最終更新日:2022/9/21

(株)池下設計

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 建築設計
  • 設備工事

基本情報

本社
東京都
PHOTO

成長できる場所がある会社

M.N
2016年
芝浦工業大学
工学部 建築学科
東京本店 技術グループ
建築情報の図面化

現在の仕事内容

私は建築工事の現場事務所内で、施工するための図面(施工図)を作図しています。
その他にも、製作図と呼ばれる専門工事業者からあげられてくる図面のチェック等を行っています。
それらの図面は単体で成り立つわけではなく、それぞれが関係し合っています。
例えば、壁一つをとっても設備の配管や建具の位置、躯体等、別々の図面に書かれています。
それぞれの図面が整合性を取れるように打合せを行い、情報をまとめることで、実際に施工できるように道筋をつくるのが私の仕事です。この仕事の本質は図面を描くことそのもではなく、情報をまとめることにあります。それがこの仕事の大変さであり、できたときにはやりがいになります。


今の仕事のやりがい

■自分の仕事を認められたこと
私は一年目にBIM関連の業務に携わっていました。そして、1年目最後の3ヶ月で大手ゼネコンにてそれまでのBIMノウハウを活かして現場事務所のサポートや指導をしました。私より明らかに目上の方々にBIMの使い方を指導したときは私のそれまでの仕事や努力が認められたようで嬉しかったです。また、現場事務所に出てからは事務所内の人間に信頼して仕事を任せてもらえたことが嬉しかったです。私の仕事は自ら成長すればその分だけ周りの態度や仕事内容が変わります。それがこの仕事の厳しいところでもあり、楽しいところです。


この会社に決めた理由

私がこの会社に決めたのは、大学の授業で施工図の仕事を知ったところから始まります。その頃の私は意匠設計がほとんどの図面を描いていると思っていました。しかし、実際には多種多様な図面を描く仕事があり、細かい納まりは生産設計(施工図)が決めていることを知りました。そこで「細かい納まりを決められるような設計者が一番建築を知っているのではないか」そう思った私が池下設計のインターンシップで研修を受けたことが、入社の決め手になりました。その中でCAD操作や建築を学び、私自身が成長できる企業だと思ったからです。実際に現場で働いてその思いは強くなりました。


当面の目標

■資格の取得
私の当面の目標は「一級建築士」の資格を取得することです。
実際のところ資格を持たずにこの仕事をされている方も多くいて、実務の上で資格そのものが必要となる場面もほとんどありません。しかし、資格勉強で得た知識が実務で使えることもあり、打合せ時や作図している図面にも説得力が増すため取ろうと考えています。また、仕事をしながら資格を取るのは学生の時とはまた違う難しさがあります。試験自体の難易度も高いため、持っているだけで得意先や同業他社の人間からの評価が上がるものです。また、当社でも資格を取得するとボーナスが出ます。そのため私は取ろうと考えています。


学生の皆さんへ

■就職活動について
最初のうちは本当に就職したい企業だけを受けること。その企業に受かるためのあらゆる対策にどれだけ時間をかけられるかで合否が変わることもあります。自身のモチベーションも変わります。私のような緊張しがちな方は面接の練習することも大切です。試験対策のと同じように努力の仕方は個人ごとに異なります。そのため、自分自身の考えを大切にして後悔の無いように就職活動してください。
■多種多様なキャリア
会社の中には他にも「意匠設計」や「施工管理」、「営業」などの職種がありキャリアは実に様々です。
さらに、生産設計も2Dから3D(BIM)に移り変わる過渡期に入っているため生産設計の業務にも変化が出てきています。そのため建築に関する様々なことを経験したいという方にとって当社は向いていると思います。


トップへ

  1. トップ
  2. (株)池下設計の先輩情報