最終更新日:2021/4/9

京セラ(株)

  • 上場企業

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • コンピュータ・通信機器
  • 精密機器
  • ガラス・セラミックス

基本情報

本社
京都府
資本金
1,157億300万円 (2020年3月期)
売上高
1兆5,990億5,300万円 (2020年3月期、連結)
従業員
75,505名 (持分法適用子会社、持分法適用関連会社は除く。2020年3月31日現在)

京セラは、ファインセラミックスをベースに、部品・デバイス・機器・ソフトウェア開発まで様々な市場で変革を起こし続けます!

会社紹介記事

PHOTO
ファインセラミック部品、半導体部品、電子部品から、ケミカル材料、車載カメラやエネルギーシステムに至るまで、幅広い技術を有し、多角的に事業を展開しています。
PHOTO
超小型セラミックパッケージが、電子機器に欠かせない高機能な水晶デバイスの小型化に貢献。写真の製品は1.2mm×1.0mmというサイズで、気密性と高い信頼性を実現。

「ものづくりに懸ける熱い思い」と「挑戦する姿勢」で更なる成長を目指します。

PHOTO

京都伏見区にある京セラの本社。自社製品でもあるソーラーパネルが設置されています。世界30カ国以上に広がる京セラグループの中枢の役割を果たしています。

創業当時わずか28名の従業員でスタートした京セラは、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること。」を経営理念に掲げています。創業以来持ち続けている「ものづくりに懸ける熱い思い」と「挑戦する姿勢」で成長を続け、現在では売上高1兆5,000億円、京セラグループ全体で約7万人の従業員が働く企業へと発展しました。

京セラは常に先を見据えて、新しいテーマに挑戦し続けています。そんなチャレンジングな姿勢を持ち、情熱に溢れた社員が、強固なチームワークのもと個々の力を存分に発揮しながら活躍しています。例えば、京セラでは「能力を未来進行形で捉える」という考え方を大切にしています。現時点の能力からすれば難しいと思われる仕事であってもチャレンジすることによってその人の能力は高まっていくと考え、すべての社員が持っている無限の可能性に期待しているからに他なりません。こうした考えのもと若手社員に積極果敢に目標にチャレンジいただきます。京セラでは、成功の原動力は「ものづくりに懸ける熱い思い」と「挑戦する姿勢」であり、その積み重ねが成長へと繋がっていくと考えています。

今後も京セラは、持続的な売上拡大と高い収益率を実現していくと共に、社会から尊敬される企業の中の企業 "The Company" を理想の姿とし、更なる成長を目指していきます。

会社データ

事業内容
京セラはファインセラミック技術をベースに、様々な技術革新を続け、今では切削工具、プリンティングデバイス、医療機器やケミカル製品、車載カメラや通信モジュール、燃料電池やエネルギーシステムに至るまで、様々な市場において多角的に事業を展開しています。

PHOTO

IoTの普及を加速させる薄型・小型の新しいアンテナです。工場IoTシステムの開発やウェアラブル端末への展開など、より利便性の高いIoT社会の実現に貢献します。

本社郵便番号 612-8501
本社所在地 京都市伏見区竹田鳥羽殿町6
本社電話番号 075-604-3510
設立 1959年4月1日
資本金 1,157億300万円 (2020年3月期)
従業員 75,505名 (持分法適用子会社、持分法適用関連会社は除く。2020年3月31日現在)
売上高 1兆5,990億5,300万円 (2020年3月期、連結)
国内拠点 本社/京都
事業所/つくば、真岡、ときがわ、佐倉、東京、千ヶ瀬、横浜、中山、伏見、大東 全10事業所
営業所/札幌、東北、名古屋、大阪、福岡ほか 全19営業所
工場/北海道、長野、神奈川、滋賀、鹿児島ほか 全16工場
研究所/みなとみらい、京都、大阪、鹿児島 全4研究所
その他/神戸メディカル商品管理センター
連結売上高推移 2020.3(実)1兆5,990億円
2019.3(実)1兆6,237億円
2018.3(実)1兆5,770億円
2017.3(実)1兆4,227億円
2016.3(実)1兆4,796億円

 
売上高構成比 (2020年3月期 連結)
部品事業 57.1%
機器・システム事業 43.7%
その他、調整及び消去計 -0.8%
主な世界No.1シェア製品 ・セラミックパッケージ
・水晶振動子:小型1008サイズ 製品
・水晶発振器(TCXO): スマートフォン用小型製品

※当社調べ(2020年12月現在)
関連会社 京セラドキュメントソリューションズ(株)、京セラコミュニケーションシステム(株)、 京セラインダストリアルツールズ(株)、京セラ興産(株)、(株)京都パープルサンガなど 国内外に298社 (2020年3月31日現在)
平均年齢 41.4歳 (2020年3月現在 連結)
平均勤続年数 17.7年 (2020年3月現在 連結)
沿革
  • 1959年 4月
    • ファインセラミックスの専門メーカーとして創業。
  • 1972年 3月
    • 「大規模集積回路用セラミック多層パッケージ開発」により、大河内記念生産特賞を受賞。
  • 1980年 5月
    • ニューヨーク証券取引所に株式を上場。
  • 1984年 6月
    • 第二電電企画(株)〔現:KDDI(株)〕を設立。
  • 1991年10月
    • 京セラ環境憲章を制定。
  • 1998年 8月
    • 京都市に太陽光発電システムなどを導入した環境配慮型の新本社ビルを建設し、本社を移転。
  • 2008年 4月
    • 三洋電機(株)の携帯電話事業等を承継・統合。
  • 2010年12月
    • 京セラの高信頼性部品や接合技術など、世界初の快挙を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ」への貢献により大臣表彰。
  • 2011年3月
    • 「低炭素社会づくり行動計画」の一環として日本国内の小・中学校に設置された京セラ太陽光発電システムは1,200件超、シェアは業界第1位に。
      ※文部科学省「スクールニューディール構想」による採用実績校(京セラ調べ/2011年3月時点)
  • 2012年6月
    • 高い成長率が見込まれるインドの切削工具市場で顧客への技術支援体制を強化。また、製造を行うKyocera CTC Precision Private Limitedを設立。
  • 2013年10月
    • 京セラ独自開発、超薄型・軽量の音響デバイス「ピエゾフィルムスピーカー」が経済産業大臣賞を受賞。
  • 2014年2月
    • 京セラグループで初めてとなるインドでの生産拠点が完成。
  • 2015年9月
    • 日本インター(株)が京セラグループに参加
  • 2018年1月
    • リョービ(株)の電動工具事業の承継と子会社化完了
  • 2019年11月
    • 京セラ、「CES 2020」に初出展
      「Toward the Future...」をコンセプトに、
      未来の社会に貢献する先進技術・ソリューションを紹介

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 17.7年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15.8時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13.4日
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

京セラ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ