最終更新日:2021/11/22

大中物産(株)

業種

  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 商社(紙・パルプ)
  • 商社(化学・石油・ガス・電気)
  • 商社(機械・プラント・環境)

基本情報

本社
東京都
資本金
4,400万円
売上高
209億円(2021年5月期)
従業員
71名(2021年9月現在)

独立系商社として、アジアを中心に鉄鋼原料や燃料の貿易、環境リサイクルやバイオマス燃料の輸出入ビジネスを行っている複合専門商社です

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
バイタリティー溢れるメンバーが集まる職場で、自由な発想と積極性を尊重する社風がある。個性を発揮し活躍する若手社員も多く、意見交換が闊達に行われている。
PHOTO
大中物産は社員と会社の信頼関係を大切にしている会社です!当社の一番の財産は社員。自分の力を世界で試してみませんか?

素材産業の一翼を担う複合専門商社。企業と企業をつなぎ革新的ビジネスに挑戦します!

PHOTO

人とのつながりを大切にしながら、自信を持って仕事に取り組んでいます。海外事業を担当しており、最近は特にロシアビジネスの新規開拓も行っています!

[石炭コークスは国内トップクラスの取扱量]
大中物産は、鉄鋼業界・セメント製紙業界を中心に、原料や製品の販売を行っている商社です。1947年に石炭製品を扱う商社として誕生し、エネルギー革命にともない石油製品の販売を開始。その後、原料及びリサイクル資源の供給、また顧客企業の製品を販売するなど、堅実に事業分野を広げ、専門特化した関連会社によるグループの形成・強化にも努めてきました。

[大中物産は独立系の商社]
当社の特徴は、独立系商社として幅広いビジネスに取り組んでいることです。メイン商材の石炭コークスは、国内トップクラスの取扱量を誇るほか、中国のパートナー企業と共に、日本や東南アジアを中心に高品質の製鋼用黒鉛電極を販売しています。また、環境ビジネスも展開しており、鉄鋼メーカーやセメントメーカーとの太いパイプを活かし、リサイクル事業などで企業間の橋渡しの役割を担っています。更に再生可能エネルギーの一つであるバイオマス発電向けの燃料を海外から輸入し、国内のバイオマス発電所向けに販売しています。

[提案型営業を実践しています]
私たちが目指しているのは、時代の変化に即応し、顧客企業に革新的なソリューションをもたらすことができる商社です。「挑戦と革新」の信念を持ち、ユーザーの製造工程における品質向上やコスト低減に寄与する、提案型ビジネスを推し進めてきました。例えば、中国のメーカーに対して、技術協力をしながら、良質な原料の提供から販売ルートの開拓まで、トータルな投資とサポートを行っています。このように既存事業の高付加価値化を追求するとともに、ビジネスのすそ野を広げています。

[海外展開に重きを置いた教育体制]
今後もアジア圏に重きを置いた海外展開に力を入れ、海外取引の割合を6割以上に高めていく方針です。そのため英語などの語学研修は、新入社員のほとんどが受講し、実践で活かしています。さらに若手社員については、ジョブローテーションや研修などで様々な経験が積めるような体制を整えています。すべての社員が責任と自覚のなかで自由に可能性を模索し、自らを開花させていける会社です。社員が一丸となって、歴史とともに培ってきた当社の強みに磨きをかけ、さらなる事業拡大を目指したいと思います。

会社データ

事業内容
エネルギー、原料、鉄鋼資材などのコア事業に環境関連・電極・バイオマス燃料等の新たな柱となる事業を加え、「挑戦と革新」をキーワードに独自の機能・サービスを提供している自由度の高い独立系の商社です。グループにはIT関連の事業を行っている会社もあり、事業の幅を広げつつ、それぞれの会社の専門性を高めています。

【主な営業分野】
■エネルギー関連(石炭コークス・無煙炭・石油製品など)
■鉄鋼関連(電極、鉄鋼製品、製鋼原料・副原料など)
■環境関連(焼却灰リサイクル、古紙、活性炭、炭化設備など)
■バイオマス関連(ヤシ殻、木質ペレット、木質チップ)

PHOTO

活気・個性あふれる社員たちとともに、イキイキと仕事をしませんか!

東京本部郵便番号 104-0061
東京本部所在地 東京都中央区銀座4-14-11 七十七銀座ビル
東京本部電話番号 03-5550-5556
設立 1947年3月3日
資本金 4,400万円
従業員 71名(2021年9月現在)
売上高 209億円(2021年5月期)
代表者 代表取締役/田中大三
本社所在地 本  部/東京都中央区銀座4-14-11 七十七銀座ビル
事業所 東京、大阪、名古屋、福山(広島)、仙台、北京、大連、バンコク、ハノイ
関連会社 大中ビルド(株)
(株)エコテック
(株)デーコム
(株)DGバイオマスエナジー
主要取引先(国内) JFEスチール(株)、日本製鉄(株)、(株)神戸製鋼所、東京製鐵(株)、太平洋セメント(株)、住友大阪セメント(株)、三菱ケミカル(株)、コスモ石油(株)、北越コーポレーション(株)、いわき大王製紙(株) ほか多数の企業と取引があります。
主要貿易国 インド、インドネシア、オーストラリア、韓国、タイ、台湾、中国、トルコ、ベトナム、マレーシア、ロシア など
沿革
  • 1947年
    • 設立
  • 1949年
    • 石炭販売開始
  • 1953年
    • コークス販売開始
  • 1956年 
    • 生コンクリート・セメント販売開始
  • 1980年
    • 大中エー・エル・シー(株)設立 ※現・大中ビルド(株)
  • 1981年
    • 不動産事業に進出
  • 1993年
    • 建材部門が分社独立し、大中建販(株)として発足
      ※後・ダイナミック商事(株)、※現・ティーシートレーディング(株)
  • 1995年
    • ソフトウエア開発事業に進出
  • 1996年
    • 中国・北京事務所開設
  • 1999年
    • (株)デーコムに出資、グループ化
      (株)エコテックに資本参加、環境リサイクル分野へ参入
  • 2000年
    • 福山営業所開設
      アイティーエス(株)設立
  • 2005年
    • 仙台営業所開設
  • 2006年
    • ISO27001取得(情報セキュリティマネジメントシステム)
  • 2007年
    • 中国・北京市で第1回大中物産杯 日本語弁論大会開催
  • 2009年
    • IT事業をアイティーエス(株)に統合 ※現(株)帝国データバンク情報システム
  • 2010年
    • 木更津出張所開設
  • 2012年
    • タイ・バンコク事務所開設
  • 2013年
    • 中国・大連事務所開設
  • 2018年
    • ベトナム・ハノイ事務所開設
  • 2019年
    • (株)DGバイオマスエナジー設立

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.2年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.5日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度

先輩情報

海外と仕事ができる
M.S
2020年
23歳
関西外国語大学
外国語学部
東京支店営業部
貿易実務全般を担当、又海外のお客様とのコミュニケーション
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

大中物産(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ