最終更新日:2022/1/14

(株)ノバック

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 設備工事

基本情報

本社
兵庫県
PHOTO

人を大事にする社風とほどよい緊張感が魅力

木村元哉
2021年入社
近畿大学
工学部 建築学科
建築部

学生時代に取り組んだこと

幼い頃からモノづくりに興味があり、特に建物を見るのが好きでした。新しい建物や高層ビルを見るとワクワクして、「モノづくりを仕事にするなら」と考えた時に最初に思い浮かんだのが「建築」でした。父が建築に関わる仕事をしていた影響もあったと思います。
大学では設計や構造力学など幅広く学びました。卒論ではサイズが異なる部材を組み合わせたものに負荷をかけ、データを収集、解析して強度を比較したり、亀裂を計測したり…。実験の毎日で、年末年始は研究室で長時間を過ごすことも多かったですね。
また授業で建築施工について学ぶ機会があり、「自分の力で現場を回す仕事って格好いい!」と興味を持つようになりました。


入社を決めた理由

ノバックを知ったのは大学が開催した企業説明会でのこと。仕事内容を写真や資料を多く用いて丁寧に説明してくれました。インターンシップにも参加し、現場見学もさせてもらったのですが、現場には、ほどよい緊張感があり、身が引き締まる思いでした。ピリピリしているほどでなく、馴れ合いでもない。自分が施工管理をしている姿を思い浮かべた時、こんな適度な緊張感を持って仕事をしたいなと思えたのは大きな収穫でした。また、家賃補助や帰省の費用も月2回まで支給されるなど、福利厚生面が充実していることも魅力でした。ほかにも2年に1回社員旅行があるなど、人とのつながりを大事にしている会社だと感じ、入社を決めました。


当面の目標と将来の夢

初めての1人暮らしを社会人生活とともにスタートしたところで、まずは公私ともに新しい環境に慣れること。そして上司や先輩、職人さんから多くのことを教わり、1日でも早く戦力になれるように頑張っていきたいですね。そのためにも、言われたことをきちんと行うことはもちろん、周囲にも目を配って、自分ができること、やれることを着実に増やしていきたいと意気込んでいます。
将来的には所長になって大規模マンションのような大きな現場で多くの人たちを統率する仕事を任せられたい。同僚や職人さんからも「この人なら任せて大丈夫」「また一緒に仕事したい」と言ってもらえる人になるのが目標です。


学生の皆さんへメッセージ

インターネットで情報収集しながら、インターンシップにも積極的に参加するとよいと思います。私の場合、2社のインターンシップに参加したのですが、ネットの情報だけではわかたない現場の雰囲気を肌で感じられたり、先輩社員に仕事内容や普段の生活について質問できたりと、得るものが大きかったと思います。そして「ここで働きたい」と決めた企業があれば、就職に向けて迷うことなく突き進む勢いも必要だと私は感じました。
また、学生時代から日々の課題にしっかりと取り組み、苦手と思うような人ともコミュニケーションをとることも大切だと思います。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)ノバックの先輩情報