最終更新日:2022/6/24

中国木材(株)

  • 正社員

業種

  • 建材・エクステリア
  • 電力
  • 商社(建材)

基本情報

本社
広島県
資本金
1億円
売上高
1,174億8,200万円  ※2021年6月期決算
従業員
2,439名 2021年7月1日現在。派遣社員/協力会社社員/役員を除く。

年間売上1,000億円超! 木造住宅や大規模木造建築物等の構造材(柱・梁・桁など)を製造・販売する国内トップクラスの総合木材メーカーです

東京・福岡での個別説明会(兼1次選考会)および合同企業説明会(東京)のお知らせ (2022/06/24更新)

PHOTO

■会社説明会 兼 1次選考会 のお知らせ

◇東京会場
 日時 7月8日(金)10:00 START 15:00 END
 会場  アットビジネスセンター池袋駅前 別館
 アクセス
 池袋駅東口 から 徒歩2~3分
 詳細は、セミナー画面をご覧下さい。

◇福岡会場
 日時 7月15日(金)10:00 START 15:00 END
 会場  howffice-net会議室(ホフィスネット会議室)博多駅前店
 アクセス
 JR博多駅 博多口 から 徒歩5分
 詳細は、セミナー画面をご覧下さい。

■合同企業説明会
 
◇日時 7月3日(日)12:00~16:30
 会場 東京都立産業貿易センター 浜松町館 4階
(こちらは秋田県内企業への就活イベントとなります)
 アクセス
 JR線・東京モノレール 浜松町駅下車 徒歩5分
 都営地下鉄 大門駅下車 徒歩7分

◇日時 7月9日(土)13:00~15:25
 会場 日本大学会館 2F 大講堂
 アクセス
 JR線・地下鉄線 市ヶ谷駅下車 徒歩3分ほど

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
海外から直輸入で木材を仕入れている当社。原木船用の岸壁を自社内に建設することで製造から物流までを一貫して行うなど、効率的な物流体制を追求しています。
PHOTO
強度の高い米マツと軽くて粘りのあるスギの両方の利点を生かした「ハイブリッド・ビーム」。構造用異樹種集成材として日本で初めてJAS認定を取得しています。

環境産業に誇りを持ち、恵まれた教育制度と福利厚生で、充実した人生を実現しませんか

PHOTO

リフォームなどに適した内装材「カフェ板」。2019年 グッドデザイン賞(業務空間用建材・建具部門)を受賞しました。最寄りのホームセンター等でも販売しています。

中国木材は、梁・柱などの住宅用構造材の製材を中心に、加工から販売まで一貫して行っている木材メーカーです。国産材、米材、ヨーロッパ材を取り揃えているメーカーは珍しく、米材と国産材では国内トップクラスのシェアを誇っています。

■「日本の環境を守る中国木材は環境にやさしい企業です」
国産材に注力している当社では、必ず国産スギが見直される時代が来ると見据え、山林経営を本格的に展開。環境保護に取り組み、約50年かけてスギやヒノキを中心に山林を育てています。また、木材を製材する過程で出る樹皮・木材チップ・オガを燃料とした木質バイオマス発電にもいち早く着手し、森林資源の有効利用に貢献しています。現在までに、広島県呉(本社、郷原)、茨城県鹿島、宮崎県日向、佐賀県伊万里に発電プラントを展開しており、さらに増設を計画しています。木材という再生可能エネルギーを使用する木質バイオマス発電は、森林資源を循環利用する為、環境面に負担をかけない発電として期待でき、中国木材の大きな事業の柱に成長しました。

■「教育研修制度が充実!中国木材が全面サポート!」
当社では社員の通信教育講座の受講費用を会社が支援しています。今後は林業への進出に伴い、製材工場の新設、M&Aによる関連事業の拡大も予想されます。幹部候補生には、10年後にこれらの工場を任せられる人材に育てるため、簿記を中心としたファイナンスの知識、ITスキル、ビジネス実務法務、TOEIC、宅地建物取引士などの資格取得を奨励しています。当社のためと言うより自分のために、ビジネスマンに求められるスキルを身につけられるチャンスがここにはあります。

■「住宅補助と勤続表彰。充実の福利厚生にも注目!」
当社の木材を材料として使った一軒家を購入した社員には合計120万円(マンション購入は50万円)の分割補助が出ます。マイホーム購入のローン金利分を当社が負担しようという、社員の懐に優しい制度です。それだけでなく、当社は日本全国ほとんどの住宅メーカーと取引をしているため、住宅購入の際、メーカー選びで苦労することがないのです。さらに、全従業員に喜ばれているのが永年勤続表彰制度。在籍5年目ごとに表彰金が支給されるほか、10年目と25年目には慰安旅行も。こうした教育制度や福利厚生の充実からも、当社が従業員を大切にする会社であることがお分かりになるでしょう。

会社データ

プロフィール

私ども中国木材は、製材を中心に、乾燥材の製造、集成材の製造、プレカット加工、端材の活用事業を含めた総合的な住宅用構造材のメーカーとして発展を続けています。
・米国より米マツ原木(丸太)を直輸入し、製材加工をする
・九州・中国・東海・北関東など国内に約8,400ha(=84km2)の社有林を保有し、持続可能な森林経営を展開中。社有林の総面積は東京山手線内側の面積(63km2)を 軽く超す広さです。
・住宅の設計図を基に、構造部材のカット加工「プレカット」を行う
・「原材料→製材→乾燥→加工→流通」までの一貫流通を全国10拠点で行い、日本全国に製品を供給する
上記を軸に事業を推進しています。

また近年では、強度に優れる北米産ベイマツと国産スギを組み合わせた異樹種集成材「ハイブリッド・ビーム」や昨今のDIYブームやリフォーム需要に応えた新商品「カフェ板」「ムクボード」「セラウッド」「リノベ柱」などの開発、自社工場から排出される樹皮、オガ粉などを発電用ボイラーの燃料として活用するバイオマス発電事業も展開。

原木の直接仕入から、製材、乾燥、集成、プレカット、バイオマス発電の一貫した生産加工システムと、合理的な物流システムによって木材を最大限に活かすことが、森林に最大の経済的価値を与え、2050年の脱炭素社会の実現に向けて地球環境の改善にも大きく貢献できるものと考えています。

事業内容
1:木材の製材及び物流・販売・輸出
2:乾燥材・集成材の製造販売
3:プレカット加工
4:原木及び製材製品の直輸入
5:山林の取得及び経営
6:木質バイオマス発電及び太陽光発電事業

PHOTO

全国5拠点(茨城・呉・郷原・伊万里・日向)でバイオマス発電所を稼働。写真は本社2号機プラント。

本社郵便番号 737-0134
本社所在地 広島県呉市広多賀谷3-1-1
本社(人事課) 電話番号 0823-71-7142
人事課問合せ用携帯電話 080-6343-3745 (当社の営業時間内のみ:土日祝日は通話不可)
営業の電話は一切お断りします。
創業 1953(昭和28)年5月1日
設立 1955(昭和30)年1月20日
資本金 1億円
従業員 2,439名
2021年7月1日現在。派遣社員/協力会社社員/役員を除く。
売上高 1,174億8,200万円  ※2021年6月期決算
代表者 代表取締役会長  堀川 保幸
代表取締役社長  堀川 智子
代表取締役副社長 堀川 保彦
事業所 【本社】
〒737-0134
広島県呉市広多賀谷3-1-1

【東北センター】
〒983-0001
仙台市宮城野区港2-1-44

【鹿島工場】
〒314-0103
茨城県神栖市東深芝1-1

【東京センター】
〒261-0002
千葉市美浜区新港227-1

【東海事業所】
〒421-0213
静岡県焼津市飯淵2027

【東海センター】
〒421-0213
静岡県焼津市飯淵2040

【名古屋事業所・名古屋センター】
〒498-0066
愛知県弥富市楠3-33

【大阪センター】
〒559-0032
大阪市住之江区南港南6-7-70

【岡山センター】
〒702-8003
岡山市中区新築港6-1

【郷原工場・プレカット部】
〒737-0161
広島県呉市郷原町字一ノ松光山10626-50

【郷原工場・加工部】
〒737-0161
広島県呉市郷原町字一ノ松光山10626-2

【北広島工場】
〒731-2104
広島県山県郡北広島町大朝字船垰5206-36

【伊万里事業所・伊万里センター】
〒849-4251
佐賀県伊万里市山代町楠久字鳴石搦三929-93

【日向工場】
〒883-0063
宮崎県日向市竹島町1-101

【アメリカ事務所 (通称 シアトル事務所)】
2404 Allen Street E218 Kelso, WA 98626
業績推移 【売上高】
1,174億8,200万円(2021.6月期)
1,165億0,700万円(2020.6月期)
1,200億1,500万円(2019.6月期)
1,084億5,200万円(2018.6月期)
1,009億9,700万円(2017.6月期)

【営業利益】
114億7,200万円(2021.6月期)
92億5,000万円(2020.6月期)
115億6,900万円(2019.6月期)
94億4,500万円(2018.6月期)
85億6,200万円(2017.6月期)

【経常利益】
110億5,300万円(2021.6月期)
86億0,600万円(2020.6月期)
106億4,100万円(2019.6月期)
85億7,400万円(2018.6月期)
79億3,300万円(2017.6月期)
主な取引先 住友林業、タマホーム、日本ハウス、ポラスグループ、山根木材、創建ホーム、ライフデザインカバヤ、阪和興業、双日建材、ナイス、ジャパン建材、伊藤忠建材、SMB建材、ヤマエ久野、丸宇木材市売、王子マテリア(王子製紙)、東京電力、中部電力、中国電力、九州電力、ウェアハウザー(米国)、ストラエンソ(フィンランド) ほか
全国のプレカット工場、建材問屋、建材商社、優良工務店など
関連会社 神之池バイオエネルギー(株)(茨城県)
(株)フォレストパワー(広島県)
リージョナルパワー(株)(広島県)
(株)光プレカット(岡山市)
(株)ノースCAD(秋田県)
西九州木材事業協同組合(佐賀県)
ひろしま木材事業協同組合(広島県)
宮の郷木材事業協同組合(茨城県)
長良川木材事業協同組合(岐阜県)
(有)マルホ興産 (広島県)
弊社社長からのメッセージ 当社を志望される就活生の皆さんに向けて 弊社社長よりメッセージを配信中です。ぜひご視聴下さい。

https://www.kenja.tv/president/detkk55zb.html
SDGsへの取組み 以下の関連サイトに当社のSDGsへの取組みが掲載されています。
1)西日本シティ銀行 専用サイト「コラボラ」
 https://sdgs.ncbank.co.jp/project/62
2)広島県専用サイト「国際平和拠点ひろしま」
 https://hiroshimaforpeace.com/sdgs-and-peace/hiroshimasdgs2021/page-2-16/
沿革
  • 1953-55年
    • わが国で初めてチップ工業の企業化に成功 ('53年)
      法人化し、中国チップ工業(株)を設立(’55年)
      中国財務局より旧海軍用地の払い下げを受け、広工場開設(’57年)
  • 1967-69年
    • マルホ木材工業(株)を設立、北洋材の製材を開始(’67年)
      中国チップ工業(株)を中国木材(株)に商号変更(’69年)
      マルホ木材工業(株)を吸収合併 (’69年)
  • 1977年
    • 全工場を改造し米材・北洋材 両樹種製材体制確立
  • 1980年
    • (米)ウェアハウザー社からの原木購入始まる
  • 1984-85年
    • 大阪センター開設 (’84年)
      東京センター開設 (’85年)
      北洋材の製材を中止、米材製材専門となる (’85年)
  • 1987-89年
    • 東北センター 開設(’87年)
      名古屋センター開設(’88年)
      東海センター 開設(’89年)
  • 1990年
    • シアトル事務所(米国)開設
      岡山営業所を移転し、岡山センターとする
  • 1991年
    • 本格的な木材乾燥工場の建設着手、竣工
  • 1995年
    • ベイマツ乾燥材生産能力 倍増 
      プレカット工場(本社-呉郷原工場)竣工
  • 2000年
    • ISO9002認証取得
  • 2003年
    • 伊万里事業所開設
      ISO9001:2000に取得変更
  • 2005年
    • 本社工場内バイオマス発電所設備稼動
  • 2007年
    • 鹿島事業所(茨城県) 開設
  • 2008年
    • 三菱商事(株)との合弁事業 神之池バイオマス発電所稼動
      ISO9001:2008に取得変更
  • 2010年
    • 広島県北広島町大朝にて 北広島工場竣工
  • 2011年
    • 森林認証 PEFC FSC取得
  • 2012年
    • 鹿島工場に大断面集成材工場 竣工
  • 2014年
    • 宮崎県日向工場 国産材製材ライン稼働
  • 2015年
    • 日向工場 加工ライン、バイオマス発電所 竣工
      鹿島工場が 平成27年度農林水産祭において天皇杯受賞
      厳格な品質管理による高品質な構造用部材の生産と国産材の利用拡大が高く評価された
  • 2016年
    • 宮崎県日向工場 集成材工場 竣工
      伊万里事業所 バイオマス発電施設 竣工
      森林認証 SGEC取得
  • 2017年
    • 伊万里プレカット新工場 竣工
      ISO9001:2015に取得変更
      本社バイオマス発電施設 2号機竣工
      第64期決算で 創業以来初の売上1,000億円超達成
      年間売上高 1,009億円(経常利益79億円)
  • 2018年
    • 大阪プレカット工場 竣工
  • 2019年
    • 第66期決算で 創業以来初の 経常利益100億円超達成
      年間売上高 1,200億円 経常利益106億円
      日向工場 第二製材工場 稼働
      リフォーム・リノベーション用材「カフェ板」が2019年のグッドデザイン賞・ウッドデザイン賞を受賞。
  • 2021年
    • 春先よりコロナ禍に起因する「ウッドショック」の影響を受ける。
      秋田県及び能代市と国産材製材工場新設に向けた基本協定/立地協定を締結。能代工業団地の敷地内に製材工場、未利用材工場、乾燥・加工ライン、バイオマス発電を予定。
  • 2022年
    • 秋田県 能代工場の起工式が執り行われる(2024年春竣工予定)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 11.2年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 29.4時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.2日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 8名 64名 72名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 8名 0名 8名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 14.3%
      (7名中1名)
    • 2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修(入社後10日~14日)、安全研修、自主保全研修、階層別研修(班長・主任・係長・課長各研修)、部門部署別研修など

新入社員研修終了後、学卒定期採用者を対象とした「学卒フォローアップ研修」を毎週1回(曜日は不定)実施。新入社員研修で実施できなかった項目を補います。例えば 木材の基礎知識、経営資料(管理会計資料)の読み方、業界動向、ビジネスマナー、棚卸し演習、各部門トップによる部門紹介など 中国木材社員としてのエッセンスを学んでいきます。
学卒定期採用者は、幹部候補での採用となるため、管理技能のひとつとして早期に計数管理について学んでいただく必要があり、基礎知識として日商簿記3級及び2級の取得を推奨しています。
自己啓発支援制度 制度あり
1)全230講座にわたる通信教育受講制度有。通信教育受講料の全額または半額を会社負担します。社員ひとりひとりが各部門で能力を発揮し、業績アップに貢献できるよう会社としてもバックアップしていきます。研修終了毎、あるいは指定資格取得後に自己啓発ポイントを付与し、各自の人事考課にも反映する仕組みをとっております。自己研鑽に併せて会社全体の質を高める仕組みつくりを構築しています。講座は毎年見直しをかけており、時代の変化・テクノロジーの進化にシンクロした講座を選定しています。

講座例:「戦略型ビジネスリーダー養成コース」「社会保険労務士受験コース」「ビジネスに役立つ会計戦略」「ヒアリングマラソン(英語教材)」「これでわかるAccess基礎編・応用編」「営業成果を上げる5つの鍵コース」「通関士受験通信講座」「基本情報技術者 試験対策コース」「宅地建物取引士受験合格コース」「シーケンス制御の基礎」 など 多岐に渡ります。

2)会社で必要な資格取得は受験料を全額会社負担する場合があります。
メンター制度 制度あり
新人の学卒定期採用者については毎週末「学卒フォローアップ研修」を実施しますが、その際、人事課の若手社員がこの研修に同席、あるいは講師として参加します。研修の冒頭あるいは終了後に、この社員が業務の進捗や悩み事の相談を受ける場合があります。生活面や人間関係、業務についての相談を受け易い環境をつくっており、希望する社員には改めて面談を行い、問題解決にあたっております。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
入社直後の新入社員研修にて また 入社3~4年目の節目で人事課研修スタッフによるキャリア等に関する合宿研修(リフレッシュ研修)を1泊2日の日程で実施しています。

リフレッシュ研修では各地の配属先に散らばった同期入社生を一同に集め、新入社員研修の振り返りと仕事の忙しさを理由に見落としがちな自部門や会社の方向性・課題などに目をむけさせ、自分自身の改善目標と今後の目標を確認させる内容のキャリア研修となっております。
社内検定制度 制度あり
所属する専門技術分野での検査員資格制度あり。(自主保全・製材部・加工部などで独自の検査員資格あり)

EXCEL操作の社内検定制度あり。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
北海道大学、東京大学、筑波大学、茨城大学、奈良先端科学技術大学院大学、広島大学、島根大学、鳥取大学、高知大学、愛媛大学、九州大学、九州工業大学、宮崎大学、鹿児島大学
<大学>
北海道大学、福島大学、日本大学、東日本国際大学、筑波大学、東京農工大学、千葉大学、東京学芸大学、宇都宮大学、茨城大学、新潟大学、信州大学、慶應義塾大学、明治大学、法政大学、駒澤大学、専修大学、東京農業大学、帝京大学、東京工科大学、東京経済大学、東京富士大学、千葉商科大学、岐阜大学、静岡大学、静岡県立大学、三重大学、金沢工業大学、京都府立大学、同志社大学、立命館大学、関西大学、関西学院大学、京都産業大学、追手門学院大学、大阪産業大学、大阪学院大学、大阪経済大学、長浜バイオ大学、奈良大学、広島大学、岡山大学、山口大学、島根大学、鳥取大学、愛媛大学、香川大学、高知大学、県立広島大学、広島市立大学、尾道市立大学、下関市立大学、公立鳥取環境大学、高知工科大学、広島工業大学、広島修道大学、広島経済大学、広島国際学院大学、広島国際大学、広島文化学園大学、安田女子大学、広島女学院大学、福山大学、近畿大学、岡山商科大学、松山大学、九州大学、九州工業大学、長崎大学、佐賀大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、福岡女子大学、宮崎公立大学、福岡大学、福岡工業大学、久留米大学、東海大学、崇城大学、長崎総合科学大学、中村学園大学、九州国際大学、宮崎産業経営大学、職業能力開発総合大学校
<短大・高専・専門学校>
<専>京都建築大学校、呉工業高等専門学校、都城工業高等専門学校、有明工業高等専門学校、静岡産業技術専門学校、愛知工業大学情報電子専門学校、東海工業専門学校金山校、広島工業大学専門学校、広島情報専門学校、穴吹ビジネス専門学校、比治山大学短期大学部、広島文化学園短期大学

ワシントン大学(米国)、テネシー州大学(米国)

採用実績(人数) 大卒 (実績)
21名(2022年入社)
22名(2021年入社)
18名(2020年入社)
17名(2019年入社)
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2020年 11 7 18
    2019年 14 3 17
    2018年 10 3 13
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2020年 18
    2019年 17
    2018年 13
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2020年 2
    2019年 0
    2018年 5

採用データ

取材情報

国内トップシェアを誇る『中国木材』で躍動し続ける、木材ビジネスの今。
未来の木材市場をけん引する精鋭3人が「今」を走り続ける理由。
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp69166/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

中国木材(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
中国木材(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 中国木材(株)の会社概要