最終更新日:2022/3/1

クオリカ(株)【TISインテックグループ】

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • インターネット関連

基本情報

本社
東京都

特集記事

女子学生ナビ

営業と技術。それぞれの仕事で実現した“自分流の働き方”

充実のシゴトスタイル

PHOTO

柔軟性のある働き方で仕事とプライベートを両立

確固たる経営基盤のもと、事業分野でもいくつかの得意分野を持つクオリカ。同社では数多くの若手社員が多彩な分野で活躍している。営業職と技術職、2人の先輩社員に入社動機や仕事内容、日々の働き方などを伺った。

■K.M.さん【営業職】
サービスクリエーション事業部 外食ビジネス部
2018年入社/経済学部経営法学科卒

■K.H.さん【技術職】
インダストリービジネス事業部 インダストリービジネス3部
2018年入社/家政学部家政経済学科卒

必要な技術を勉強しながら、企画力と提案力でお客さまの課題を解決!

「最適なソリューションを提案するには、お客さまの業態に関する知識が欠かせません。それを勉強することも、営業の楽しさの一つだと思います」(K.M.さん)

就職活動では、営業職で幅広い業界を検討していました。なかでも注目したのは、将来性のあるIT系企業。応募した数社の中で、雰囲気が最も自分に合っていると感じたのが当社でした。社員がとても穏やかな印象で、オフィスも明るく清潔、ここなら気持ちよく安心して働けると思いました。

営業職の新入社員研修は約2カ月。基本的なビジネススキルのほか、会社が奨励している「基本情報処理技術者」資格に準じたITの基礎を学びました。基礎とはいえ、情報系の知識がなかった私には全てが新鮮でしたね。

配属先はサービスクリエーション事業部の外食ビジネス部門。外食チェーンを展開しているお客さまに、自社開発の店舗管理ソリューション「TastyQube」を提案販売しています。これはPOSアプリの提供にはじまり、売り上げ管理・食材管理・勤怠管理、さらには客数予測、適正発注などを実現する利便性の高いシステム。お客さまのニーズに合わせ、仕様をヒアリングし、カスタマイズして提供しています。

担当しているのは、居酒屋やファミリーレストランなど13社。既存のお客さまを定期訪問して課題をヒアリングし、「TastyQube」を使った解決策を提案します。時には関連する他社サービス製品を紹介しますし、パソコンやネットワーク機器などのハードウエアを紹介することも。プロジェクトの期間は短期的な案件から半年以上の案件もあります。また、並行して新規のお客さまも開拓しています。営業の役割は、提案から導入後の運用まで責任を持ってお客さまの窓口や管理を実施する事です。受託してからは機能追加や運用テストなどが頻繁にあるので、技術担当との連携も欠かせません。

忘れられないのは、2年目に担当した某カフェチェーンさまのプロジェクト。在庫管理を効率的に行うため、既存の他社システムに「TastyQube」を連携させるという内容でした。課題となっていたネットワーク部分については、営業の私自身が中心となって基本的な仕様を検討。勉強することが多く大変でしたが、開発したシステムがお客さまから高く評価された時はとてもうれしかったです。

営業職の魅力は、仕事の幅が想像以上に広いことです。自社のソリューションパッケージを提案するだけでなく、お客さまの要求にマッチするなら、他社のソフトやサービスも組み合わせていく。企画力や提案力が求められる点に、仕事のやりがいを実感しています。
(K.M.さん)

担当は業務改善プラットフォーム。多彩なお客さま、多様な開発案件が魅力

「クオリカには誰にでも働きやすい環境が整っていて、制度も充実しています。そういう部分も、魅力の一つですね」(K.H.さん)

私は業界を絞らずに就職活動を始め、数社のインターンシップに参加するうちに、IT業界の営業職に魅力を感じるようになりました。結果的に30社ほどの面接を受けましたが、最も惹かれたのがクオリカです。事業分野が幅広く、社員は技術でも営業でもお客さまとの接点が豊富。入社後は、さまざまな経験を通じて成長できると思いました。

意外にも配属先は技術系でしたが、新しいことに挑戦できるのでためらいはなかったですね。技術研修ではわからないことが多くて苦労しましたが、同期には文系出身者が大勢いたので、お互いに助け合いながら学ぶことができました。終了時にはJavaでのプログラミングを習得。仕事に対する不安はほぼなくなりました。

配属先は、多様な業界のお客さまをサポートするインダストリービジネス3部。同部署は新規のお客さまに比較的小規模なソリューションを提供し、将来的に大きな規模へと成長させていく役割を担っています。私が開発を担当しているのは、多くの企業で使われている業務改善プラットフォーム。開発者がプログラミングによってさまざまな業務アプリを開発できる、汎用のクラウドサービスです。私は営業から受け継いだ案件の内容から提案書を作成し、実現できる機能を一つひとつ設計。以降は実装、テスト、お客さま先での導入・保守まで、全ての工程に携わります。

そのサービスは、営業管理、ワークフロー作成、文書管理システム構築など、お客さまのニーズに応じて必要な機能を追加していける柔軟性が大きな特徴。技術者には「何ができて何ができないか」というプラットフォームへの理解と、スケジュールを厳守することが求められます。最初のうちは先輩に助けられながらの開発でしたが、4年経った現在は、ほぼ全ての開発要件を経験済みです。そのサービスの案件については、社内でも1、2を争うエンジニアになったと自負しています。

開発業務の面白さは、多種多様な業界・業種のお客さまと仕事ができること。設計前のヒアリングや開発途中のミーティングを通じ、それまで知らなかった業界について詳しくなれることが楽しいですね。コンビニ商品のパッケージデザインを管理するシステムを作った時は「世の中にこんな業界があるんだ」という驚きがありました。
(K.H.さん)

ワーク・ライフ・バランスを重視した取り組みで、プライベートタイムも充実

ワークスタイルは、席を固定しないフリーアドレス、服装はオフィスカジュアルが基本。クオリカは社員の自立した働き方による生産性の向上を目指している。

クオリカには若手の社員が成長しやすい環境と、働きやすい環境が整っています。休日休暇・福利厚生・教育制度などは、TISインテックグループ基準の充実した内容。私は営業力向上を目的に、プレゼンテーションや提案書作成、ロールプレイング研修などを受けました。最近は自宅で学べるオンライン講座も受講しています。また、福利厚生面でありがたいのは住宅手当ですね。住んでる地域等の条件により異なりますが、私の場合は月額4万5,000円を支給されています。

注目していただきたいのは、ワーク・ライフ・バランスを重視した数々の取り組み。産休や育休、短時間勤務制度のように、仕事と家庭の両立を支える制度が整っていることはもちろんですが、独身の社員もしっかりプライベートタイムを確保できます。私が活用しているのは、コアタイムありのフレックスタイム制と「@ホームWork制度」と名付けられた在宅勤務制度。リモートによって浮いた通勤時間は、趣味のヨガにあてています。

働く上での恵まれた環境は、社員のモチベーションを高める重要な要素。今後もお客さまとのグリップを強め、より懐に入り込んだ営業を行っていくつもりです。
(K.M.さん)

私が実感しているクオリカの魅力は、社員一人ひとりの自主性が尊重される大らかな社風です。現在担当している案件の開発では、基本的にスケジュール管理を担当者が行うので、周囲から必要以上にプレッシャーを受けることもありません。自己管理さえできれば自分のペースで仕事に取り組むことができます。

所属部署にもよりますが、コロナ禍以降は働き方そのものが変わりました。私の場合、以前は毎日出社していましたが、今は在宅勤務が基本。お客さまや開発メンバーとのミーティングも全てWeb会議で行っているので、年に数回しか出社していません。静かな環境で開発に専念できるので、自分にはこの仕事スタイルがとても合っていると思います。通勤時間が完全にゼロになったので、仕事以外の時間を家でのんびりと過ごせるのもうれしいですね。

今の仕事で必要なわけではありませんが、最近、英語の勉強を始めました。当社にはグローバル展開されているお客さまも多いので、いつか役に立つかもしれません。私は長期的な視点で自分の将来を考えられることも、当社のいいところだと思っています。
(K.H.さん)

学生の方へメッセージ

就職活動では会社のことを事前に研究することも大切ですが、私は説明会や会社訪問で感じた“社内の雰囲気”を重視していました。直感のようなものなので説明は難しいのですが、先輩社員と話したときに、話をする様子や態度から仕事に対する思いや熱意が染み出ていたのです。私はここからクオリカの穏やかな社風を確信し、入社を決めました。会社の雰囲気は、リモート形式の説明会でも注意していればつかめるはず。そのためにも説明会や懇親会に参加し、できるだけ多くの先輩社員と実際に話してみましょう。(K.M.さん)

入社前は自分が就く仕事についてあれこれ想像を巡らしますが、実際の仕事内容は体験してみるまでわからないものです。私も入社前は営業職に就くと思っていましたが、配属先は技術職でした。私は提案書作成を行うことがあり、営業に近い業務を担当しています。会社が適性を見て配属先を考えてくれた結果、私はベストな方向に進むことができました。入社前に何をしたいかを考えることも大事ですが、入社後に何ができるかを考える方が大切だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。(K.H.さん)

※記載の組織名称は取材当時(2022年1月現在)のものです。

PHOTO
クオリカの持ち味は社員の結束力。お客さまの要望をくみ取るコミュニケーションと、チーム全体でソリューション開発に取り組む一体感を重視している。

トップへ

  1. トップ
  2. クオリカ(株)【TISインテックグループ】の取材・特集