最終更新日:2022/5/23

東洋器材(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 商社(電子・電気機器)
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 商社(精密・医療機器)
  • 商社(通信)
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
資本金
3,000万円
売上高
65億円(東洋器材香港有限公司含む)2020年実績
従業員
44名(東洋器材香港有限公司含む)

【5月説明会日程追加!】【スピード選考】もっとあたらしい明日は「器」から

  • 積極的に受付中

【5月説明会日程追加!】専門商社に興味ある方は是非ご応募ください! (2022/05/23更新)

PHOTO

東洋器材(株)採用担当です!

★5月説明会日程追加★
是非説明会(WEBor対面 選択可!)までお越しくださいませ!

皆様にお会いできることを楽しみにしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
私たち東洋器材は、創業から半世紀を迎えるエレクトロニクスの専門商社です。2006年には香港に現地法人を設立し、グローバルなビジネスを拡大させています。
PHOTO
当社は、日々お客さまの満足を追求することで、確かな信頼関係を築いています。エレクトロニクスの最前線でビジネスを動かす楽しさをぜひ味わってください。

生活や社会に欠かせない、さまざまな電子機器のモノづくりを支えています!

PHOTO

山田さんは2013年入社。27歳のときに香港子会社へ異動し、のちに総経理へ就任。5年間の海外生活を経て帰国し、現在は副統括として営業部門を率いている。

◆エレクトロニクスの専門商社として50年
東洋器材は2023年に設立50周年を迎える、エレクトロニクス分野に特化した専門商社です。メインの商材は、車の制御装置や家電などの電子機器・電気製品に組み込まれている電子部品。機器を正しく動かすために必要な、まさに“心臓部”といえる重要な部品です。お客さまのビジネス領域は多岐にわたっており、自動車、家電、デジタル、医療・健康、エネルギー、セキュリティ、アミューズメントなど幅広い分野のモノづくりを部品調達のスペシャリストとして支えています。
私たちが大切にしていることは、「満足の追求と期待の探求」です。お客さまのニーズにしっかりと寄り添い、「求めているものは何か?」「満足とは何か?」をとことん考え、市場動向を踏まえながらお客さまにとっての最適な提案をしています。その内容は実に多彩で、電子部品を販売するだけでなく、倉庫業務や購買業務を丸ごと請け負ったり、海外の部品メーカーとの橋渡し役を担ったり、新製品の開発を研究段階からサポートしたり、電子部品の輸出入を代行するなど、さまざまなソリューションを提案し形にしています。

◆社員のチャレンジを後押しする社風
営業の醍醐味は、エレクトロニクスの最前線に立ってビジネスを創出し、ダイナミックに動かせること。お困りのお客さまをサポートできたときや、サポートしたお客さまのモノづくりが完成期を迎えて新製品が世に出たときなどには、この上ない喜びと達成感が得られます。また、グローバルにビジネスを展開する当社には海外赴任の機会も豊富にあり、意欲があれば若手のうちから海外で活躍するチャンスにも恵まれます。長くキャリアを積み上げるための環境も整っており、産休・育休、時短勤務制度はもちろん、希望すればライフプランに合ったポジションへの異動も可能です。出産や育児を経た女性社員の仕事復帰率は100%という実績もあります。
当社での仕事は、コミュニケーションがとても重要になります。だからこそ私たちは、チームワークを活かしつつ、仕事への興味・関心と向上心を持って活躍いただける方との出会いを大いに期待しています。
現在、エレクトロニクス市場は世界的にニーズが高まっており、当社の活躍の場も年々広がっています。皆さんにも、ビジネスを創る面白さを当社で思う存分味わっていただきたいと思います。
<山田 翔太郎/営業部 副統括>

会社データ

プロフィール

東洋器材は1973年の設立以来、常に最新の情報と最先端技術の電子部品をお客様にお届けしております。
近年、益々多様化するニーズに対し、独自ネットワークで国内、外メーカーを網羅し、ご要望を最大級で満たす商品提案でお応えし続けています。
部材調達のスペシャリストとして、お客様の「資材部」となり、コスト低減目標達成へ向け、部品購買代行業務も拡充しております。
さらに、国内・外のパートナー工場で生産するEMS事業は、全てのニーズに的確にお応えする高品質製品のご提供で、高い信頼と評価を頂戴しております。
自動車・スマートグリッド・エネルギー・セキュリティー・医療器・ヘルスケア・アミューズメントなど絶え間なく展開するマーケットに対し、常に先を見据えて、革新的で、斬新、挑戦的なご提案を示し、新しい風を送り続けることをお約束します。

事業内容
■販売事業
お客様の電子部品調達におきましても、東洋器材では独自の所用予測を展開する専門部署「Order and Adjustemt Dept」が、大塚商会との共同開発された受注予測をもとに欠品や手配ミスを防ぐ「Smile」を用いた万全の供給システムで、スピーディーに品質とセキュリティーを確立した商品を国内外のネットワークからデリバリーを可能にしております。

■EMS事業
国内及び海外における協力工場のもと、製品の開発から生産に至るまでの一貫した高付加価値ソリューションを、当社部品調達力を生かし提供いたします。お客様のセットの生産LOTにあった協力工場を選定しお手伝いいたします。
本社郵便番号 158-0083
本社所在地 東京都世田谷区奥沢2-26-3
本社電話番号 03-5731-6720
設立 1973年10月
資本金 3,000万円
従業員 44名(東洋器材香港有限公司含む)
売上高 65億円(東洋器材香港有限公司含む)2020年実績
事業所 松本営業所
長野営業所
九州営業所
主な取引先 (株)サーキットデザイン
アンリツ(株)
(有)インテグレイション
ラ・ヴィータ(株)
(株)アルプス物流
(株)スータブル・ソリューションズ
関連会社 東洋器材(香港)有限公司
沿革
  • 1969年11月
    • 有限会社東洋電子商亊設立
  • 1973年10月
    • 株式会社に組織変更 東洋器材株式会社設立
  • 1977年4月
    • 代表取締役社長に山田耕治郎就任
  • 1985年10月
    • 東北営業所開設
  • 1995年5月
    • オフィスT&Uヘ本社移転
  • 1996年4月
    • 代表取締役社長に山田豊行就任
  • 2000年2月
    • 長野営業所開設(現: 松本営業所)
  • 2000年4月
    • 世田谷区奥沢へ本社移転
  • 2005年2月
    • ISO14001 本社にて取得
  • 2006年8月
    • 香港支店開設
  • 2007年8月
    • 東洋器材(香港)有限公司設立
  • 2011年11月
    • 長野営業所 松本市へ移転
  • 2013年5月
    • 本社アネックス完成
  • 2015年10月
    • 九州営業所開設
  • 2017年4月
    • 新設 長野営業所 開設(長野市)

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15時間
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
■新入社員研修
■PCスキル研修
■英会話研修
■ビジネススキル・マナー研修
■商品知識研修
■ビジネスマインド研修(7つの習慣 等)
■立候補での研修参加制度
自己啓発支援制度 制度なし
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
大阪学院大学、関東学院大学、中央大学、日本大学、北星学園大学、立正大学、立教大学、上智大学、法政大学、横浜市立大学、明治大学、同志社大学

採用実績(人数) 2021年:採用実績なし
2020年:大卒1名
2019年:大卒1名
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 0
    2020年 1
    2019年 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp72354/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

東洋器材(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 東洋器材(株)の会社概要