最終更新日:2022/6/30

西川ゴム工業【東証スタンダード市場上場】

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • タイヤ・ゴム製品
  • 自動車・自動車部品
  • 化学
  • 建材・エクステリア

基本情報

本社
広島県
資本金
33億6,448万円(2020年3月末現在)
売上高
409億3,700万円(単体) 802億3,400万円(連結) (2021年3月期実績)
従業員
1,405名(2021年3月末現在)

業界トップシェア! 卓越したシール&フォームエンジニアリングで、世界中のお客様に「快適」をお届けする企業グループを目指します。

  • 積極的に受付中

☆追加募集のおしらせ (2022/06/30更新)

PHOTO

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ようこそ!西川ゴム工業へ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

現在2023年度採用エントリーを受付中です。
 
近日,2023年度採用 営業職の追加募集を行う予定にしております。

正式な申込方法等については,近日中にエントリー頂いている方へご連絡します。
もうしばらくお待ちください。

それまでは、採用HPページ等の先輩社員からのコメントや採用・会社概要等の情報をご覧下さい。
URL:https://nishikawarbr-recruit.com/

ご応募お待ちしております!

西川ゴム工業株式会社 人事部(採用担当)

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
主力製品は自動車用シール材です。これは車のドアを開けた時に、ドア側、ボディー側に組み付けてある黒いひも状のゴムで、ウェザーストリップと呼びます。
PHOTO
ウェザーストリップは、風や雨、音などの浸入を防ぎ、車内空間を快適に保つためには不可欠です。難易度の高いオープンカーのシール設計は、弊社の腕の見せ所です!

世界レベルの「シーリングシステム&フォームエンジニアリング」カンパニー

PHOTO

最上階には海外来賓を迎える茶室、屋上には庭園を設け、文化面、環境面にも配慮した本社屋。

~ 半世紀に亘り蓄積された技術で“快適さ・優しさ・安心”を世界へ ~

・「快適さ」の提供
弊社の主要製品は“ウェザーストリップ”と呼ばれるものです。
あまり馴染みのない名前だとは思いますが、自動車の車内に浸入する風雨やホコリ、騒音を防ぎ、ドライビング空間を「快適」な環境に保つ為には欠かせない自動車用ドアシール製品です。
弊社ではそのウェザーストリップで国内全ての自動車メーカー様とお取り引きさせて頂き、国内では業界トップシェアを誇っています。
(シェア49%、2020年度マークラインズ自動車販売データより自社調べ)

・「優しさ」の提供
弊社では環境への「優しさ」を考慮し、製品を発泡(フォーム)させることで軽量化させ、自動車の燃費向上へ貢献する等、環境への影響を抑えたモノ作りに取り組んでいます。また産官学連携による廃棄ゴムのリサイクル化の取り組みにより「リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞」も受賞しました。

・「安心」の提供
ウェザーストリップは普段は意識されることの少ない製品ですがその求められる機能は密封性や遮音性、ドア閉じ性等、多岐に渡りその機能を満足させるには高度な技術力を必要とします。
弊社は設立から半世紀に亘り、その得意とするシール(密封)技術とフォーム(発泡)技術を蓄積し、更にその技術で実際にモノ作りを行う生産技術を進化させてきました。その結果、今では国内外の自動車メーカーから“技術の西川”と評され「難しいシール製品は西川ゴムに頼めば大丈夫」と言われるほど高い信頼を獲得し、お客様に「安心」を提供しています。

弊社は現在アメリカ、タイ、インド、中国、メキシコ、インドネシア、南アフリカといった国々へ事業展開しており、その技術力を活かして更なるグローバル化を加速させています。

会社データ

プロフィール

弊社は1934(昭和9)年に広島で創業を開始した老舗のゴムメーカーです。

創業当初から発泡技術を活かしたスポンジゴムにこだわりを持ち、戦後その技術を活かして自動車用シール業界へ進出、その優れた技術で国内全ての自動車メーカー様と取引を行い、自動車用シール製品のトップシェアを誇るまでに成長してきました。

これはひとえに“己の立てる所を深く掘れ そこに必ず泉あらん”というニーチェの言葉を基本行動指針として、半世紀もの間、弊社の強みであるフォーム(発泡)技術とシール(密封)技術を掘り下げてきた結果です。

また現在では、それらの技術を生かして、住宅の外壁の隙間を密封するガスケット等、さまざまな分野へと進出しています。

このニーチェの言葉である基本行動指針、そして自己の専門分野を掘り下げていくというDNAは現在の社員へも脈々と受け継がれ、そしてその活躍のフィールドは世界へと広がっています。

事業内容
・自動車用シール材・住宅・土木関連製品の設計・開発、製造、販売
 (ゴム、プラスチック等の高分子製品の開発、設計、製造、販売)

 1.自動車関連製品  自動車用ドアシール製品 等
            ※ 業界トップシェア!(国内シェア51%) 
            ※ 国内の全自動車メーカー様と直接取引(Tire1)
 2.住宅関連製品    住宅用外壁目地材ガスケット 等
 3.土木関連製品   耐震用ジョイント 等

<当社の関係取引先企業>
#トヨタ、#ホンダ、#日産、#SUBARU、#マツダ、#スズキ、#ダイハツ

PHOTO

自動車関連製品以外にも「密封」&「発泡」技術を活かした製品をご提供しています。

本社郵便番号 733-8510
本社所在地 広島県広島市西区三篠町2丁目2番8号
本社電話番号 082-237-9371(代表)
創業 1934(昭和9)年12月1日
設立 1949(昭和24)年4月26日
資本金 33億6,448万円(2020年3月末現在)
従業員 1,405名(2021年3月末現在)
売上高 409億3,700万円(単体)
802億3,400万円(連結)
(2021年3月期実績)
事業所 ・工場  広島県 4カ所
    (安佐北区白木町、安佐町、安芸高田市吉田町、三原市沼田西町)
・営業所 横浜、宇都宮、浜松、名古屋、大阪、広島
・出張所 山口
・支店  英国 メリデン
関係会社 【国内関係会社】
西川物産(株)
(株)西川ビッグオーシャン
(株)西川ゴム山口
(株)西和物流
西川デザインテクノ(株)

【海外関係会社】
(アメリカ)ニシカワ・オブ・アメリカ,Inc.
(アメリカ)ニシカワ・クーパー LLC
(タイ)ニシカワ・タチャプララート・クーパー Ltd.
(中国)上海西川密封件有限公司
(中国)広州西川密封件有限公司
(中国)西川ゴム(上海)有限公司
(中国)湖北西川密封系統有限公司  
(インドネシア)ピーティー.ニシカワ.カリヤ.インドネシア
(メキシコ)ニシカワ・シーリングシステム・メキシコ S.A de C.V.
(インド)エイエルピー・ニシカワ・カンパニー Ltd.
(イギリス)NISHIKAWA RUBBER CO.,LTD.Europe Branch
(南アフリカ)ALP AFRICA (PTY) LTD.
主な取引先(五十音順) アイシン精機(株)、旭化成ホームズ(株)、アストン・マーチン、いすゞ自動車(株)、(株)小糸製作所、ゴムノイナキ(株)、(株)SUBARU、ジャガー・ランドローバー、ショーボンド建設(株)、スズキ(株)、積水化学工業(株)、積水ハウス(株)、ゼネラル・モーターズ、ダイハツ工業(株)、大和ハウス工業(株)、テスラ・モーターズ、デルタ工業(株)、(株)デンソー、(株)豊田自動織機、トヨタ自動車(株)、トヨタ紡織(株)、トヨタホーム(株)、(株)ニシヤマ、日産自動車(株)、日野自動車(株)、フコク物産(株)、パナソニック ホームズ(株)、ヒノマル(株)、フェラーリ、本田技研工業(株)、前澤化成工業(株)、マセラティ、マツダ(株)、ミサワホーム(株)、三菱自動車工業(株)、三菱電機(株)、三菱ふそうトラック・バス(株)、八千代工業(株)、ヤマハ発動機(株)、UDトラックス(株)、(株)レニアス 他
平均年齢 全体:44.7歳
男性:45.6歳 女性:40.1歳 
平均勤続年数 全体:20.2年
男性:21.3年 女性:14.1年
社是 正道:我々は 常に正道に立って社業を運営し 会社の真の発展は 社会の福祉世界の進運に寄与しうるものでなければならない

和:我々は 共に会社の根幹であることを認識して「和の心」をもって相寄り相助け互いに善意と良識をもって一致協力することが 何より大切である

独創:我々は 企業の生命が独創と意気にあることを認知して 自らの仕事に誇りと責任を持ち また反面事を処するに当っては 謙虚な気持でこれに向わねばならない

安全:我々は 各個人の幸福が 会社全体の繁栄を基盤にして初めてきずかれることを知りすべて会社の組織を重んじ 規律に従い冗費を省き 災害防止に万全を期し もって堅実にしてまじめな また自由にして秩序正しい社風を培ってゆくことが必要である
経営理念 己の立てる所を深く掘れ そこに必ず泉あらん
基本行動指針 1.企業統治と企業の社会的責任
  国内外の法令・社会規範を遵守し、適正な企業統治により社会的責任を果た
  し、全社員が公正で高い倫理観に基づいて行動し、社会から信頼される企業
  市民を目指します。
2.持続可能な社会への貢献
  地球温暖化物質・環境汚染物質などを監視し、省資源活動に努め、再資源化
  を推進し、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組み、地球環境の保全に取り
  組みます。
3.独創・挑戦
  常に新しい価値を創造する為に失敗を恐れず挑戦し、社会との調和ある成長
  を基本に、世界のシール業界をリードする存在を目指します。
4.品質と技術で競争優位の確立
  ”良品しかできないモノづくり”を目指し、お客様の期待を超える品質と技術
  により、確固たる競争優位を確立し、お客様満足の最大化を追求します。
5.企業風土の継承
  人材をはじめ設備や製品など全ての経営資源に敬意を払い、常に感謝の気持
  ちと思いやりを大切にし、全社員が「和の心」をもって”堅実にしてまじめ
  な、また自由にして秩序正しい”社風を培い、継承し、あらゆる環境変化に全
  員で柔軟に対応できる「しなやかでたくましい会社」であり続けます。
6.安全衛生と成長
  当社グループで働くすべての人は安全を最優先し、人権を尊重し、差別の無 
  い職場で、心と体の健康増進に努め、個人の幸福と企業の成長の為、自己研 
  鑽(じこけんさん)に努めます。
2025年中長期経営計画 西川ゴムグループ2020年ビジョン最終年度は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により自動車業界においても全世界での減産や操業停止を余儀なくされ、大変厳しい状況となりました。そのため、残念ながら当初掲げておりました数値目標の連結売上高1,000億円・連結営業利益率10%・連結総資産営業利益率(ROA)10%は未達に終わったものの、この10年間で海外市場への成長戦略を重点的に展開した結果、当社グループは連結売上高で1,000億円に迫る企業に成長いたしました。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が未だ収束しない中、当社グループは未達となりました数値目標を再度掲げ、更にSDGs/ESGの非財務目標を加え、新たな中長期経営戦略として「西川ゴムグループ 2025年中長期経営計画」を設定いたしました。今後は当社グループが対処すべき経営課題を解決すべく、中長期経営方策を展開し、企業価値の向上を目指します。
グループスローガン しなやかでたくましい会社
Flexibility and Vitality
沿革
  • 1934年12月
    • 現本社所在地に西川護謨工業所として創立
  • 1949年 4月
    • 西川ゴム工業(株)に改称
  • 1963年 9月
    • 白木工場(広島市安佐北区)を建設
  • 1968年10月
    • 安佐工場(広島市安佐北区)を建設
  • 1980年 8月
    • 吉田工場(安芸高田市)を建設
  • 1986年 9月
    • ニシカワ・スタンダード・カンパニー(アメリカ:現ニシカワ・クーパー社)を設立
  • 1989年3月
    • ニシカワ・オブ・アメリカ社(アメリカ)を設立
  • 1990年 2月
    • 三原工場(三原市)を建設
  • 1991年11月
    • 広島証券取引所に株式上場
  • 1995年 8月
    • ニシカワ・タチャプラ ラート・ラバー社(タイ:現ニシカワ・タチャプラ ラート・クーパー社)を設立
  • 1996年 7月
    • 「ISO9001」の認証を取得
  • 1996年 7月
    • アナンド・ニシカワ社(インド:現エイエルピー・ニシカワ社)に資本参加
  • 1997年10月
    • 「QS9000」の認証取得
  • 1998年 7月
    • 欧州支店(イギリス バーミンガム市:現ウォリックシャー市 メリデン)を設立
  • 2000年 3月
    • 東京証券取引所 第二部に上場
  • 2001年12月
    • 上海西川密封件有限公司(中国)を設立
  • 2002年10月
    • 本社と4工場で「ISO14001」の認証を取得
  • 2004年 6月
    • 広州西川密封件有限公司(中国)を設立
  • 2005年11月
    • 「ISO/TS16949:2002版規格」の認証を取得
  • 2007年4月
    • 姉妹会社 西川化成(株)がジー・ピー・ダイキョー(株)と合併し、ダイキョーニシカワ(株)へ社名変更。
  • 2011年11月
    • ニシカワ・クーパー・メキシコ社(メキシコ)を設立
  • 2012年12月
    • ニシカワ・カリャ・インドネシア社(インドネシア)を設立
  • 2017年6月
    • 代表取締役会長に西川正洋 就任、代表取締役社長に福岡美朝 就任。
  • 2019年2月
    • 湖北西川密封系統有限公司(中国)を設立
  • 2019年8月
    • 南アフリカのALP AFRICA (PTY) LTD.へ出資(JV)。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 20.2年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 11時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 6名 36名 42名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 6名 3名 9名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 1.9%
      (157名中3名)
    • 2020年度

    過年度実績   年度   比率 2018年度 3.19%(6名/188名中) 2019年度 3.20%(6名/190名中)

社内制度

研修制度 制度あり
【新入社員】導入教育、工場実習、専門教育(※教育センター有り(モノ作りの知識付与と実習訓練)
【OJT】能力開発制度
【Off-JT】階層別教育、職掌別教育、諸改善活動、各種専門教育 等
【留学制度】国内(技術短期大学留)、海外(米国語学・米国関連会社実務研修)
自己啓発支援制度 制度あり
西川ゴムグループ通信教育 5月開講、10月開講
受講コース毎に修了奨励金支給 (受講料の50%~70%)
語学コース(2019年度:100%支給)
グループ受講奨励制度
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度あり
配属前キャリア相談(大卒新入社員配属前) 
社内検定制度 制度あり
ロール士(ゴム精錬作業資格)
計量士(計量機器検定士)
IATF16949内部品質監査員

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
愛媛大学、大分大学、大阪工業大学、岡山大学、岡山理科大学、香川大学、関西大学、九州大学、九州工業大学、九州産業大学、近畿大学、熊本大学、県立広島大学、芝浦工業大学、島根大学、東京農工大学、東北大学、鳥取大学、名古屋大学、奈良女子大学、日本大学、広島大学、広島修道大学、広島市立大学、北海道大学、山口大学
<大学>
愛知大学、宇都宮大学、愛媛大学、大分大学、大阪大学、大阪工業大学、岡山大学、岡山商科大学、岡山理科大学、香川大学、金沢大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、関東学院大学、北九州市立大学、九州大学、九州産業大学、京都産業大学、京都府立大学、近畿大学、熊本大学、慶應義塾大学、県立広島大学、高知大学、神戸大学、國學院大學、駒澤大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、下関市立大学、首都大学東京、上智大学、成城大学、西南学院大学、拓殖大学、中央大学、帝京大学、東京電機大学、東京農業大学、東京理科大学、東洋大学、鳥取大学、同志社大学、名古屋大学、名古屋工業大学、二松学舎大学、日本大学、姫路獨協大学、広島大学、広島経済大学、広島工業大学、広島修道大学、広島市立大学、広島女学院大学、福岡大学、福岡工業大学、佛教大学、法政大学、松山大学、三重大学、明治大学、安田女子大学、山形大学、山口大学、山梨学院大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、流通科学大学
<短大・高専・専門学校>
大島商船高等専門学校、呉工業高等専門学校、徳山工業高等専門学校、広島商船高等専門学校、広島県立技術短期大学校(専門課程)

採用実績(人数)  入社年度   大学院了 学部卒 短大卒      
2017年(H29)   2名   10名  ―
2018年(H30)   3名   10名  1名
2019年(H31)   5名   10名  ―
2020年(R2)    4名   11名  1名
2021年(R3)    3名   11名  ―
2022年(R4)    7名    4名  ―(入社予定)
採用実績(学部・学科) 理学部(応用化学科、化学・地球科学科、生物・化学科、動物学科)
工学部(機械工学科、機能材料工学科、応用化学科、生物化学工学科、知的情報システム工学科、電気工学科、機械システム工学系、知能機械工学科、化学生命系学科)
化学生命工学部(化学・物質工学科)
環境理工学部(環境管理工学科)
総合理工学部(物質科学科)
知的財産学部(知的財産学科)
情報工学部(情報システム学科)
農学部(生物資源化学科)
環境学部(環境情報学科、地球環境学科)
システム理工学部(電気電子情報工学科)
外国語学部(スペイン語学科、国際文化学科、英米語学科、イスパニア語学科)
文学部(英文学科、英語英米文学科)
情報学部(経済情報学科)
経済学部(経営学科、国際地域経済学科、経済学科、現代経済学科、流通・経営学科、ビジネス情報学科)
経済科学部(現代経済学科)
経営情報学部(経営学科)
経営学部(経営学科)
商学部(経営学科、国際商学科)
法学部(法学科、法律学科)
人間文化学部(国際文化学科)
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 9 5 14
    2020年 9 7 16
    2019年 8 7 15
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 14
    2020年 16
    2019年 15
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp73207/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

西川ゴム工業【東証スタンダード市場上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
西川ゴム工業【東証スタンダード市場上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 西川ゴム工業【東証スタンダード市場上場】の会社概要