩社員と二人三脚で独り立ちを目指します!
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知学院大学、愛知学泉大学、愛知教育大学、愛知県立大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、青山学院大学、愛媛大学、大阪市立大学、金沢大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、学習院大学、北九州市立大学、北見工業大学、九州大学、京都外国語大学、京都産業大学、近畿大学、金城学院大学、岐阜聖徳学園大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、滋賀大学、静岡大学、静岡県立大学、島根大学、信州大学、上智大学、水産大学校、椙山女学園大学、成城大学、仙台大学、千葉大学、中央大学、中京大学、中部大学、東海大学、東京海洋大学、東京外国語大学、東京国際大学、富山大学、同志社大学、長崎総合科学大学、名古屋大学、名古屋外国語大学、名古屋学院大学、名古屋学芸大学、名古屋工業大学、名古屋商科大学、名古屋市立大学、南山大学、日本大学、日本福祉大学、法政大学、三重大学、名城大学、山口大学、立教大学、立命館大学、和歌山大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
鳥羽商船高等専門学校、名古屋短期大学、淑徳大学短期大学部、金城大学短期大学部、東海大学短期大学部、修文大学短期大学部、愛知江南短期大学

採用実績(人数)       2020年入社   2021年入社   2022年入社(予)
 -------------------------------------------------------------------
 大卒     8名      9名       7名
 短大卒     ―       ―        ―
採用実績(学部・学科) 法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、情報工学系、資源・地球環境系、商船系、その他理系
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 4 5 9
    2020年 4 4 8
    2019年 5 3 8
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 9
    2020年 8
    2019年 8
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 1

採用データ

先輩情報

トヨフジ海運をさせる、縁の下の力持ち
M.N
2009年入社
南山大学
人文学部
海外事業部 事業管理室 事業管理グループ
海外現地法人の管理・運営サポート
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp57313/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

トヨフジ海運(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
トヨフジ海運(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. トヨフジ海運(株)の会社概要