最終更新日:2022/10/31

社会福祉法人 福祉楽団

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス
  • 幼稚園・保育園
  • 農林・水産
  • 給食・デリカ・フードビジネス

基本情報

本社
千葉県
PHOTO

潜ってみないとみえない景色がありました

石田 佑典
2020年入職
24歳
東海大学 
健康科学部 社会福祉学科 卒業
香取CCC ソーシャルワーカー

福祉楽団に決めた理由

科学的根拠に基づいたケアが大事だと謳い、豚、森、「ハザマ」など、真新しい実践があり、
しっかりとブランディングされた法人の在り方に惹かれました。
この会社なら福祉を変える仕事ができるのではないかと思い、入職を決めました。


今の仕事のやりがい

千葉県の独自事業で、「中核地域生活支援センター」という福祉の総合相談の窓口で働いています。
対象を限定せず断らない相談支援を大切にしているので、お金がなくて困っている人、仕事が長続きしない人、住む家がない人など、様々な人と出会います。
家や仕事探しをしたり、役所に行って手続きをしたり、病院に行ったり、時には一緒に散歩や食事をしたりもします。
どうすれば困りごとが少しでも解消できるのか、その人らしく地域で暮らせるのか、相談者や関係機関と悩みながらも一緒に考えて行動しています。
学生時代には教科書でしか知らなかった生活保護、障害、困窮、触法などを肌で感じ、社会は本当に多様であると知れるのは、この不確実な世のリアルに触れられるようで興味深いです。


福祉楽団に入ってよかったこと

たくさんの出会いがあります。
福祉楽団は8つの社会福祉法人からなる経営連携協定に加盟していて、せっかく枠組みがあるのなら多様な福祉のフィールドで携わる人々と話してみたいと思い、オンライン交流会を企画しました。
他法人の様々な職種や役職の方々と語り合う中で、新たな気づきや学びがあるのはもちろん、全国に頼れる仲間がたくさんいるのだと改めて実感できたことはモチベーションにつながりました。


これからの目標

福祉の世界に潜ってみると、いままで見えなかった景色が見えます。
それはワクワクしたり、時にあまりにも生活に密接しているので苦しくなったり、逃げ出したくなったりもします。
そんな寄せては返す感情を掬い上げて支援や業務といった文脈からは少し離れて表現をしていきたいです。その中で生きることや働くことを考え続け、それぞれの存在を少しでも肯定できる人になれたらいいなと思っています。


トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人 福祉楽団の先輩情報