最終更新日:2021/6/15

ダイハツ北海道販売(株)

業種

  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 専門店(自動車関連)

基本情報

本社
北海道
資本金
4,000万円
売上高
238億3,338万円(2020年3月実績)
従業員
427名※2021年4月1日現在 (うち男子351名、女子76名)

来店型の営業スタイル!お客さまと長くお付き合いができる仕事。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
あたたかみのある雰囲気のショールーム。店舗の装飾は各店舗それぞれの個性にあふれています。
PHOTO
店舗のメンバーが一丸となって取り組む ”大感謝祭” お客様に楽しんで頂けるようなイベントを各店舗で考え、お客様をおもてなしする年に一度の大イベントです。

クルマだけでなく”暮らし”を提案

PHOTO

お客様とのつながりの間にあるものが「車」であるだけ。営業の仕事は、誰を相手にし、どうお客様とつながるか。根っこにあるのは人間関係。

現在、国内の自動車市場では、「3台に1台が軽自動車」という時代を迎えています。
ダイハツのクルマは、軽自動車を中心に通勤や買い物など”日常の足”として使われるコンパクトカーがほとんどです。

ダイハツ車を求めるお客さまがクルマを選ぶ際に知りたいこと。
それは性能やスペックではなく、日常生活を行う上での利便性・過ごしやすさなどの、クルマを通して得られる“体験”です。

クルマだけでなく、”暮らし”までを提案するために、お客さまのライフスタイルや家族構成、趣味や興味のあることなど、何気ない会話の中からニーズを読み取り、それぞれのお客さまにふさわしい1台をご提案するのが当社の営業スタッフの姿です。

商談=車の説明 ではないのです。

まずは目の前のお客さまに興味を持つこと。
”お客様目線”を常に忘れないこと。

“売ること”以前に、よき相談相手となり、
“喜んでいただくこと”を大切にしています。

クルマ1台から始まるお客さまとの長いお付き合い。
その場限りではない接客だからこそ見えてくるお客さまのライフスタイルの変化やニーズの変化。
そういった変化をしっかりと汲み取り、その時々に合わせたご提案を行い、お客さま一人ひとりと信頼関係を築いていけることも、この仕事の魅力のひとつです。

会社データ

事業内容
ダイハツの新車の販売、中古車の販売、車両整備・修理・板金、部品・用品の販売、損害保険代理店業務など

▼取扱車種(新車)
【軽自動車】:ムーヴ、ムーヴカスタム、ムーヴキャンバス、タント、タントカスタム、ミライース、ミラトコット、タフト、キャスト、ウェイク、アトレーワゴン、コペン、ハイゼットトラック、ハイゼットカーゴ、ハイゼットキャディ
【小型/普通乗用車】:ロッキー、トール、ブーン、メビウス、アルティス
【福祉車両】:各種フレンドシップシリーズ
【特装車両】:各種特装車シリーズ

▼取扱品目
・新車
・中古車
・車検、法定12カ月点検など
・一般整備
・板金・塗装
・部品、用品
・クレジット
・自動車保険
・JAF
・ワンダフルパスポート(整備パック)
・延長保証プラン
など

PHOTO

ダイハツオリジナルの「ウェルカムスイーツ」と季節のドリンクでお客様をおもてなし。ちょっとした待ち時間もくつろいでもらえるような工夫を各店舗で行っています。

本社郵便番号 001-8577
本社所在地 北海道札幌市北区新琴似7条11-5-28
本社電話番号 011-761-8111
創業 1968年6月24日
現社名へ変更 1999年6月1日
資本金 4,000万円
従業員 427名※2021年4月1日現在
(うち男子351名、女子76名)
売上高 238億3,338万円(2020年3月実績)
代表者 代表取締役 藤原 昌彦
事業所 <札幌市内>
新琴似店
白石店
白石中央店
美しが丘店
南店
東店
宮の森店
発寒店

<札幌市外>
小樽店
倶知安店
滝川店
岩見沢店
江別店
千歳店
苫小牧店
函館店
北斗店

<他事業所>
本社
BPセンター
部品課[ダイハツ工業(株)北海道部品集約センター内]
PDIセンター
年間新車販売台数 2006年 10,716台
2007年 11,172台
2008年 11,459台
2009年 11,327台
2010年 11,807台
2011年 10,950台
2012年 14,528台
2013年 15,075台
2014年 15,213台
2015年 13,204台
2016年 12,966台
2017年 14,445台
2018年 13,748台
2019年 13,915台

※暦年ベースの販売台数
株主構成 ダイハツ工業(株) 100%出資
主な取引先 札幌、函館、苫小牧地区テリトリー内の一般ユーザー及び協力販売店、官公庁、各種の法人
取り扱い車種 【軽自動車】
■ムーヴ/ムーヴカスタム
■ムーヴキャンバス
■キャスト
■タント/タントカスタム
■ミライース
■タフト
■ミラトコット
■ウェイク
■アトレーワゴン
■コペン
■ハイゼットトラック/ハイゼットカーゴ/ハイゼットキャディ

【小型/普通乗用車】:ロッキー、トール、ブーン、メビウス、アルティス
【福祉車両】:各種フレンドシップシリーズ
【特装車両】:各種特装車シリーズ
平均年齢 39.4歳
沿革
  • 1968年 6月
    • (株)札幌ダイハツモータース設立
  • 1999年 6月
    • (株)函館ダイハツモータースと合併
      社名を「ダイハツ北海道販売(株)」に改称
  • 2004年11月
    • 苫小牧店&東店を改装
      新店舗スタンダードのオールダイハツ第一・第二号店として、苫小牧店・東店が新装オープン
  • 2005年 4月
    • (株)ダイハツPDIサービス北海道センターを併合
      資本金 4,000万円に変更
  • 2006年11月
    • 白石区・米里に「BP・部品センター」オープン
  • 2007年12月
    • 恵庭店・千歳店を合併
      千歳店を改装し、リニューアルオープン
  • 2008年 2月
    • 西店を閉店
      宮の森店として移転・新装オープン
  • 2008年 6月
    • 創立40周年を迎える
  • 2008年11月
    • 北店を閉店
      新琴似店として移転・新装オープン
  • 2013年10月
    • 函館店を改装し、リニューアルオープン
  • 2013年11月
    • 美しが丘店、新規開店
  • 2014年7月
    • 発寒店、新規開店
  • 2014年11月
    • 本社を札幌市白石区から札幌市北区新琴似へ移転

      本社移転に伴い、白石店を改装し、リニューアルオープン
  • 2015年10月
    • 部品課をダイハツ工業(株)北海道部品集約センター内に移転
  • 2015年11月
    • 白石中央店、新規開店
  • 2015年12月
    • PDIセンターを移転
  • 2018年6月
    • 創立50周年を迎える
  • 2020年10月
    • 岩見沢店をリニューアルオープン

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.5年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 18.2時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7.6日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 7名 8名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2019年度

先輩情報

雰囲気の良さ
T.Y
2020年
北海商科大学
商学部 商学科
管理部 経理課
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ダイハツ北海道販売(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
ダイハツ北海道販売(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ