最終更新日:2022/6/6

一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 財団・社団・その他団体
  • 検査・整備・メンテナンス
  • アパレル(メーカー)
  • 専門店(アパレル・ファッション関連)
  • 商社(アパレル・ファッション関連)

基本情報

本社
東京都
基本財産
3億円
事業収入
31億円
従業員
職員283名 うち正社員113名

「世界と繋がるモノづくりを全力サポート!」あなたの着ている、使っている、その製品の安全はどこで守られているか知っていますか?

【紹介動画公開中!】https://youtu.be/xvSBYBdZ59U 皆さんのエントリーを、お待ちしてます!  (2022/06/06更新)

PHOTO

皆さんが普段着ている洋服や、手にしているタオルなどの繊維製品は、 私たちのような専門機関によって品質を管理されていることをご存知でしたか?
私たちの仕事は、決して派手な仕事ではありませんが、日本の産業を根底から支えている、社会貢献度の高い仕事です。

採用担当 沼田

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
QTECの強みのひとつは職員たちのチームワークだ。業務に慣れるまでは不安があっても「FOR THE TEAM」の気持ちを持っていれば心配はいらない。
PHOTO
繊維製品の品質評価においてQTECの技術力は高く、海外企業からの試験依頼にも対応。現在の海外拠点はアジア中心だが、山中理事長は欧米との取引拡大を目指しているという。

繊維製品の検査などを通し、消費者やアパレル業界に貢献する第三者検査機関です。

PHOTO

大手商社でアパレル事業に携わってきた山中理事長は、長くイタリアに駐在していた。「QTECには海外での仕事のチャンスもあるので、是非チャレンジして下さい。」

■繊維製品の品質を担保する第三者試験機関
日本繊維製品品質技術センター(略称QTEC)は、公正中立な立場で繊維関連製品の検査を行い品質を担保する機関。地道ではありますが、非常に社会貢献度の高い仕事だと自負しています。例えばQTECが、洋服製作の早い段階で問題点を見つけて助言すれば、アパレル会社は無駄なサンプルを作らずに済みます。消費者には品質の高い商品が届き、廃棄するものが少なくなるというメリットも。そのほか羽毛試験や鞄・靴、生活雑貨などの強度試験も得意分野です。

■抗菌・抗ウイルスやCSR監査などの強みを持ち、SDGsも推進
コロナ禍により、抗菌・抗ウイルス加工した生地を開発する企業も増えていますが、これも得意分野の一つです。またQTECではサスティナビリティを推進しており、エコやリサイクル素材を使用する企業にも積極的に関与。SDGsが世界の合言葉である今、消費者は生産国や生産環境にも関心を寄せています。生産過程で環境破壊や過重労働・法令違反などがないか調べるCSR監査というものがありますが、海外に8つの拠点を持つQTECはこの分野にも長けており、今後も規模を拡げていく予定です。

■求める人材は柔軟性と改革マインドのある人
近年アパレル業界は大きく変化し、さらにコロナ禍によって消費者の考え方や行動も以前とは異なってきました。これらの変化にも柔軟に対応し、時代を見据えながら自分たちも変わっていく、そういうマインドを持った人材を求めています。

■職員の成長が一番重要
職員が成長することで財団も成長する。財団が成長すれば、更に職員も成長すると考えています。そのため、職員の成長に必要な環境整備にも注力しており、その一つが健康経営の促進。職員が明るく元気に働ける財団作りを目指しています。また、新入職員には先輩職員が1年間インストラクターとして常に寄り添い、それぞれに人材育成計画を作ります。数年後のあるべき姿をイメージしながら財団全体で育成にあたります。「QTECの職員はいつも誠意あるプロの仕事をしてくれる」との信用を積み重ね、これからも職員の質の高さをセールスポイントにしていきたいですね。

今後はアジアのみならず、欧米とのビジネス拡大を通して職員にも出張の機会を提供したい。そこで得られる経験を活かし、ダイバーシティの世の中でお互いを認め、協力し合える人材になってほしいと思います。(理事長/山中毅)

会社データ

プロフィール

皆さんが普段身につけている衣服や繊維製品。それら日本国内で消費される繊維の品質が検査機関によって試験・評価されていることをご存知でしたか? 私たち一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター(略称:QTEC キューテック)は、大手デパート、量販店、アパレルメーカーなどとやり取りし、一般財団法人として商業主義に走らず、公正な目で繊維や衣料品の品質を専門的に試験・評価しすることで、製品・皆さんの暮らしの安全を守っているのです。

事業内容
繊維製品等について、以下の事業を展開しています。

●品質性能評価業務(試験)
 国内で消費される繊維製品等(生活用品を含む。)及び諸外国へ輸出される繊維製品等の品質性能、表示事項などを種々の試験方法と基準(JIS規格、ISO規格、団体規格、企業規格等)に基づき評価し、証明します。

●技術指導業務
 外観品質に関する企業基準、官公庁基準、QTEC基準等に基づいて外観評価を行い、その結果(指導を含む。)を報告します。(検査)
 外観品質評価技術、製造技術、品質基準作成方法、縫製仕様書作成方法等の技術の手法について、生産工場現場等において指導を行います。(指導) 
 外観品質評価技術(QTEC認証検品工場)、製造技術(QTEC認証縫製工場)等を評価し、証明を行います。(認証)

●適合性評価業務
 繊維製品等に関し、法令その他の基準文書の要求事項への適合性について、評価し、証明します。(JISマーク認証、防炎ラベル確認、羽毛トレーサビリティ監査)

●調査・研究開発・標準化業務
 JIS改正原案作成委員及びISO標準化委員として、繊維製品のJIS規格作成等の標準化に関する協力を行います。
 品質評価に関する規格やマニュアルの作成等により、評価方法の開発を行います。

●普及啓発業務
 繊維の基礎知識、繊維製品等の表示方法、繊維製品等の評価技術などについて、工夫したメニューでセミナーを開催しています。

●交流と協力
 国内の各団体が実施される事業に協力しています。政府開発援助事業(ODA)にも協力しています。
 IDFB(国際羽毛協会)の認定検査機関として活動しています。
 韓国、中国、バングラデシュなどの諸外国の試験、検査機関との情報交換及び交流を行っています。

PHOTO

☆ 企業紹介動画 ☆ https://youtu.be/xvSBYBdZ59U

本社郵便番号 108-0023
本社所在地 東京都港区芝浦3丁目13-16
本社電話番号 03-6631-9802
設立 1948(昭和23)年12月
基本財産 3億円
従業員 職員283名
うち正社員113名
事業収入 31億円
事業所 本部   :東京都港区芝浦3丁目13-16
国内事業所:東京、名古屋、大阪、福井、神戸、愛媛、富山
海外事業所:上海、青島、南通、無錫、深セン、ダッカ、ベトナム、韓国
主な取引先 アパレルメーカー、大手デパート、量販店、商社、SPA
関連会社 上海、青島、南通、無錫、深セン、ソウル、ダッカ、ホーチミン
平均年齢 41.0歳
平均勤続年数 14.9年
沿革
  • 1948年12月
    • (財)繊維雑品検査協会 設立
      (財)日本メリヤス検査協会 設立
      (財)日本輸出縫製品検査協会 設立
  • 1949年 2月
    • 輸出品取締法に基づく指定検査機関として通商産業省(現 経済産業省)より認定
  • 1958年 5月
    • 輸出検査法に基づく指定検査機関となる。
  • 1989年 4月
    • 日韓検査センター(現 日韓製品品質評価センター)をソウル市に設立
  • 1993年10月
    • 繊維輸出検査問題検討懇談会の答申に沿い、上記3検査協会が統合し、(財)日本繊維製品品質技術センターとなる
  • 1994年 4月
    • (財)撚糸・縫糸検査協会(1948年設立)を統合
  • 1996年 1月
    • ISO9002認証取得(2002年10月ISO9001認証に移行)
  • 1997年 4月
    • (財)麻製品検査協会(1948年設立)を統合
  • 1997年12月
    • 工業標準化法に基づく試験事業者(JNLA)の資格取得(現 登録試験事業者)
  • 1999年 7月
    • 工業標準化法に基づく指定認定機関の指定取得(現 登録認証機関)
  • 2001年 9月
    • 消防法施行規則に基づく指定確認機関の資格を取得(現 登録確認機関)
  • 2002年10月
    • CCIC(山東)-QTEC検測中心(青島QTEC試験センター)を中国青島市に設立
  • 2003年 6月
    • WIC-QTEC検測中心(無錫QETC試験センター)を中国無錫市に設立
  • 2005年 7月
    • 計量法に基づく登録校正事業者(JCSS)の資格取得
  • 2006年 5月
    • 工業標準化法に基づく登録認証機関の資格取得
      インターテック(Intertek Testing Services Hong Kong Ltd.)と業務提携
  • 2007年 1月
    • SQID-QTEC検測中心(深セン試験センター)を中国深セン市に設立
  • 2010年 4月
    • ダッカ試験センターをバングラデシュの首都ダッカに設立
  • 2011年 4月
    • 一般財団法人へ移行
  • 2015年11月
    • ベトナム試験センターをベトナムのホーチミン市に設立
  • 2017年9月
    • 南通浩達紡織品検測有限公司(南通試験センター)を子会社化
  • 2018年3月
    • 本部を日本橋富沢町から日本橋蛎殻町に移転
  • 2018年4月
    • 東部事業所を東京総合試験センターに移転集約し、東部事業所に名称変更
  • 2020年10月
    • 国内営業部門を東日本事業所、西日本事業所に再編
  • 2021年9月
    • 本部を日本橋蛎殻町から港区田町に移転

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.1年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8.3時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.7日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 12名 0名 12名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 12名 0名 12名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人研修、技能研修、マネージメント研修、コンプライアンス研修等
自己啓発支援制度 制度あり
自己啓発助成金規程があり、資格を取得した場合は受験料、資格登録料などの費用を全額助成します。
資格所得者のための通信講座受講などの費用を助成します。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
大阪市立大学、大阪府立大学、お茶の水女子大学、金沢大学、京都工芸繊維大学、共立女子大学、岐阜大学、芝浦工業大学、信州大学、東京農工大学、東北大学、奈良女子大学、福井大学、山形大学、武庫川女子大学、名古屋女子大学、奈良大学、名古屋学芸大学、名古屋経済大学、名古屋大学
<大学>
青山学院大学、大阪市立大学、大阪府立大学、お茶の水女子大学、金沢大学、京都工芸繊維大学、共立女子大学、岐阜大学、芝浦工業大学、信州大学、東京海洋大学、東京家政大学、東京外国語大学、東京農工大学、東北大学、東洋大学、奈良女子大学、日本女子大学、福井大学、武庫川女子大学、山形大学、立命館アジア太平洋大学、和洋女子大学

採用実績(人数) 2022年 大卒5名 大学院卒1名
2021年 大卒2名
2020年 大卒2名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 0 2 2
    2020年 1 1 2
    2019年 0 1 1
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 2
    2020年 2
    2019年 1
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 0
    2020年 0
    2019年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp74926/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

一般財団法人 日本繊維製品品質技術センターを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センターの会社概要