最終更新日:2022/4/13

松本ハイランド農業協同組合

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)

基本情報

本社
長野県
出資金
87億8,280万円
事業状況
事業総利益:65億円、事業利益:3億円、経常利益:5億円 当期剰余金:3億円 (2021年2月末)
職員数
923名(男性606名 女性317名)

★「人と自然の夢あわせ」人と自然を大切に、多くの夢をあわせて未来へ成長していきます(2023卒の応募は終了しました)

笑顔あふれる地域づくりを、仕事を通じて一緒に実現しましょう(2023卒の応募は終了いたしました) (2022/04/13更新)

わたしたちJA松本ハイランドで働く職員は、職場を一つの「チーム」と捉え、その中で役割を果たすことによって、元気な地域づくりを目指しています。また組合員・地域の皆さん一人ひとりの「出会い」から様々な経験をし「ひと」として成長していきます。安心して暮らせる、笑顔あふれる地域づくりを仕事を通じてわたしたちと一緒に実現しましょう。

会社紹介記事

PHOTO
北アルプスを望む松本平に2016年9月に完成した本所施設。地域のみなさんとの出会いや日々の経験を糧に、地域を支える「ひと」に成長している。
PHOTO
「新人のときは、上司や先輩方が優しく丁寧に指導してくれるので安心です。利用者の方々の笑顔が原動力となる魅力的な仕事です。」と金融共済課の古幡さん。

人と自然があってこそ生まれる農産物。笑顔あふれる地域づくりをしませんか?

JA松本ハイランドは、安全で安心な美味しい農産物の産地づくりをすすめる営農事業をはじめ、貯金や融資などを担う金融事業、万が一に備えての保障をする共済事業、「食と農」を通じて快適なくらしの提案をする経済事業のほか、福祉や文化活動など、幅広い事業や活動を展開し、地域に寄り添う暮らしの支援に取り組んでいます。

私たちは職場をひとつの「チーム」と捉え、一人ひとりが役割を果たすことにより元気な地域づくりを目指しています。何かをやり遂げようとするときには、全員の想いや姿勢などベースとなるものが必要ですが、JAのベースは「食と農」です。そこで、新入職員のみなさんにまず経験していただくのは、地域の生産者の下で行う農作業です。春先なので、畑の作業や種まきなど野菜の始まりを体験していただくことになります。私たちの仕事は、そうした農業に携わる組合員みなさんの地道な努力があってこそ。社会人としての始まりを農業体験からスタートすることで、自分自身の原点となる経験になっています。

職種は幅広く、部署ごとに特徴はさまざま。部署の異動によっては業務内容が大きく変わるので、柔軟な発想が養われたり、視野を広げたりする機会となり、意外な自分の才能の発見につながることもあります。

新入職員には、業務や日常をサポートする“お世話係”制度があります。入組3年程度の先輩職員が担当するので、年齢が近く、悩みの相談もしやすいと好評です。
キャリアステップとしては、新入職員は全員が未来の管理職候補なので、部門を問わず、まずは「職員資格認証試験」を受験していただきます。また、定期的に実施している研修のほか、各部署で必要な資格取得もサポートしていますので積極的に挑戦できます。

ビジョンは「食と農を育み、笑顔があふれる地域をみんなで実現する」ことです。
求めるのは、地域の発展と豊かな暮らしのために具体的に行動できる使命感を持った人。「誰のために、何のために」を常に考え、相手に感謝の気持ちを伝えられる人材です。
入組と同時に始まる農業体験でまいた種は、秋には収穫を迎えます。「実るほど、頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」そんな思いを原点に、自ら考え行動する職員に成長できる土壌があります。
ぜひ一緒に、笑顔あふれる地域づくりを目指しませんか。

会社データ

プロフィール

1992年9月1日、松本市、東筑摩郡波田町(現在の松本市)・山形村の管内3農協(松本平農協、波田町農協、山形村農協)が合併し「松本ハイランド農用協働組合」を設立。2000年には川手農協、四賀村農協、筑北農協と合併。2004年には信濃朝日農協と合併。松本市・安曇野市(明科地域)の2市と、東筑摩郡5村(山形村、生坂村、麻績村、筑北村、朝日村)にまたがる広域JAです。2020年11月1日に、JA松本市・JA塩尻市と合併し、さらに広域となりました。

事業内容
★一般職:・金融共済業務(銀行業務・保険の取り扱いなど)・農業振興部門業務(農産物の集荷販売、農薬・肥料・資材の販売など)・経済部門業務(生活用品の販売、葬祭対応、給油所・LPガスなど)               
★技術職:・営農指導員(農家に出向いて農畜産物の指導、農産物の集荷など)・生活文化担当(健康管理や福祉・文化活動業務)・自動車、農機具整備販売

PHOTO

376件の応募から選ばれた当組合のオリジナルキャラクター「ゆめピーちゃん」。特技は、みんなを笑顔にすること。

本社郵便番号 390-8555
本社所在地 長野県松本市南松本1-2-16
本社電話番号 0263-26-1400(代表)
創業 1992年(平成4年)
設立 1992年(平成4年)9月1日  
出資金 87億8,280万円
職員数 923名(男性606名 女性317名)
事業状況 事業総利益:65億円、事業利益:3億円、経常利益:5億円
当期剰余金:3億円 (2021年2月末)
事業所 本所、島内支所、島立支所、新村支所、和田支所、神林支所、笹賀支所、芳川支所、中山寿支所、女鳥羽支所、山辺支所、今井支所、波田支所、山形支所、明科支所、生坂支所、四賀支所、麻績支所、聖南支所、朝日支所、松本支所、塩尻支所、広丘支所
業績 農産物販売高:187億円、生活購買事業供給高:49億円、貯金残高:3,890億円、貸出金:842億円、長期共済保有高:1兆434億円(2021年2月末)
組合員構成 組合員数:4万657名(正組合員2万5,204名 准組合員1万5,453名) 
主な取引先 JA長野中央会、長野県厚生連鹿教湯三才山リハビリテーションセンター、
JA全農長野、長野県JAバンク、JA共済連長野
子会社・関連施設 (株)松本ハイランドサービス、(株)協同機械化センター、(有)アグリランド松本、(株)ぶどうの郷山辺、(有)農地ホスピタル朝日、社会福祉法人松本ハイランド
平均年齢 39.3歳

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 24名 0名 24名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 24名 0名 24名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
あり:3月に内定者全員に対して事前集合研修を実施。入組後、年間を通じて基礎・業務研修が行われます。
一年間仕事の悩みや相談等、皆さんを先輩がサポートする「お世話係」制度があります。
自己啓発支援制度 制度あり
あり:通信講座の受講料等の経費は本人負担とするが、受講終了を証する書面の写しを添付して申請した者については、受講料の2分の1を助成します。ただし、助成額は3万円を限度とし、助成対象は1年間で1コースのみ。
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
あり:職員基本認証試験

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
松本大学、信州大学、専修大学、同志社女子大学、成蹊大学、産業能率大学、山梨学院大学、東京農業大学、静岡大学、東京工科大学、東洋大学、諏訪東京理科大学、武蔵大学、静岡文化芸術大学、東海大学、日本大学、聖学院大学、立命館大学、愛知大学、中央大学

採用実績(人数) 2017年 男性:20名 女性:15名         
2018年 男性:14名 女性:12名
2019年 男性:6名  女性:8名
2020年 男性:7名 女性:6名
2021年 男性:8名 女性:7名

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 8 7 15
    2020年 7 6 13
    2019年 6 8 14

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp68264/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

松本ハイランド農業協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。
松本ハイランド農業協同組合を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 松本ハイランド農業協同組合の会社概要