最終更新日:2021/10/6

紅屋商事(株)<カブセンター・ベニーマート・メガ・メガ調剤薬局>

業種

  • スーパーマーケット
  • ドラッグストア
  • 調剤薬局
  • 外食・レストラン
  • 物流・倉庫

基本情報

本社
青森県
資本金
5,000万円
売上高
449億円 <2020年3月期>
従業員
446名 <2020年3月期>

青森・秋田地域密着60年。「食」と「健康」からお客様に「感動」を。100品目以上が日本No1の販売成績!!!入社3年後までに部門経営者へ成長!

会社紹介記事

PHOTO
国道102号沿いに建つ「カブセンター弘前店」。住宅街に立地し、近隣市町村、または県外からも多くの買い物客が訪れる地域一番店。
PHOTO
部署や肩書き、入社年を問わず、ざっくばらんに何でも話し合える関係性が強み。アットホームな雰囲気がお客さまにもダイレクトに伝わり、相乗効果を生み出している。

社員の提案を受け入れ、新しいことに挑戦できる職場環境がモチベーションアップに!

PHOTO

紅屋商事に魅力を感じて宮城県からIターン就職した長島さん。「私が担当しているPOPを見て購入を決めてくださったというお客さまの声が励みになっています」。

私は宮城県出身ですが、大学時代は特に業種を絞って就活していたわけではありませんでした。宮城県内で行われた合同企業説明会に参加した際、当社の人事の方がすごく話しやすくて良い印象だったことから小売業に興味を持ちました。人事の方から店内の売り場の写真を見せてもらったところ、飾りつけがお祭りのように楽しい雰囲気で、「みんなでお店を盛り上げていこう!お客さまに喜んでいただこう!」という心意気がものすごく伝わってきたんです。「この会社、面白そう!私もこういう会社で働いてみたい!」という気持ちが湧いてきて、宮城県から青森県にIターン就職を決意しました。

入社後は、約1年間、新人研修が行われました。定期的に同期の社員が集まってリクルーターの方と共に学びました。採用試験においてもみんなで売り場を作ったり小売業のことを学ばせてもらっていたので、その延長のような感じで楽しく研修を行うことができました。

現在は、パソコンを使って販売促進用のPOPを制作したり、新聞に掲載するためのチラシの原案をつくる仕事をしています。当社の魅力は、社員一人ひとりが参画して自分のアイディアを生かした売り場づくりができることです。たとえば、年に一度、社員・バイト・パートさんが参加して手描きのPOPを競い合うコンテストを開催しています。そうして完成したPOPは、社員同士の話題作りにもつながっており、お客さまとのコミュニケーションツールとしても役立っています。
「長島さんのPOPのおかげで商品が売れたよ」と、売り場の方から声をかけていただくと、「私の仕事が役に立って良かった!」と、すごくやりがいを感じます。当社は、フレンドリーで面倒見が良い方が多く、違う部署の方も気さくに声をかけてくれて何か困ったことがあればすぐにフォローしてくれます。また、私がこれまでと違うPOPの表現方法を提案した時も採用してくれるなど、新しいことに挑戦させてくれる社風があります。自分のオリジナリティを生かしてさまざまなことにトライできる会社だと思います。

長島 未来さん /2018年入社

会社データ

事業内容
■SM(スーパーマーケット「ベニーマート」)の経営
■S.Dg.S(スーパードラッグストア「MEGA(メガ)」)の経営
■S.C(ショッピングセンター「カブセンター」)の経営
■調剤薬局「メガ調剤薬局」の経営
■Net店舗の経営
■レストラン「グリルタクミ」の経営
■自社物流センターの経営

PHOTO

紅屋商事は、2017年に「地域未来牽引企業」に選ばれました。地域の発展の為に、今後もさまざまな取り組みをお客様に提供していきたいと思います。

本社郵便番号 030-0804
本社所在地 青森県青森市石江字三好130番地1
カブセンター西青森店2階
本社電話番号 0172-29-5777
本部郵便番号 036-8084
本部所在地 青森県弘前市高田4丁目2番10号 カブセンター弘前店2F
本部電話番号 人事課:0172-29-4380
創業 1951年
設立 1959年12月25日
資本金 5,000万円
従業員 446名 <2020年3月期>
売上高 449億円 <2020年3月期>
取引銀行 みちのく銀行、青森銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行
事業所 【本社】青森県青森市 
【本部】青森県弘前市 
【各店舗】※青森県・秋田県
 Food&Drug(カブセンター)
  8店舗/青森県(青森市、弘前市、つがる市、五所川原市、八戸市)
 SM(ベニーマート)
  4店舗/青森県(青森市、黒石市、弘前市)
 S.Dg.S(メガ)
 10店舗/青森県(青森市、黒石市、弘前市)、秋田県(秋田市、能代市)
 調剤薬局(メガ調剤薬局:店舗併設)
  4店舗/青森県(青森市、弘前市)、秋田県(秋田市)
現在の出店地域 【青森地区】
 ・ベニーマート(観光通店)  
 ・カブセンター(大野店、西青森店)
 ・メガ(東青森店、石江店、勝田店、小柳店)
 ・メガ調剤薬局(東青森店)
 
【弘前地区】
 ・ベニーマート(松原店)
 ・カブセンター(弘前店、神田店)  
 ・メガ(城東北店、弘前駅前店)
 ・メガ調剤薬局(城東店、神田店)
 
【黒石地区】
 ・ベニーマート(黒石店)
 ・メガ(黒石店)

【西北五地区】
 ・カブセンター(柏店・五所川原店)  

【南部地区】
 ・カブセンター(長苗代店・シンフォニープラザ店)

【秋田地区】
 ・メガ(土崎店、仁井田店、能代中央店、新国道店)
 ・メガ調剤薬局(土崎店)
今後の出店地域 北東北地域(青森県・秋田県)、東北地域(宮城県)
取扱商品 生鮮食品、食料品、生活用品、衣料品、住居関連商品、酒類、
医薬品、調剤薬
店舗戦略 地域の皆様の“日々のくらしをより豊かに” この使命を果たすために、
お客様に心から喜んでいただける店づくり、売場づくり、組織づくりを目指しています。

1) スーパーマーケット、スーパードラッグストアとしての
  必要な売場面積をもった店舗展開、専門性に特化した調剤薬局の展開
  ●ふだんの生活のための必要な商品で溢れている豊かな品揃え
  ●買いたいものがすぐ見つかる陳列
  ●買いたくなる価格の提供 
  ●これらを実現できる店舗
  ●お客様のセルフメディケーションの手伝いをする従業員

2) 一店、一店確実に着実に、利益を出していく展開
  ●すべての店に競争力があるなら、かならず企業力は増す

3) 競争力を持った店舗展開
  ●商品力-鮮度・品質、価格、品揃えが良い
  ●売場力-店舗、売場が光り輝いている
  ●接客力-気配りが素晴らしいと言っていただける店

4) 地域のお客様のかかりつけの薬局を目指した店舗併設の
  調剤薬局の展開
  ●処方箋を出して待っている間に買い物ができる
  ●処方箋をまつストレスがない
  ●店舗併設の為、単独の調剤薬局よりも集客力が高い
  ●担当している診療科が多いため、各分野について能動的に
   学ぶことができる
沿革
  • 1951 年
    • ● 秦 計機雄 創業
  • 1959 年
    • ● 青森市にて紅屋商事設立
  • 1962 年
    • ● 青森市新町にて、百貨店事業を始める
  • 1963 年
    • ● 弘前市土手町にて、弘前店開業
  • 1969 年
    • ● 青森店を5階建ての大型店に増築
  • 1973 年
    • ● 弘前店を6階建ての大型店に増築
  • 1981 年
    • ● スーパーマーケットに本格的参入
       「ベニーマート松原店」(弘前市)開店
  • 1988 年
    • ● ディスカウント型スーパーセンター「カブフーズ弘前店」(弘前市)開店
  •   
    • ● ドラッグストアに本格的参入
       スーパードラッグ「メガ城東店」(弘前市)開店
  • 1999 年
    • ● 年間売上高200億円突破
      (スーパーマーケット4店 スーパードラッグストア8店)
  • 2002 年
    • ● 「カブフーズ弘前店」「メガ城東店」をスクラップ&ビルド
        しフード&ドラッグ「カブセンター弘前店」を開店
  • 2004 年
    • ● フード&ドラッグ「カブセンター神田店」(弘前市)開店
  • 2005 年
    • ● 年間売上高250億円突破
      ● カブセンター弘前店に「メガ調剤薬局」を開店
      (スーパーマーケット6店 スーパードラッグストア13店
      調剤薬局1店)
  • 2006 年
    • ● フード&ドラッグ「カブセンター大野店」(青森市)開店
  • 2007 年
    • ● フード&ドラッグ「カブセンター柏店」(つがる市)全面改装し開店
      ● メガ「黒石店」(黒石市)スクラップ&ビルドし開店
  • 2008 年
    • ● 年間売上高300億円突破
      (スーパーマーケット7店 スーパードラッグストア14店
       調剤薬局1店)
  • 2009 年
    • ● フード&リカー「カブ・シンフォニープラザ店」(八戸市)開店
  • 2011 年
    • ● フード&ドラッグ「カブセンター西青森店」(青森市)開店
  • 2013 年
    • ● スーパードラッグ「メガ城東北店」(弘前市)開店
  • 2014 年
    • ● フード&ドラッグ「カブセンター長苗代店」(八戸市)開店
      ● スーパードラッグ「メガ勝田店」(青森市)開店
  • 2015 年
    • ● 年間売上高400億円突破
      ● 「メガ東青森店」(青森市)スクラップ&ビルドし開店
      ● 「メガ調剤薬局東青森店」(青森市)開店
  • 2016 年
    • ● カブセンター神田店に「メガ調剤薬局 神田店」を開店
      ● スーパードラッグ「メガ小柳店」(青森市)開店
  • 2019 年
    • ● 「カブセンター五所川原店」を核とする「ベニーモール五所川原」、
        「レッドスクエア五所川原」(五所川原市)を開店
      ● 「メガ調剤薬局土崎店」(秋田市)開店
  • 2020 年
    • ●「黒石IC物流センター」を稼働
      ●「メガ新国道店」(秋田市)を開店
      ●「ベニーマート青森店」老朽化により閉店
      ●「本社」を移転

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 25.1時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.2日
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 14.8%
      (128名中19名)
    • 2020年度

    役員及び管理的地位にあるものに占める女性の割合 経営幹部 13.2% (38名中 女性 5名 2018年実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

紅屋商事(株)<カブセンター・ベニーマート・メガ・メガ調剤薬局>と業種や本社が同じ企業を探す。
紅屋商事(株)<カブセンター・ベニーマート・メガ・メガ調剤薬局>を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ