最終更新日:2021/7/20

三谷セキサン(株)

  • 上場企業

業種

  • 建材・エクステリア
  • 建設

基本情報

本社
東京都、福井県
資本金
21億4,600万円
売上高
689億700万円 ※2021年3月期
従業員
312名(グループ合計1,102名) ※2021年3月現在

建物を支えるコンクリートパイル業界トップシェア!(コンクリートポール・パイル協会調べ)

会社紹介記事

PHOTO
営業は工事現場の関係者はもちろんのこと、当社の技術部とも関わりあう仕事です。社内外の人とうまくコミュニケーションをとり、意見をまとめていくスキルが必要です。
PHOTO
建物の基礎となり、建物を支え、安全を守っているコンクリートパイル。当社はコンクリートパイルのトップメーカーです。

あるときはスーツで、あるときは作業着で。

PHOTO

最先端の技術を目の前に、仕事ができる環境に惹かれて入社を決めたという水嶋さん。資格取得奨励制度や研修制度など社員をバックアップしてくれる環境も整っています。

私の携わっている仕事は、何から何まで自分で行うことができるというのが面白いと思います。それは、週の半分はオフィスでスーツを着てデスクワーク、残りの半分は工場で作業着を着て試験をするというワークスタイルにも現れています。デスクワークだけではなく、試験にも携われる開発の仕事は、入社当初予想外でした。「曲げ試験」「コンクリート圧縮試験」「ヤング係数試験」「物性試験」など、さまざまな試験を行うのですが、それは新しいパイルを開発した際に、社外の第三者機関に認定してもらう必要があるためです。

私が所属している技術部の製品チームでは、製品化へ向けてのこれら試験はもちろん、申請に必要な書類作成や、工場で生産できるように設備を整える業務も行います。コンクリートパイルは硬強度を求められますが、材料コストにも注意を払わなければなりません。質を維持しつつ、価格を抑えて製品化されたとき、また、その製品が実際に建造物に使われているときに、やりがいを感じます。

技術部の人たちから刺激を受けることも多いです。例えば、年配の先輩社員はさまざまなノウハウを持っていて何でも知っていますし、中堅の先輩社員は実行力があって頼もしい存在。手本となる社員がたくさんいる職場です。「製品開発に力を入れている」「最先端の技術を追求している」といった、当社のモノづくりの姿勢に共感できる人ならきっと活躍できます。
<水嶋 康介/広島大学工学部卒業(2008年入社)>

会社データ

事業内容
1.コンクリートパイル、ポールの開発製造販売施工
2.砂利、砂、再生骨材の製造販売
3.地質調査
4.波消ブロックの型枠リース
5.土木工事、杭打工事
本社郵便番号 910-8571
本社所在地 福井県福井市豊島1-3-1 三谷ビル
本社電話番号 0776-20-3333
東京本社郵便番号 111-0052
東京本社所在地 東京都台東区柳橋2-19-6 柳橋ファーストビル9F
東京本社電話番号 03-5821-1120
創業 1946年2月26日
設立 1956年9月20日
資本金 21億4,600万円
従業員 312名(グループ合計1,102名)
※2021年3月現在
売上高 689億700万円
※2021年3月期
事業所 本 社 : 福井、東京
支 社 : 関東、関西、北陸
支 店 : 東京、大阪、名古屋、広島、四国(香川)、九州(福岡)、
     東北(仙台)、札幌
営業所 : 仙台、福島、埼玉、千葉、茨城、横浜、静岡、福井、金沢、新潟、
     京都、岡山、愛媛、福岡、佐賀、熊本、鹿児島
事務所 : 沖縄
工 場 : 札幌・仙台・茨城・千葉・滋賀・堺・福井・岡山・香川・北九州・
     大牟田・鹿児島
業績 【2021年3月期(連結)】
売上高 :689億700万円   経常利益:80億4,400万円

【2020年3月期(連結)】
売上高 :750億9,400万円  経常利益:88億1,300万円

【2019年3月期(連結)】
売上高 :710億5,600万円  経常利益:84億5,700万円

【2018年3月期(連結)】
売上高 :673億6,300万円  経常利益:71億1,300万円

【2017年3月期(連結)】
売上高 :651億6,300万円  経常利益:52億9,000万円

【2016年3月期(連結)】
売上高 :637億3,100万円  経常利益:63億7,900万円
主な取引先 清水建設・大林組・竹中工務店・鹿島建設・大成建設・大和ハウス工業・熊谷組・東急建設・飛島建設・西松建設・前田建設工業・村中建設・名工建設・石黒建設・三谷商事・三菱商事建材・三井物産・角藤・NTT各社・JR各社・東京電力・国土交通省・財務省・総務省・文部科学省・防衛庁・各地方整備局・その他各省庁

その他、関東・関西・中部・北陸・四国・中国・九州一円の建築土木業者及び諸官庁
関連会社 セキサンピーシー、三谷エンジニアリング、千葉セキサン、北海道セキサン、東北セキサン、滋賀セキサン、堺宇部セキサン、香川セキサン、岡山セキサン、大牟田セキサン、鹿児島コーアツセキサン、北九州セキサン、セキサンエンジニアリングサポート、シンコー、福井リサイクルセンター、浦和スプリングレーンズ、南越アスコン、福井システムズ、ゲイトウェイ・コンピュータ、トスマク・アイ、環衛
平均年齢 41.1歳
平均勤続年数 11.5年
平均給与 640万円(2020年実績)
沿革
  • 1956年 9月
    • 北陸石産工業(株)を設立
      砂利の生産販売を開始
  • 1962年11月
    • 商号をセキサン工業(株)と改称
  • 1963年 6月
    • 株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
      大阪営業所(現:大阪支店)を設置
  • 1977年 9月
    • 東京パイル工場にてコンクリートポール製品の生産を開始
  • 1983年 3月
    • 商号を三谷セキサン(株)と改称
  • 1985年 5月
    • 東京本社を設置、本社機能を東京本社に移転
  • 1986年12月
    • 浦和のレジャー部門(ホテル、ボウリング場)改築工事落成
      子会社の(株)プラザホテル浦和に賃貸
  • 1990年 3月
    • 大宮のテナントビル「三谷ビル」が完成
      オフィスビルの賃室事業を開始
  • 1993年 7月
    • 本社機能を東京本社から福井本社へ移転
  • 1994年10月
    • 四国営業所を設置
  • 1996年11月
    • 岡山営業所を設置、岡山三谷セキサン(株)(現:岡山セキサン(株))を設立
  • 1999年10月
    • 環境製品事業部門をセキサンピーシー(株)へ譲渡
  • 2001年 1月
    • 九州支店を設置。三池コンクリート工業(株)(現:大牟田セキサン(株))当社グループ加入
      マックスコンクリート(株)(現:千葉セキサン(株))の営業権譲り受け
  • 2002年12月
    • 新潟営業所設置
  • 2003年 4月
    • 仙台営業所を設置、東コン三谷セキサン(株)(現:東北セキサン(株))を設立
  • 2004年11月
    • (株)シンコー、進光資材(株)当社グループ加入
  • 2005年 9月
    • 三谷エンジニアリング(株)当社グループ加入
      福井システムズ(株)当社グループ加入
  • 2005年 1月
    • ゲイトウェイ・コンピュータ(株)当社グループ加入
  • 2006年 6月
    • コーアツ三谷セキサン(株)(現:鹿児島コーアツセキサン(株))を設立
  • 2006年 7月
    • 鹿児島営業所を設置
  • 2007年 5月
    • 進菱三谷セキサン(株)(現:北九州セキサン(株))当社グループ加入
  • 2009年 1月
    • 北海道永井三谷セキサン(株)(現:北海道セキサン(株))を設立
      札幌支店を設置
  • 2010年 6月
    • トスマク・アイの株式を取得
      環境事業分野にも積極的に進出
  • 2013年7月
    • 株式を東京証券取引所市場第一部に上場
  • 2014年10月
    • 福島営業所設置
      沖縄事務所設置

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.5年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.3日
    2020年度

先輩情報

コンクリートパイルの施工法および品質管理法の技術開発
今井 明士
2012年入社
首都大学東京大学院
都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
技術本部
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

三谷セキサン(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
三谷セキサン(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ