最終更新日:2021/9/15

武田薬品工業(株)

  • 上場企業

業種

  • 薬品

基本情報

本社
東京都、大阪府
資本金
1兆6,681億円 ※2020年3月末時点
売上高
単独売上高:6,162億円(2020年3月期) 連結売上高:3兆2,912億円(2020年3月期)
従業員
5,350名(単体)、47,495名(連結) ※2020年3月末時点

世界中のかけがえのない日々とともに。

会社紹介記事

PHOTO
導入教育での講義風景。タケダの導入教育ではこうした講義のほか、グループワークや病院研修なども実施しており、その内容は充実している。

世界中のかけがえのない日々とともに。世界の人々の健康に貢献する優れた医薬品を。

PHOTO

患者さんを中心としたアプローチによって、世界中の人々のアンメットメディカルニーズに応える医薬品を提供し続けている。

■タケダは、国内製薬企業のリーディングカンパニーです。
230年以上の歴史をもつタケダは、常に患者さんを中心に考え、イノベーション創出に立脚したグローバル製薬企業として、世界中の人々により健やかで輝かしい未来をお届けすることを目指しています。

タケダでは、消化器領域・オンコロジー(がん)・中枢神経系にフォーカスを定め、ワールドクラスの研究開発体制で患者さんのもとへイノベーションを届けます。優れた医薬品を通じて人々の健康と医療の未来に貢献することが、我々のミッションだと考えています。

ベストインクラスの製薬企業を目指し、世界80カ国以上で働く50,000人以上の仲間たちとともに、今、日本から世界の創薬リーダーへ。

会社データ

事業内容
■医薬品等の研究開発・製造・販売・輸出入
国内リーディングカンパニーのタケダは、優れた医薬品の創出を通じて、人々の健康と医療の未来に貢献しています。
230年以上の歴史をもち、常に患者さんを中心に考え、「消化器系疾患領域」「がん領域」「中枢神経系疾患領域」を中心にイノベーション創出に立脚したグローバル製薬企業として、世界中の人々により健やかで輝かしい未来をお届けすることを目指しています。
本社郵便番号 540-8645
本社所在地 大阪市中央区道修町4丁目1番1号
本社電話番号 06- 6204- 2111
東京本社郵便番号 103-8668
東京本社所在地 東京都中央区日本橋本町二丁目1番1号
東京本社電話番号 03-3278-2111
創業 1781年 (天明元年) 6月12日
設立 1925年 (大正14年) 1月29日
資本金 1兆6,681億円 ※2020年3月末時点
従業員 5,350名(単体)、47,495名(連結) ※2020年3月末時点
売上高 単独売上高:6,162億円(2020年3月期)
連結売上高:3兆2,912億円(2020年3月期)
売上高 (前年度) 単独売上高:6,513億円(2019年3月期)
連結売上高:2兆972億円(2019年3月期)
当期利益 443億円 (2020年3月期連結業績)
研究開発費 4,924億円 (2020年3月期連結)
事業所 本社/大阪、東京
支店/北海道、東北、東京、東海、関西、九州沖縄ほか計10支店
営業所/全国各都市
工場/大阪(十三)、山口(光市)
研究所/神奈川(湘南)
関連会社 子会社・関連会社

・武田コンシューマーヘルスケア(株)
・日本製薬(株)
・武田テバファーマ(株)
・天藤製薬(株)
・(株)エルアイ武田
・武田技研サービス(株)
・武田薬品不動産(株)
平均年齢 42.2歳
平均勤続年数 15.0年
沿革
  • 1781年
    • 初代近江屋長兵衛が大阪・道修町で薬種仲買商を始め、高品質の医薬品を提供。武田薬品の始まりとなる。
  • 1895年
    • 武田研究部設立、研究活動を開始。
  • 1925年
    • (株)武田長兵衞商店を設立。
  • 1943年
    • 社名を現在の武田薬品工業(株)に変更。
  • 1949年
    • 東京・大阪証券取引所に株式を上場。
  • 1954年
    • ビタミンB1誘導体「アリナミン」 を発売。
  • 1960年
    • 優秀な学生を支援し将来の社会に貢献できるよう、育英事業を目的とする「尚志社」を設立。
  • 1962年
    • 海外市場に進出。
  • 2000年
    • 医薬外事業の再構築を開始し、医薬品専業メーカーとなる。
  • 2008年
    • バイオ医薬品会社のミレニアム・ファーマシューティカルズ Inc.(米国) を買収し、がん領域を強化。
  • 2009年
    • グローバル運営体制の強化推進。
  • 2010年
    • ・大阪府吹田市に国内有数の研修所CLI(Center for learning & innovation)を設立。
      ・アフリカの保険医療人材の育成を支援する「タケダ・イニシアティブ」を開始。
  • 2011年
    • ・新興国に強い販路を持つナイコメッド社を統合し、事業基盤が70カ国以上に拡大。
      ・湘南研究所 開設。
  • 2012年
    • ・ワクチンビジネス部を設立。
      ・URLファーマ社(米国)を統合。
      ・マルチラブ社(ブラジル)を統合。
      ・リゴサイト社(米国)を統合。
      ・エンボイ社(米国)を統合。
  • 2015年
    • CiRA(2010年に京都大学内に設置された、世界初のiPS細胞に特化した研究機関)との共同研究プログラムT-CiRAを開始し、iPS細胞技術の臨床応用を目指す。
  • 2016年
    • 研究開発の重点疾患領域を絞り込み、最先端のイノベーション創出を目指す。
  • 2016年
    • 日本においてテバ社との合弁会社に特許期間を満了した医薬品を承継し、革新的な新薬に集中する。
  • 2017年
    • アリアド社買収により、オンコロジー(がん)領域における製品構成ならびに製品パイプライン(新薬候補物質)を固形がん領域にも拡大。
  • 2017年
    • 肺がん治療剤「アルンブリグ」が米国で承認。
  • 2018年
    • ・湘南ヘルスイノベーションパークをグランドオープン。
      ・武田グローバル本社をグランドオープン。多様性に富む従業員がオープンにつながり、ともにイノベーションに取り組む拠点へ。
  • 2019年
    • ・シャイアー社の買収により、事業拠点は約80の国・地域に拡大し、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーへ。
      ・地域社会の発展に資する施設として武田グローバル本社にシアターを開設。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.0年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15.9時間
    2019年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

武田薬品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
武田薬品工業(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ