最終更新日:2022/1/25

松尾建設(株)

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 不動産

基本情報

本社
福岡県、佐賀県
資本金
1億円
売上高
739億円(2020年度実績)
従業員
702名(2021年10月現在)

建築・土木を主体とした総合建設業を全国15支店27営業所に展開!お客様からいただく「信用」が日本最大の企業をめざしています!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
アットホームな雰囲気で、安心して長く働くことができる環境が整っています。資格取得のための制度や教育制度も充実!
PHOTO
九州を中心とした全国各地に大規模な建築物や構造物を手がける松尾建設では、入社年次の若い社員も伸び伸びと仕事に取り組んでいる。

松尾建設だからできることがある。その誇りを胸に、それぞれの分野で力を発揮!

PHOTO

写真上から、今泉さん、板垣さん、梅さん。九州に根ざし、全国展開する松尾建設の規模に惹かれて入社したという3人の先輩もそれぞれのフィールドで活躍している。

■今泉郁也 土木工事部 都市工学科卒 2016年入社
 大学で土木を学び、人々の暮らしに貢献できる仕事をしたいと思い、松尾建設に入社しました。やるからには大規模なことに携わりたかったので、九州に本店があり全国展開していることも魅力でした。現在は、メガソーラー建設用の造成工事を担当していて、ドローンによる施工管理撮影や測量業務を行っています。各協力会社の方々とは行き違いがないよう、コミュニケーションもしっかりとっています。また、年齢が近い人が多いからこそ、同年代には負けたくないですね。そのためにも徹底しているのは、慣れた業務でも確認作業を怠らないこと。小さなことですが、日々の心掛けこそが、松尾建設が目指す「信用が日本最大」の達成につながると思います。

■板垣貴大 舗道工事部 都市工学科卒 2016年入社
 道路は私たちの暮らしを支えるライフラインで、自然災害が発生した場合は災害復旧に携わることがあります。地域の皆様や利用者の生活に影響が出ないよう、土砂崩れの土砂を除去するなどの道路復旧工事に関わることは、人々の暮らしと安全を守る一翼を担っているのだと誇らしい気持ちになります。舗道は、工期が半年~1年と比較的短い仕事が多く、スピードを要求される部分もあります。また、現場を次々経験していくので、様々な仕事のやり方を勉強できるし、経験を積めば若手が現場代理人を務めることもあります。責任のある立場を若いうちから経験できるのも、松尾建設の施工管理者の特徴といえるかもしれません。

■梅 翔悟  建築工事部 建築学科卒 2016年入社
 学生時代に建築を学んだことで、多くの方々と関わる仕事、多くの方々の生活を支える仕事につきたいと思い、九州最大の建設業である松尾建設に入社しました。最初の現場は、200×100m規模の倉庫の建築で、次に関わったのは10階建て、13階建ての分譲マンション2棟。マンションはあわせて130戸ほどあり、これだけの数のお客様が待ち望んでいるかと思うと、身が引き締まりました。マンション完成後、内覧会に訪れたご家族が喜ばれている姿を見て、自分も嬉しかったし、「お客様を笑顔にする建物をこれからもつくりたい!」という、やりがいに繋がりました。建設業の魅力は、携わった仕事が目に見える形になること、完成した建物を見た瞬間は本当に感動します。地図に残る仕事をしているのだと、誇らしく感じます。

会社データ

事業内容
■総合建設業(土木一式、建築一式請負)
■土木・建築工事の企画設計および監督
■土木・建築工事に要する材料の販売および販売受託
■不動産取得・売買および仲介
■前各号に掲げたものの附帯事業

PHOTO

当社の舗道工事部では、西日本エリアを中心に、道路の舗装、補修に特化した専門性の高い施工を行なっている。

本社郵便番号 810-8506
本社所在地 福岡市中央区薬院3丁目4-9
本社電話番号 092-525-0111
本店郵便番号 840-8666
本店所在地 佐賀市多布施1丁目4-27
本店電話番号 0952-24-1181
創業 1885(明治18)年
資本金 1億円
従業員 702名(2021年10月現在)
売上高 739億円(2020年度実績)
事業所 ■本  社
〒810-8506 福岡県福岡市中央区薬院3-4-9
TEL:092-525-0111 / FAX:0952-522-5925

■東京本社
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-16-13
TEL:03-5378-2271 / FAX:03-5378-2277

■本  店
〒840-8666 佐賀県佐賀市多布施1-4-27
TEL:0952-24-1181 / FAX:0952-23-4211

■支  店
仙台、東京、名古屋、大阪、広島、山口、北九州、
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

■営 業 所
神奈川、福山、周南、下関、宗像、八幡、久留米、大牟田、
西福岡、南福岡、東福岡、唐津、鳥栖、武雄、伊万里、鹿島、
神埼、小城、佐世保、長崎県央、熊本南、熊本北、大分県北、
延岡、都城、鹿児島東、沖縄中部
マツオグループ 松尾工業(株)
(株)マベック
翠興産(株)
松尾商事(株)
(株)マツオヒューマンネットワーク
(株)インフォメディア
(株)オフィスブレイン
(株)ワーク
エムシー産業(株)
(株)スワーグ
(株)七ツ島プレコン
学校法人松尾学園 弘学館中学校・高等学校
職業訓練法人総合能力開発協会 総合能力開発センター
一般社団法人 松尾建設技術振興財団
登録許可 国土交通大臣許可(特-1)第2992号
国土交通大臣許可(般-1)第2992号
沿革
  • 1885年
    • 松尾組創業、創業者 松尾安兵衛(現グループ会長 松尾幹夫の曾祖父)「良く・早く・安く」を営業方針とする
  • 1936年
    • 合資会社松尾組となる。福岡出張所開設(現福岡支店)
  • 1948年
    • (株)松尾組となる。資本金500万円。営業所を8カ所に整理
      (長崎、佐世保、福岡、小倉、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
  • 1959年
    • 東京支店開設
  • 1964年
    • 「松尾組」の商号を「松尾建設」に改める
  • 1995年
    • 創業110周年。完成工事高1,100億円を超える
  • 2005年
    • 松尾舗道(株)と合併
  • 2006年
    • 松尾幹夫、会長に就任
      松尾哲吾、七代社長に就任
  • 2008年
    • 本社を福岡、東京に置き、佐賀を本店とする
  • 2015年
    • 創業130年を迎える
  • 2017年
    • 山田裕久、会長に就任

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.3年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.6日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 3名 1名 4名
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

松尾建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
松尾建設(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 松尾建設(株)の会社概要