最終更新日:2022/7/25

井澤金属(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 商社(電子・電気機器)

基本情報

本社
大阪府
PHOTO

「工具」の提案を通じ、多彩な業界の生産活動を支えています。

坪内 一憲
2010年入社
33歳
愛知大学
法学部 法学科
名古屋支店 営業第一部 工機第二課
金属製品の加工に用いる工具の提案活動

温かな雰囲気の専門商社で、日本の産業に貢献したい。それが入社動機です。

就職活動を始めた頃は、漠然と営業職で探していました。活動を進める中で商社という業態を知り、自社製品を扱うメーカーよりも、さまざまな製品を販売できる点に興味を持ちました。その中で、日本の主要産業である工業分野に携わりたいという思いがあり、出会ったのが非鉄金属の専門商社である当社です。
当時は、非鉄金属に関する知識はほぼ皆無。入社して仕事をしていく中で、徐々にその重要性に気づいたものです。
入社の決め手となったのは、1つは創業からの長い歴史の中で培った多様な販売先・仕入先の実績。それと説明会から選考過程の間に関わった人たちの雰囲気に、自分が合っていると感じたからです。当社の場合は温かみのある人が多く、そのイメージは入社後も変わっていません。


仕入先の協力のもと、お客様の業務の効率化とコスト削減に向けた工具を提案しています。

私の仕事は航空機や自動車、家電、半導体などの業界に対し、各種金属製品の形状を加工するための工具をメインに提案すること。工具といってもイメージが湧かないかもしれませんが、私たちの身の回りにある工業製品の大半を作るためには工具が欠かせません。
お客様にとっては製品の品質に加え、コストも重要な課題です。製造コストを下げるには工具の性能も大切。より短時間で多くのモノ、精度の良いモノがつくれればコスト削減につながるからです。そのために私たちが常にコミュニケーションを図り、お客様ごとの課題を吸い上げ、最適な提案を行っていくのです。
そしてお客様に納得していただく製品を提供するには、仕入先との関係も大切です。実現性のある製品と納期でお客様にお応えするため、仕入先のことをしっかり把握し、信頼関係を構築することにも努めています。


私を信頼していただき、提案内容が採用された時が一番のやりがいです。

当社は、所属した部課で長く勤めることを基本としています。そのため担当するお客様に対しても、長年にわたっておつきあいをさせていただくケースが大半。私も1年目から継続して担当しているお客様が数社あります。一方で競合他社も多く、いかに当社を選んでいただくかが勝負でもあります。仕事のやりがいとしては、お客様にとって役立つ提案をし、それが採用された時や、他社製品から切り替えていただいた時に尽きます。
お客様に望まれているのは、私たちからの積極的かつ有効な提案です。そこで仕入先とタッグを組み、加工機械の導入から工具の選定、テスト加工までのスケジュールを提出するなど、とにかく一歩先の活動を行っていきました。結果として多くのシェア獲得につながり、自分自身の成長も果たせたと思っています。


今後はさらなる販路拡大にも、どんどんチャレンジしていきます!

当社では多くのモノづくり系の業界に販路を有しており、私自身も入社以来、さまざまな業界のお客様を担当させていただいています。今後は、これまでの経験を生かして、取引先との信頼関係をより強固なものにするとともに、新規開拓で課の業績にも貢献したいと思っています。
ちなみに私の新規開拓における営業スタイルは、その会社の事業内容と、当社として何を提案・販売できるかを事前にしっかり調査しておくというものです。当社自体の歴史や実績は営業活動をする上でも優位ですし、加えて仕入先も知名度のあるメーカーばかり。そうした点をいかに有効活用するかが、営業としての腕の見せどころにほかなりません。


やりたいことや得意を明確にし、就職活動に臨みましょう。

就職活動は自分自身と向き合い、自分にとって何が幸せかを考える良い機会だと思います。困難な状況に直面することもたくさんあるかもしれませんが、自分のためという意思を持って進んでいって下さい。
商社で見れば、当社のような非鉄金属もあれば、食品を扱う会社など多種多様です。あなたが興味のある分野を深掘りしてみるのもいいと思います。
当社で活躍しているのは、協調性とチャレンジ精神持つ人材です。ノルマで追われることはありませんが、かといって現状に満足をしていてはダメ。また私たちの仕事は、同じ課の上司や先輩、同僚、事務職、あるいは他の部署や仕入先との協調があってこそ成り立つものです。当社を訪ねていただいた時には、お会いできることを楽しみにしています!


トップへ

  1. トップ
  2. 井澤金属(株)の先輩情報