最終更新日:2021/10/19

長谷川香料(株)

  • 上場企業

業種

  • 化学
  • 食品

基本情報

本社
東京都
資本金
53億6,485万円
売上高
368億2,100万円(2020年9月期 単体) 501億9,200万円(2020年9月期 連結)
従業員
1,708名(2020年9月30日現在)

飲料・食品やシャンプー・化粧品などに使われている「香料」をプロデュースする会社です。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
分析機器でも検出できないほど微量な重要香気成分を研究員の”鼻”を使って検出している様子。香りの研究開発に人の”鼻”はかかせない。
PHOTO
先輩、後輩にとらわれず自由に意見を出し合える社風。新しいものを創り出すためには、新しい目線をもった若手の意見も重要だ。

日々の生活に潤いを与える”香り”を届ける仕事

PHOTO

神奈川県川崎市にある総合研究所のエントランス。3つの研究所が1つに集約されており、各研究所の研究員の連携を密にすることで、よりハイレベルな研究開発を行っている。

香料はその使用用途によって、大きくフレーバーとフレグランスに分類されます。フレーバーは食品香料といわれ、生鮮食品以外の食品・飲料開発に不可欠な存在です。フレグランスは香粧品香料といわれ、香水やコロン、化粧品、日用品に使用されます。素材には天然素材と有機化合物があり、当社はこれらをお客様ニーズに合わせて調合し風味付けや香りづくりをお手伝いしています。

当社は大企業的な雰囲気を持った会社ではありません。上下関係や部署を超えて意見を交換できる風土も特徴の1つです。また扱っているものが香りや味という感性に関わるものだけに、社員一人ひとりのセンスとアイデアを融合させる必要があり、社員同士が積極的にコミュニケートする風土が必然的に出来上がるのです。

会社データ

事業内容
●フレーバー(食品香料)事業
炭酸飲料やコーヒーなどの各種飲料、チョコレートやスナックなどの菓子類、インスタント食品や冷凍食品に使用されるフレーバーの研究開発・製造・販売

●フレグランス(香粧品香料)事業
香水・化粧品等のコスメティック製品、石鹸・シャンプー等のトイレタリー製品、クリーナー等のハウスホールド製品に使用されるフレグランスの研究開発・製造・販売

●香料関連事業
各種エキス(天然物抽出物)、天然色素、機能性素材、食品素材(フルーツ加工品など)の研究開発・製造・販売

PHOTO

香りには人を幸せにする仕事がある。

本社郵便番号 103-8431
本社所在地 東京都中央区日本橋本町4-4-14
本社電話番号 03-5205-7516
代表者 代表取締役社長 海野 隆雄
創業 1903年5月
資本金 53億6,485万円
従業員 1,708名(2020年9月30日現在)
売上高 368億2,100万円(2020年9月期 単体)
501億9,200万円(2020年9月期 連結)
事業所 ■本社/東京
■支店/大阪
■営業所/名古屋、札幌
■研究所/川崎
■工場/埼玉県深谷、群馬県板倉
業績(連結)  決算期   売上高  経常利益
────────────────―
 2016.9   475    51
 2017.9   480    61
 2018.9   497    55
 2019.9   504    51
 2020.9   501    58
           (単位:億円)
財務指標(連結) 自己資本比率   81.1%
経常利益     58億円
2020年9月期
関連会社 長谷川ビジネスサービス(株)
T.HASEGAWA U.S.A.,INC.
MISSION FLAVORS & FRAGRANCES, INC.
長谷川香料(上海)有限公司
長谷川香料(蘇州)有限公司
上海長谷川香精貿易有限公司
台灣長谷川香料股分有限公司
T HASEGAWA FLAVOURS (KUALA LUMPUR) SDN. BHD.
T.HASEGAWA(SOUTHEAST ASIA)CO.,LTD.
PT. HASEGAWA FLAVOURS AND FRAGRANCES INDONESIA
MISSION FLAVORS & FRAGRANCES, INC.
平均年齢 43.3歳(2020年9月単体)
沿革
  • 1903年 5月
    • 長谷川香料(株)の前身である長谷川藤太郎商店を東京市日本橋区(現東京都中央区)に設立し、香料の取扱を開始。
  • 1948年12月
    • 長谷川藤太郎商店を法人組織とし、(株)長谷川藤太郎商店を設立。
  • 1961年12月
    • 香料の製造及び販売を目的として、東京都中央区日本橋本町に長谷川香料(株)を設立し、(株)長谷川藤太郎商店より業務一切を引継ぐ。
  • 1964年11月
    • 埼玉県深谷市に深谷工場を新設し、川崎工場より食品香料製造部門を移転して生産量の増大に対処。
  • 1969年10月
    • 川崎工場の合成香料製造部門の深谷工場への移転に伴い、川崎工場の研究部門を拡充し川崎研究所(現総合研究所)を開設。
  • 1977年 8月
    • 深谷事業所に川崎工場の香粧品香料製造部門を移転し、すべての製造部門を深谷事業所に集結。
  • 1978年 1月
    • 北米地域の活動拠点として米国カリフォルニア州ローンデール市に現地法人T.HASEGAWA.U.S.A.,INC.を設立。
  • 1984年 1月
    • 群馬県邑楽郡板倉町に板倉工場を新設、食品香料の生産を開始。
  • 1995年 6月
    • 日本証券業協会に株式を店頭登録。
  • 1998年12月
    • 深谷事業所及び板倉工場がISO9002認証取得。
  • 2000年 3月
    • 東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 2001年 3月
    • 東京証券取引所市場第一部に上場。
  • 2001年10月
    • 中華人民共和国上海市に現地生産拠点として平成12年1月に設立した長谷川香料(上海)有限公司の工場が本稼動。
  • 2001年11月
    • 深谷事業所及び板倉工場がISO14001認証取得。
  • 2003年10月
    • 当社創業100周年記念事業として財団法人長谷川留学生奨学財団を設立。
  • 2003年12月
    • ISO9002認証からISO9001認証へ拡大移行。
  • 2004年 1月
    • 東南アジアの活動拠点を強化するため、タイ国に現地法人T.HASEGAWA CO.(SOUTHEAST ASIA)PTE.LTD.を設立。
  • 2004年 2月
    • 長谷川香料(上海)有限公司がISO9001認証を取得。
  • 2004年 5月
    • 深谷事業所にて食品衛生管理システム規格HACCP認証取得。
  • 2006年 8月
    • 中華人民共和国における第2生産拠点として長谷川香料(蘇州)有限公司を設立。
  • 2007年 9月
    • ISO9001認証、全社拡大。
  • 2009年10月
    • 神奈川県川崎市の技術研究所敷地内に総合研究所を新設し、傘下に研究部門(フレグランス研究所、フレーバー研究所、技術研究所)を集約。
  • 2009年11月
    • 中華人民共和国蘇州市に同国における第2生産拠点として2006年8月に設立した長谷川香料(蘇州)有限公司の工場が本稼働
  • 2014年
    • PT. HASEGAWA FLAVOURS AND FRAGRANCES INDONESIA設立。
      Peresscol Sdn. Bhd.が100%子会社となる。※2019年にT HASEGAWA FLAVOURS(KUALA LUMPUR)SDN. BHD.に商号変更
  • 2015年
    • 日本農芸化学技術賞(公益社団法人 日本農芸化学会)受賞
      「分析・合成・調香技術の総合による新規食品香料開発」
      *香料開発分野で初の表彰

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.2年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.5日
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

長谷川香料(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
長谷川香料(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ