最終更新日:2022/1/14

(株)あさひ【サイクルベースあさひ】【東証一部上場】

  • 上場企業

業種

  • 専門店(スポーツ関連)
  • 商社(スポーツ・レジャー用品)
  • スポーツ・レジャー用品(メーカー)

基本情報

本社
大阪府
資本金
20億6,135万円
売上高
694億4,560万円(2021年2月期実績)
従業員
1,692名(2021年4月1日現在)

サイクルベースあさひ 自転車のSPA(製造小売) 東証1部上場

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
お客様と接する仕事は時には判断に迷うこともあるが、その時はお客様のことを考え、お客様にとって一番良い選択肢を選ぶ。これが創立以来、未来永劫揺るぎない基本方針だ。
PHOTO
自転車が大好きで、人と接することが大好きで、あさひが大好き。そんなスタッフたちが働く店内はいつも活気にあふれ、元気な声が飛び交う。もちろん、結束力も相当強い。

すべての人たちから愛される自転車ライフのパートナーへ。あさひの躍進は続きます!

PHOTO

「学生時代はいろんなことにチャレンジしてください。そこで得た経験が、社会人になったとき、すべてではなくても、社会ときっとつながるはずですから」(服部さん)

あさひは30年以上も前、町の小さな自転車店からスタートしました。以来、「お客様のために」をモットーに従業員一人ひとりが努力を重ね、現在全国に500店舗以上のチェーン展開をするまでに成長。店舗を大型化することで豊富な品ぞろえを可能にし、商品企画・製造・物流・販売、そしてアフターサービスに至るまでトータルに取り組み、どのセクションも一切の妥協を許さぬ姿勢を貫いてきました。それが多くのお客様に支持され、あさひは大きく成長したのです。

かつての自転車は、種類も少なく選ぶ楽しさもありませんでした。しかし、自転車とは本来そういうものではありません。「自転車の“喜び”を多くの人たちと分かち合いたい」という気持ちから、私たちあさひは、お客様に高品質で安全・安心な自転車を、アフターフォローを含めたハイレベルなサービスで提供しています。

私たちには「あさひスタンダード」と呼ぶ厳しい基準があります。1人でも多くのお客様に、安心で安全な自転車に乗っていただきたいとの思いからつくったものです。すでに韓国やインドネシアに輸出していますが、いずれあさひスタンダードが“世界のスタンダード”になるよう、全社一丸となってがんばっています。

スポーツに、通学に、買い物に…10人のお客様がいれば、10通りの自転車のある暮らしがあります。そんなお客様一人ひとりの自転車生活をサポートするライフパートナーに、私たちはならなければと思っています。あさひだからこそ、できるのだと。現在、「FUN TO RIDE BIKES」をスローガンに、自転車を楽しむ文化を広げることに取り組んでいるのも、その一環です。全国にチェーン展開しているスケールメリットを生かし、各地で自転車の魅力を提案。日本の自転車市場の規模拡大を目指し、より多くの人が自転車のある暮らしを楽しめるよう努めています。

「お客様の立場に立って考え行動する」という精神のもと、どんなときも生涯にわたってお客様に寄り添い、一人ひとりの自転車ライフを、もっと豊かにしていく。自転車を販売するだけでなく、お客様の人生を彩り、豊かにする。すべての人たちから愛される自転車ライフのパートナーへ、あさひの躍進は続きます。(服部康平/マーケティング部 販売戦略セクション)

会社データ

事業内容
【経営理念実現のため】

<積極的な店舗展開>(地域密着型)
・全国各地に出店拡大中
・専門の知識と技術を持つ社員による販売、アフターサービス
・2015年、スポーツサイクル強化店の取り組みを開始
・2018年には定款に旅行業を追加し、ライドツアーなど顧客体験型イベントの提供を開始

<あさひブランド商品の開発・供給>
・1996年からプライベートブランド商品(以下あさひブランド商品)の開発着手
⇒現在ではあさひブランド商品の売上構成に占める割合は、5割以上
・自転車だけではなく、多彩なアクセサリー(パーツ)類も自社で企画
・コラボレートによりブランド、ロゴ、キャラクター等を使用した自転車も開発
・メーカーとしてホームセンター等の量販店へ商品の供給も開始
・卸だけでなく、店舗レイアウトから品揃え、運営方法までトータルサポート
⇒2005年、自社物流センター(ALC西日本)を三重県伊賀市に取得。2011年、自社物流センター(ALC東日本)を埼玉県久喜市に取得
・2012年、より広くあさひの自転車の魅力を伝える為に大々的な広告戦略を開始
⇒CM放映、雑誌への広告掲載、ムック本の発行など
・2016年、88cycleがグッドデザイン賞受賞
・2017年、アウトランク、ファストライトハブスがグッドデザイン賞受賞
・2020年、OFFICEPRESS-eがグッドデザイン賞受賞

<インターネット通販 >
・2万点以上にのぼる豊富な商品を取扱い
・他社とは異なった通販戦略「無在庫販売」「リアル店舗の存在」
・2007年はYAHOO!ショッピングへ 2009年には楽天市場にも出店
・2012年ネット店とリアル店舗が完全提携。業界初「ネットで注文、店舗で受け取り」サービス開始。
⇒インターネット通販で購入した商品が店舗で受け取ることができる、全国展開をしているあさひだからこそできるサービスを開始。

<海外事業>
韓国、インドネシアへ輸出をしています。“世界の人々のサイクルライフを豊かに”する当社の経営理念を実現していきます。

<主要取引先>
ヤマハ発動機(株)・ブリヂストンサイクル(株)・パナソニックサイクルテック(株)・(株)ジャイアント・(株)シマノ・ジック(株)・サイクルヨーロッパジャパン(株)・(株)キャットアイ・アサヒサイクル(株)・オージーケー技研(株)・ピープル(株)・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ信託銀行
本社郵便番号 534-0011
本社所在地 大阪市都島区高倉町3丁目11番4号
本社電話番号 06-6923-2630
創業 1949(昭和24)年4月
設立 1975(昭和50)年5月
資本金 20億6,135万円
従業員 1,692名(2021年4月1日現在)
売上高 694億4,560万円(2021年2月期実績)
代表者 代表取締役社長 下田 佳史
売上高推移 694億円(21年2月期/対前年116.0%)
598億円(20年2月期/対前年104.1%)
574億円(19年2月期/対前年107.2%)
536億円(18年2月期/対前年104.9%)
510億円(17年2月期/対前年105.6%)
484億円(16年2月期/対前年108.6%)
445億円(15年2月期/対前年105.6%)
421億円(14年2月期/対前年112.4%)
374億円(13年2月期/対前年106.4%)
355億円(12年2月期/対前年124.1%)
286億円(11年2月期/対前年110.0%)
260億円(10年2月期/対前年120.2%)
216億円(09年2月期/対前年125.6%)
172億円(08年2月期/対前年117.0%)
147億円(07年2月期/対前年122.5%)
120億円(06年2月期/対前年114.3%)
経常利益推移 73億2,600万円(21年2月期/対前年182.8%)
40億0,600万円(20年2月期/対前年99.4%) 
40億2,700万円(19年2月期/対前年114.8%) 
35億1,700万円(18年2月期/対前年99.7%) 
35億1,700万円(17年2月期/対前年104.1%) 
33億7,900万円(16年2月期/対前年136.3%) 
24億8,000万円(15年2月期/対前年68.1%)
36億4,000万円(14年2月期/対前年88.6%)
41億0,600万円(13年2月期/対前年91.3%)
44億9,600万円(12年2月期/対前年119.1%)
37億7,400万円(11年2月期/対前年101.3%)
37億2,600万円(10年2月期/対前年140.5%)
26億5,200万円(09年2月期/対前年178.4%)
⇒09年2月期【上場流通業】経常利益増益率No.1
14億8,600万円(08年2月期/対前年107.5%)
13億8,300万円(07年2月期/対前年149.5%)
9億2,500万円(06年2月期/対前年117.8%)
事業所 ◆全国500店舗以上を運営、600店舗に向け大躍進中

北海道・東北エリア  18店舗

関東・甲信越エリア  193店舗

中部エリア       79店舗

近畿エリア       126店舗

中国・四国エリア    35店舗

九州エリア       53店舗

※全国504店舗 2021年12月14日現在
 (直営店舗数:485店舗、FC店:19店舗)

【通信販売専門店】
:ネットワーキング店、PayPay店、楽天市場店

【物流センター】
:Asahi Logistics Center 西日本(三重県伊賀市) 
:Asahi Logistics Center 東日本(埼玉県久喜市)
海外現地法人 愛三希(北京)自行車商貿有限公司
主要取引銀行 三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ信託銀行(順不同)
沿革
  • 1975年 5月
    • 大阪府大阪市都島区大東町において(株)旭玩具を設立
  • 1982年10月
    • 大阪府吹田市に「サイクルベースあさひ千里店」オープン
  • 1989年11月
    • 大阪府寝屋川市に当社初の大型自転車専門店
      「サイクルベースあさひ寝屋川店」オープン
  • 1992年 5月
    • (株)あさひに商号変更
  • 1997年10月
    • インターネット通販を開始 WEB上に
      「サイクルベースあさひネットワーキング店」オープン
  • 2004年 8月
    • 日本証券協会に株式を店頭登録
  • 2004年12月
    • ジャスダック証券取引所に株式を上場
  • 2005年10月
    • 三重県伊賀市に物流施設を取得
      「サイクルベースあさひ西日本物流センター」運営開始
  • 2005年12月
    • 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 2007年10月
    • 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
  • 2011年11月
    • 埼玉県久喜市に物流施設を竣工
      「サイクルベースあさひ東日本物流センター」運営開始
  • 2012年5月
    • 下田佳史が、新代表取締役社長に就任
  • 2015年5月
    • 国内店舗数 400店舗達成
  • 2015年5月
    • スポーツサイクル強化店の取り組みを開始
  • 2017年1月
    • アウトレット&リユース専門ショップ「LOHAS Cycle asahi」(ロハスサイクルアサヒ)高石店(大阪府)にて買取サービス開始
  • 2017年7月
    • 『LOUIS GARNEAU(ルイガノ)』『GARNEAU(ガノー)』の日本総販売代理権を取得することを発表
  • 2017年10月
    • 海外のスポーツサイクルパーツブランド8社(3T、KENDA、WELDTITEなど)の日本総販売代理店を開始
  • 2018年10月
    • 「サイクルベースあさひ公式アプリ」配信開始
  • 2019年12月
    • 「大阪市女性活躍推進リーディングカンパニー」を取得
  • 2021年11月
    • 国内店舗数 500店舗達成

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 7.9年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 16.3時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 9名 65名 74名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 8名 10名 18名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 8.3%
      (12名中1名)
    • 2020年度

先輩情報

一見のお客様にしない
N.H [副店長]
東京農業大学
生物産業学部
北越谷店
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)あさひ【サイクルベースあさひ】【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)あさひ【サイクルベースあさひ】【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)あさひ【サイクルベースあさひ】【東証一部上場】の会社概要