最終更新日:2022/9/22

(株)ディ・アイ・システム【東証スタンダード上場】

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • 教育
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • コンピュータ・通信機器

基本情報

本社
東京都

転勤がなく、希望の勤務地で働ける企業を教えて!

新卒配属は、希望勤務地、入社後の転勤も基本ありません。(2022年8月5日)

こんにちは。
株式会社ディ・アイ・システム採用担当菊池です。

弊社の勤務地は、東京、大阪、名古屋、横浜、静岡、福岡とありますが、新卒採用は、【東京】【大阪】【名古屋】の3カ所での希望勤務地配属となります。
選考時に希望勤務地を確認します。
仮に東京を希望し、内定となった場合は東京勤務で決定です。

基本、入社後の転勤もありませんが、100%転勤がないわけではありません。例えば本年年明けから福岡サテライトオフィスが開設したときには、福岡勤務を希望される方を社内で募集、東京から福岡に転勤となっています。あるいは、ご家族の都合で東京から大阪に転勤になった方もいます。

会社からの転勤辞令ではなく、本人からの希望での転勤です。あるいは、部門責任者として転勤となった場合もありますが、最終的には本人の意思での転勤です。断ることもできますので、基本転勤はないという表現とさせて頂いております。

但し、本人希望の場合は、現状業務の都合、本人のスキルが転勤希望先で求められているかということも考慮しなければいけませんので、簡単に希望が通るとは限りませんのでご注意を。

新卒配属は、希望勤務地です。

エントリーシート・書類選考がない企業はある?

本当に入社したい会社には、手書きの履歴書をお勧めします。自身の気持ちを高める為にも。(2022年8月3日)

こんにちは。
株式会社ディ・アイ・システム菊池です。

3月、4月、5月初旬頃までは、書類選考を行っていましたが、5月下旬より書類選考を行わず、ご希望される方全員面接に変更しました。
弊社には、採用担当が5名いますが、書類選考を行わないことで、6月は私一人で150名のWEB1次面接を行っています。朝から夕方まで1日中WEB面接を行いながら、その合間に対面説明会(WEB説明会も開催)、説明会とは別に社内見学会&説明を20回開催するといったドタバタでした。

春先は書類選考を行い、6月、7月と書類選考を行わなかったのは、3月、4月は就活が一斉にスタートし、物理的に全員面接が不可能だった為、書類選考を行いましたが、6月、7月はかなりタイトなスケジュールで全員面接を行いました。

なるべく書類選考を行わず面接を重視するのは、実際にお会いしてみると書類ではわからない本当の学生さんの姿が見えてくるからです。別な視点でお話しするならば、書類でアピールするのは非常に難しいということです。

社会人の最大のアピールは、職務実績が全てと言っていいくらいですが、職務経験(アルバイトは職務実績と言えません)がない学生さんの場合、書類で差をつけるのは難しいです。
ITエンジニアを希望する場合、書類で目に付くのは、ITパスポートを取得している、コンピュータ言語を勉強しているといった、IT業界を目指しているといった内容が書かれていると目につきます。
あるいは、他の学生さんが経験しないような特別なことを経験している場合です。例えば、部活で全国大会出場的な内容ですが、どちらにしても書類だけでのアピールは難しいです。

この2年ほど、WEB面接が中心になり履歴書の提出をパソコンで入力される方が大変多くなりましたが、しっかりと手書きで書かれた履歴書に比べると内容が同じでも気持ちが伝わりにくのも事実です。パソコン入力で全く問題ありませんが、本当に入社したいと思っている会社に提出する履歴書は気持ちを込めて手書きもいいかもしれませんよ。自身の気持ちを高める意味でも。

8月に入り、弊社の選考は最終段階、残りわずかです。

今まで受けてきていない業界の企業に応募するのは不利?

業界職種を、ITエンジニアに変更する場合は、まずは行動を起こしましょう。(2022年8月3日)

こんにちは。
株式会社ディ・アイ・システム菊池です。

業界、職種にする場合、希望される職種が営業職であれば基本、業界が異なっていても大丈夫ですが、IT業界でエンジニアを目指すというような専門職に職種変更される場合は説明が必要になります。

5月以降の面接で、業界、職種を変更した学生さんに出会うことが多々ありますが、まず一番大切なことは、弊社であれば、「現在はIT業界に絞っている」と言えることです。まずは、変更した業界の説明会に多数応募し、説明を聞くという行動を起こしましょう。「IT業界に絞りました、説明会参加は御社だけです」と言われても信用することができません。行動、数は、気持ちに比例します。

しかし、業界、職種を変更したばかりであれば、当然、変更した業界への説明会参加回数は少なくなりますので説明会参加数と同時に、IT業界を目指すための動きを始めましょう。ITパスポートなどで勉強を始めた。実際にプログラミングの勉強を始めたといった行動が必要です。

弊社では、人物的に優秀と思える学生さんが、IT業界を目指していると言われても、いろいろな説明会に参加した中でIT業界の説明会は、御社が初めてです。プログラミングも経験したことがなく、ITの勉強はこれから始めようと思っていますと言われると、人物が◎でも選考を進めることが出来ません。

IT業界の説明会参加数はまだ1社目の文系の方でもITの勉強をはじめた、プログラミングを多少でも経験してみたという一言を求めています。


学生さんとの面接のやりとりで、「まだITの勉強を全くしていません。プログラミング経験もありません」という学生さんに、「研修が始まり、はじめてプログラミングをやってみたら、全く自分にあわなかったらどうしますか?」と聞くと大半の学生さんは、「頑張って勉強します」と返答されますが、本当に自分にあっていない職種だったら、辞めてしまうでしょう。それは企業側も学生さんにも不幸な結果となります。そうならない為にも、就活前、就活時に体験してみるという行為は、絶対に必要だということですね。

面接で一番注意すべきことは?

社会人、大人としての常識は大丈夫?(2022年5月18日)

こんにちは。
株式会社ディ・アイ・システム採用担当菊池です。

過去に経験したコロナ禍前の対面面接時のお話しです。
7月後半の、暑い日でした。

面接予約時間14:00、その前の予約の方が辞退になったので、受付前で14時の学生さんを待っていました。10分前、「そろそろ来社されるかな」、5分前「もう来るでしょう」、1分前「連絡なしで辞退か」私の心の中の声も面接時間が近づくにつれ、つぶやき方が荒くなってきました。「もう来ないでしょう」と面接の後片付けを始めた13時59分45秒、エレベーターより走ってくる学生の姿が見えました。荒い息で弊社のオフィスに入ったのが14時ジャスト。

「約束の14時には一応間に合っているから遅刻ではないか」と心の中でつぶやきながら、その学生さんを面接会場に誘導、椅子に座ってもらいました。ギリギリの来社でしたが、お詫びの一言もありませんでした。

さて、みなさん想像してみてください。季節は7月半、ジャケット着て、真夏の太陽の下、ダッシュで走って来て、急に椅子に座るとどうなるか。

一気に汗が吹き出します。

座った学生さんの顔は、真っ赤で額には玉の汗、その汗がポタポタと机の上に落ち水たまりのようになっています。
学生さんは、そんな状態でもハンカチを出して汗を拭こうとはしません。
「汗を拭いたら」と思わず声をかけてあげると、ハンカチを出し、額の汗を拭き始めましたが、拭いても拭いても汗が出てきます。

「本日の面接はこれで終わります。」30分の面接が終わり、学生さんが立ち上げりました。
私の心の声。「当然、机の上の水たまり(汗)は、ハンカチで拭きとって、帰るでしょう、絶対拭き取るはず。」と期待しました、ところが、水たまり(汗)はそのままで学生さんは帰って行きました。

「え!その水たまり(汗)は誰が拭きとるの!」当然、私の仕事です。

面接評価について、記載しなくてもおわかり頂けると思います。面接以前の問題ですね。

学生さんを見るとき、私は、学生という観点では見ません。大学生であれば22歳というりっぱな大人としての行動、考え方が出来るか、社会人としての常識があるかを基本としています。
みなさんの行動、態度は大丈夫ですか?

客観的判断が出来る数字や言葉が面接のポイント!(2022年5月13日)

こんにちは。
株式会社ディ・アイ・システム採用担当菊池です。

毎回面接が終わった後に手元のメモを参考に、面接内容をまとめますが、中途面接(社会人)と新卒面接では同じ時間(30分)話を聞いているのに、手元のメモの数に数倍の差がでてしまいます。圧倒的に中途(社会人)面接のメモの数が多くなります。学生さんとの面接でも会話が盛り上がりますが、メモをとると言葉が残りません。
多くの人生経験値がある社会人と学生さんとの差です。
面接官がより多くのメモを残してくれれば合格する確率は高くなります。

中途面接でメモの数が多くなるのは、社会人には職務経験があるのでどんな仕事をしてきたかという確認作業が多くなるからです。それが面接している業界の経験であれば更に聞くべき内容が多くなります。

では、学生生活という短い期間の経験から私を知ってもらう情報をメモに残してもらうにはどうすればいいのでしょうか。

学生時代に「がんばりました」「やさしいと言われた」というような抽象的な言葉は、面接官のメモとして残りません。メモとして残してもらう一番の方法は、客観的判断が出来る数字や言葉を使うことです。
例えば、勉強をがんばったのであれば、学年300名中、成績が常に10番以内だったと聞くと勉強をがんばっていた人と理解でき、メモに300名中10番以内と残します。また、生徒会長や部活の部長という言葉は、リーダー的な人と理解でき、インターハイ出場、甲子園出場と言われれば、運動能力があり更に厳しい練習にも耐えられるメンタルというように理解され、メモとして残ります。

客観的な判断が出来る数字、言葉は、わかりやすい判断基準です。
弊社のようなIT企業であればITパスポートや基本技術者試験といった資格を取っていると言われれば、本当にIT業界を目指し勉強をしている人と理解してもらえます。まだ資格を取得していなくても勉強しているという一言は言っておきたいところです。

面接官にメモを残してもらえるような言葉が、面接成功のポイントとなるかもしれません。

集団面接で印象に残った学生って?

必ず誰かが、あなたの姿を見ていてくれます。(2022年5月17日)

こんにちは。
株式会社ディ・アイ・システム採用担当菊池です。

「集団面接で印象に残る学生」の話ですが、弊社では、個別面接でしっかりお話しを聞くことを基本としていますので、コロナ禍前(2年前)の対面説明会の中で目立った学生さんのお話をさせて頂きます。

説明会での学生さんは聞いているだけですので、質問で目立った学生さんの話と思われるかもしれませんが、違います。一言もしゃべらない中で、印象に残った学生さんのお話しです。

当時、説明会終了後学生さんが帰られると、必ずと言っていいほど、机の上、まわりに消しゴムのカスが散乱していました。そこで説明会の最後に、「消しゴムのカスは机の上の右でも左でもいいので、まとめて置いてください」というようにしました。それでも机の上にカスが散乱している人が必ずいましたが、学生さんのご協力で部屋の掃除をする私の負担を随分減らすことができました。

ある日、説明会が終わり、学生さんがお帰り頂く姿を見ていたら、壁側に座っていた男性の学生さんが机の上の消しゴムのカスを集め、自分のペンケースの中に入れ持ち帰る姿が見えました。

「机の上にまとめて置いて下さい」とお伝えしてあるのでまとめてくれればそれで十分ありがたいのに、部屋の掃除をする私(採用担当者)の負担を減らそうという気配りだと思います。

面接でお会いした時に、「説明会の時に消しゴムのカスを持ち帰って頂きありがとうございます。」
というと「見ていてくださりありがとうございます。」と、とても喜んでくれました。

人が見ている、見ていないに関係なく、ちょっとした人への配慮、気配りが出来る人はとても好感が持てます。面接でお話しを聞いてもすばらしい学生さんでした。
現在、エンジニア2年目として頑張っています。

がんばっている姿や気配りなどは、必ず誰かが見ていてくれます。

就活もこれから始まる社会人としての仕事も同じですよ。

志望動機で一番何を知りたい?

会社への志望理由は2番目、1番大切なのは業界、職種で働きたいという気持ち。(2022年5月16日)

こんにちは。
株式会社ディ・アイ・システム採用担当菊池です。
面接では、必ずと言っていいほど、志望動機を聞かれると思いますが、私の面接では、「志望動機をお願いします」という聞き方はほぼ皆無に等しいです。

会社説明会やHPを見て、学生の皆さんは志望動機を考えてこられますが、志望動機でお話し頂く内容は、会社説明会で私が話した内容のオウム返しであったり、HPに書いてあることを志望動機に盛り込んだだけの方ががほとんどです。

先生が授業で説明されたことに対するテストで生徒さんが解答しているのと同じ現象でしかありません。それにプラスされる形で、企業理念を盛り込んで共感しましたというパターンが多くなります。
志望動機の答え方としては、それでいいのかもしれませんが、それでは、面接官の心には響きません。

私個人の考えとしては、弊社への志望理由の前に業界(弊社であればIT)、職種(ITエンジニア)になりたいという気持ちが1番大切だと考えています。会社への志望理由は2番目でいいのではないでしょうか。
正直、IT業界のように大変多くの企業がある業界では会社の差別化は難しいのが現実です。
学生の皆さんが就活で聞く会社説明会は、何千社とあるIT企業の中のせいぜい10社~30社程度でしかないのです。わずかな会社の話しか聞けない中で、本当に御社が一番と言えるのでしょうか。

まずは、なぜIT企業なのかをしっかり説明しましよう。本当にIT企業を志望しているのであれば、文系の方でも、ITの勉強を始め、実際にプログラミングを経験してくるはずです。勉強の度合いが深くなればなるほど、「エンジニアになりたいです」という言葉に重みが出てきます。

IT業界、エンジニアになりたいという強い気持ちがあって初めて、なぜ当社なのかという流れの話が理想ですが、就活の中で、志望業界が変わることがおこります。業界が変われば、その業界で働きたいという気持ちを高めて下さい。就活の早い段階で業界を絞ることが大切ですね。

面接で好印象を受ける学生って?

プログラミングの体験をすれば、面接で気持ちが伝わります。(2022年5月12日)

こんにちは。
株式会社ディ・アイ・システム採用担当菊池です。

今、IT業界では、エンジニアの方が大変不足しており、理系、文系関係なく積極的に採用しております。

情報系学部の学生さんの場合は、まずはITの勉強をしていること、どんな言語で何を学んでいるかということを伝えることが大切。

では、文系学部の学生さんは、面接で何をアピールすれば良いのでしょうか?

弊社には、IT業界向けの教育、研修を行っている子会社がありますので、3ヶ月の新入社員研修でIT基礎を学ぶことが出来ます。だからといって、IT業界のことを何も知らない、勉強していないでは困ります。

それは、これからIT業界で働くということは、『専門職』として手に職をつける職人となるということだからです。エンジニアとしての仕事を本当にやりたいのか、エンジニアという仕事が楽しく思え、勉強していこうという気持ちになれるかを、実際のプログラミング体験、IT業界の勉強をすることで確認してほしいのです。今の時点でプログラミングが出来ますというレベルを求めているわけではなく、まずは経験、体験してほしいというレベルです。

文系学生さんで、全くIT業界のことを調べていない、体験もしたことが無いが、「時代はITだから」という理由の方が多くいらっしゃいますが、エンジニアになりたいという気持ちは全く伝わりません。

IT業界の勉強を始めた、プログラミングを体験してみたという方は、「実際に体験してみて楽しかった」という一言を言えます。この一言が言えるか言えないかで、面接官の印象は大きく違ってきます。


弊社では、本社(東京)社内見学会を開催し、私が皆さんにご案内しています。
IT業界にご興味がありましたら、是非、ご参加ください。

毎年約800名(新卒、中途)の面接を行っている経験から皆さんにお役に立てるお話しが出来るかもしれません。

トップへ