最終更新日:2022/9/27

ヴィームスタジアム(株)【アサヒグループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • アミューズメント
  • 外食・レストラン
  • 広告
  • フィットネスクラブ

基本情報

本社
新潟県
PHOTO

就職活動中、一番感じたのはワクワクする気持ちでした

田中 慎司
2005年入社
38歳
長岡造形大学
VEAM五泉店
店長

現在の仕事内容

【お客様のニーズを察知】

現在、店舗の最高責任者である店長として、店舗運営のすべてを担っています。お客様にどうしたら喜んでいただけるか、より多くのお客様に来店していただくためには何が必要かを企画して、日々実行しています。

また、大きな店舗を預かる立場としてお客様や一緒に働くスタッフの安心・安全に関わる様々な管理も行っています。その他にも、部下やアルバイトスタッフの指導、次期店長候補の部下の育成にも力を入れています。

店舗にあるすべての情報を把握し、適切な判断・行動が必要ですが、とてもやりがいもある仕事です。もちろん、裏方の仕事だけではありません。私自身もホールに立ちお客様と接し、私自身の「顔」を売ることやお客様のニーズを素早く察知し、よい店舗づくりを行っています。


嬉しかったエピソード

【ありがとう】

具体的なエピソードではありませんが、日々の中で誰かに「ありがとう」という言葉を頂いた時です。お客様はもちろん、上司や部下など、仕事をするうえで関わっている人から頂くこの言葉が私の励みです。特にお客様からいただく「ありがとう」は一番大きな励みになります。

あとは、私がホールに出た時に、私のことを見つけたお客様から名前を呼んでいただいたり、お客様から「昨日孫がね~」などと日常の出来事を私に話していただけたりすると、お客様との距離が縮まったように感じ、とても嬉しくなります。またある時は、事務所での事務仕事が立て込み、なかなかホールに出られない時期に、お客様が「田中さん元気?」と他のスタッフを通して声を掛けていただくこともあります。


この会社に決めた理由

【ワクワク】

地元企業に就職したかったから
私の出身は、当社の本社がある三条市です。それもあってか、就職は地元企業を強く志望していました。そんな中、合同企業説明会でたまたま入ったのが当社のブースでした。話を聞いて、大学で学んだ建築インテリアと全く違う業界を知り、一番感じたのは「ワクワク」する気持ちでした。
前向きにチャレンジしていくことができれば、仕事のフィールドはどんどん広がる。そんなところにも魅力を感じ、入社を決意しました。


今後の目標

【地域一番店を目指して自分も成長】

今任されている店舗を地域で一番お客様に愛される、必要とされるお店にすることです。
そのためには、現状の業務以外にも、私自身がさらに成長していかなければなりません。
私よりも経歴の長い先輩店長もたくさんいますので、まだまだ吸収することもたくさん。
店長に就任して5年が経ちますが、まだまだ未熟な点が大きです。
私が成長しなければ部下・スタッフもついてきませんので、日々がむしゃらに!チャレンジ精神を持って一日一日を大切に仕事に取り組んでいます。
そしてその先は、どの店舗でも地域一番の店舗を作り上げることが出来る店長をめざし、会社にとっても必要不可欠な人でありたいですね。


学生の皆さんへ

【広い視点でチャレンジ】

様々な企業を見ることができる大切な時期です。私のように今まで学んできたこととは全く違う職種に出会い、考えが変わってもいいと思います。ですから、広い視点でいろんな業界・企業を知ってみてください。私たちの会社は、前向きに新しいことにチャレンジしていく会社です。ぜひ、私たちと一緒に、地域で一番のお店、そして県下NO.1のアミューズメント企業を目指しましょう!


トップへ

  1. トップ
  2. ヴィームスタジアム(株)【アサヒグループ】の先輩情報