最終更新日:2022/9/29

(株)シーエックスアール

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • サービス(その他)
  • 検査・整備・メンテナンス
  • 専門コンサルティング
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • プラント・エンジニアリング

基本情報

本社
広島県
資本金
5,000万円 (2021年4月)
売上高
47億1360万円(2022年3月期)
社員数
374名(2022年1月現在)

発電所や工場の健康診断・非破壊検査をおこなう企業です。モノを壊さずに、きずなどを調べる“お医者さん”のような仕事です。

☆【9月日程追加!】オンライン説明会を実施中です!☆ (2022/08/29更新)

PHOTO

こんにちは!
株式会社シーエックスアールです。

この度は、当社の企業ページをご覧いただき誠にありがとうございます。


当社では「非破壊検査」というみなさんにとってあまり馴染みがない仕事を行っています。

「形あるものいつかは壊れる」のですが、それをいかに長く・安全に使うことができるかを調べ、より長く使い続けるためのサポートをしています。

どんな仕事をしているか、働き方はどうなのかなど、詳細は説明会でお伝えします。

現在、オンライン説明会の予約を受付中です。
・9月3日(土)9:30~10:30 / 11:00~12:00
・9月13日(火)13:30~14:30 / 16:30~17:30
ご都合の良い日程を予約ください。

以降も実施を予定しております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
21世紀に躍進する会社として、C(創造)・X(無限の挑戦)・R(信頼)のブランドのもと、安心・安全な社会の実現に貢献できるように日夜研鑽に励んでいます。
PHOTO
先輩・若手がお互いに刺激を与え合い、競争しながら、成長していける職場環境がCXRの特長です。

技術を身につけ、活かすことで社会貢献している実感を持てる仕事です!

PHOTO

「非破壊検査業務は、社会インフラを支える縁の下で、社会になくてはならない仕事。全社員がその誇りを持って頑張っています」と話す小早川社長。

非破壊検査という仕事があることをご存じない方も多いと思います。『物を壊さないで検査する技術』。それが非破壊検査です。
石油化学プラントや、発電所、船舶、ビル、橋といった社会インフラを支える縁の下の力持ちであり、インフラの老朽化が叫ばれている中、安心・安全な社会を実現するためには必要な仕事です。
技術を身に付けて、それを活かすことで、世の中に貢献することができる仕事です。
検査を通じて社会の安全に貢献する、これが私たちの願いであり、誇りです。そのために「創造・信頼・安全」をモットーに、品質マネジメントに関する国際的な認証であるISO9001を取得し、それに基づいた検査体制を確立し、検査サービスを提供しています。

当社は、超音波、放射線などを活用した非破壊検査をただ提供するのではなく、お客様のさまざまなニーズに的確に応え、検査方法に対するコンサルティングを行っています。また、独自の技術開発にも力を入れています。海外とも積極的に技術提携をして、新しい技術を開発・導入してきました。
入社されたら、まずはしっかりと非破壊検査とはなにか、検査を行うにあたって必要な技術を身に付けていただき、その後、希望があれば技術開発に携わることも可能です。

私たちが行う検査の仕事には、資格が必要です。非破壊検査には多くの分野があり、分野ごとに資格が必要です。
会社の成長には社員の技術的・人間的な成長が不可欠だと考え、教育方針に「育つ・育てる・育む」を掲げています。入社後は2年間にわたって新入社員教育「育成プログラム」を実施。現場での実務経験や社内の各種講習会などに参加していただき、資格の取得、技術・技能の向上をバックアップします。
我々が提供するものは、物ではなく「人の持つ技術」です。資格をただ取得だけではなく、幅広い知見を有した、人としての魅力あふれるマルチな技術者になってほしいと考えています。
人が会社にとって、一番の財産。自分の成長に貪欲な、想像力とチャレンジ精神豊かな人材を求めています。

会社データ

プロフィール

私たち人間が、健康診断で体のチェックをするように、発電所や化学プラント、橋、ビル等の「健康診断」を行っているのがシーエックスアールです。発電所や工場など、構造物の「健康診断」では、放射線や超音波を使い「非破壊検査」を実施します。「非破壊検査」は、物を壊さず、その内部や表面の傷を調べる技術で、そこには、当社が1960年(昭和35年)設立以来、培ってきた独自の技術やノウハウが詰まっています。

事業内容
●発電設備、石油・ガス・化学プラント、船舶、鉄骨・橋梁等建築構造物の非破壊検査
●非破壊検査の信頼性向上のための、機器システム開発
●各種試験・検査・組み立て過程などの情報をもとにした機器・プラントの総合判断

PHOTO

2016年(平成28年)4月には「研修開発センター」を開設。

本社郵便番号 737-8516
本社所在地 広島県呉市三条二丁目4-10
本社電話番号 0823-22-4100
支社郵便番号 143-0006
支社所在地 東京都大田区平和島6-1-1 東京流通センター センタービル9階
支社電話番号 03-5767-5901
創業 1958年(昭和33年)
設立 1960年(昭和35年)4月20日
資本金 5,000万円 (2021年4月)
社員数 374名(2022年1月現在)
売上高 47億1360万円(2022年3月期)
代表者 代表取締役 小早川 孝
事業所  本 社/広島県  呉本社     :呉市

 支 社/東京都  東京本社    :太田区 

 事業所/宮城県  仙台事業所   :仙台市
     千葉県  千葉事業所   :市原市
     東京都  東京事業所   :大田区
     岡山県  水島事業所   :倉敷市
     広島県  福山事業所   :福山市
     山口県  山口事業所   :岩国市

 営業所/青森県  青森営業所   :むつ市
     茨城県  日立営業所   :東海村
     新潟県  柏崎営業所   :柏崎市
     愛知県  名古屋営業所  :知多市
     大阪府  大阪営業所   :大阪市
     岡山県  玉野営業所   :玉野市
     愛媛県  西条営業所   :西条市
     島根県  島根営業所   :松江市

教育施設/広島県  研修開発センター:竹原市
経常利益 経常利益 2億7,400万円(2021年3月期)
     3億8,800万円(2020年3月期)
     3億3,100万円(2019年3月期)
     2億7,300万円(2018年3月期)
     1億9,600万円(2017年3月期)
     1億5,200万円(2016年3月期)
     2億 335万円(2015年3月期)
     2億5,900万円(2014年3月期)
     1億5,800万円(2013年3月期)
主な取引先 日立グループ、三井化学グループ、旭化成グループ、住友化学グループ
三井造船グループ、JFEスチールグループ、東芝グループ、三菱グループ
関連会社 ◇非破壊検査部門
 (株)CXRプラネット
 溶接検査(株)
 (株)八戸インスペクションエンジニアリング
 (株)橋梁検査センター
 (株)ニッケン
◇環境部門
 誠心エンジニアリング(株)
平均年齢・平均勤続年数 平均年齢:38.1歳(2021年5月時点)
平均勤続年数:13.2年(2021年5月時点)
新卒3年離職率 新卒3年離職率:27.4%
            (2021年12月時点)
社是・企業理念 社是
C=Creative(創造)
X=無限の挑戦
R=Reliable(信頼)
常に創造し、挑戦し続けること、信頼を裏切らないこと。社名のシーエックスアールにも通ずる、シーエックスアールの方向性です。

企業理念
「お客様と社員に信頼される企業であり続け、検査を通じて社会の安心・安全の確保に貢献する」
当社の存在意義を示しています。
●社員教育の充実  2016年(平成28年)4月、竹原市に「研修開発センター」を開設しました。
人間力と技術力の向上が会社の成長にもつながるとして、社員研修のさらなる拡充に取り組んでおります。
 従来から実施していた社員教育による資格の取得率向上や業務経験だけでなく、外部研修などの実施を通じて視野を広げ、人間力の更なる充実を目指し、より、高い次元での職業人生を送れるような教育を実施します。

 また、令和4年(2022年)度の新入社員より技能・技術・人間力のより効果的な向上を目指し、「育成プログラム」と銘打ち、2年間に渡る全寮制での研修を実施します。
 座学で身につけた知識を現場での実践で活かし、そこでわからなかったことを座学で学び直すといった研修を予定しています。「非破壊検査」とは何たるかを勉強し、業務で必要な資格を取得します。
●技術力 お客さまの新規プラント製作から、運用後の保守検査まで、広範囲にわたり、様々な検査を行う独自の技術力を持っています。
特に細管検査においては同業他社から検査の依頼があるほど、高い技術を持っています。
●将来展望 今までは設備を停止させた定期点検・定修時の検査を中心としてきましたが、今後は現在もお客様から好評を得ている「Thru-VU」システムなど、設備を稼働させた状態での検査についての技術開発をさらに進めていきます。
また、同業他社から検査依頼を頂くほどの強みとしている細管検査技術を伸ばし、100年企業を目指します。
沿革
  • 1958年
    • 中国地区以西で初の検査業者として、放射線透過試験業務を
      開始。
  • 1960年
    • 非破壊検査の専門会社として、中国エックス線(株)を設立。
  • 1965年
    • 日本溶接協会放射線検査委員会により、全国で最初の
      放射線透過写真撮影事業者として認定をうける。
  • 1966年
    • 科学技術庁より、放射線障害防止に係わる放射性同位元素の
      使用許可を受ける。
  • 1975年
    • 米国Southwest Research Institute(SwRI) と技術援助契約を締結。
  • 1984年
    • 通産省・工業技術院電子技術総合研究所と
      「管内自走装置」特許実施契約締結。
      代表取締役中野盛司が日本非破壊検査工業会理事長に就任。
  • 1985年
    • 通産省・工業技術院機械技術研究所と
      「パイプライン設備診断装置」特許実施契約締結。
      環太平洋原子力会議ソウル大会で、日本政府コーナーに
      「モグラー」を出展。
  • 1986年
    • ジュネーブ国際原子力産業見本市で、日本政府コーナーに
      「モグラー」出展。
      "粉体処理による染色浸透探傷法"で非破壊検査協会奨励賞
      受賞。
      本州四国連絡橋において、自動超音波探傷装置による
      超音波探傷検査実施。
  • 1990年
    • 創立30周年を記念し、社名を中国エックス線(株)より(株)シーエックスアールへと変更。
  • 1992年
    • 東京都第三者検査機関の指定をうける。
      代表取締役中野盛司がCIW検査事業者協議会代表幹事に就任。
  • 1996年
    • 日本道路公団殿委託による橋梁第三者検査を実施。
  • 1997年
    • ISO9001認証取得(エンジニアリング事業部)。
  • 1998年
    • 米国シカゴOmega International Technology Inc.と
      ThruVUシステムに関する技術導入契約を締結。
  • 1999年
    • 新規拠点、新規検査事業分野を開拓するために新規開拓室を
      新設。
      再処理施設小径配管への適用を目途とし、イッテルビウム照射装置を開発。
  • 2001年
    • 超音波TOFD装置の導入、実用化。
  • 2002年
    • 「配管用磁わい式非接触超音波発信システムの実用化」の
      補助事業認定。
  • 2003年
    • 「MsS磁わい超音波探傷装置」のフィールドテスト開始
      タンク診断システムの開発。
  • 2006年
    • 本社屋の建替竣工。
  • 2007年
    • CR装置(コンピューテッドラジオグラフィ)を導入、
      実用化。
  • 2011年
    • 「Thru-VUシステム」の提携先、米国Omega-International
      Technolgy社からSENTIENT REVOLUTION LLCに移管。
  • 2012年
    • 「MsT磁わい超音波探傷用センサー」のフィールドテスト開始。
  • 2014年
    • 「フェーズドアレイ」装置導入、実用化
      仙台営業所開設
      福島営業所を廃止
  • 2016年
    • 研修開発センター開設
  • 2018年
    • 新規事業展開の一つとして、ばい煙や水質検査機器を検査する環境事業部を設立。
  • 2020年
    • 会社設立60周年(創業62周年)

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.4年
    2021年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 22.6時間
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 15.3日
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 0名 0名 0名
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 0名 0名 0名
    2021年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 3.0%
      (33名中1名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
教育方針として「育つ」「育てる」「育む」の3つを指針として盛り込んで「技術力」「人間力」を伸ばすべく教育研修の実施に取り組んでおります。
入社後は2年間という長い期間をかけて社会人としての基礎的な教育や、現場で安全に作業するための約束事、非破壊検査の知識を学び、OJTとして現場での業務に携わっていただきます。学んだ知識や取得した資格を現場で実践できるか、様々な困難も伴うことと思いますが、それを乗り越える力も養いたいと考えています。
「人間力」の研修として1年目研修・2年目研修といった研修の中でキャリア形成や、振り返り研修といったものを行っております。
こうした研修は2016年(平成28年)4月に開設した「研修開発センター」で実施しています。
また、2019年度よりE-Learningを導入し、各自が好きなときに勉強したい講座を見られるようにしております。
それ以外にも新任部所長研修など行っております。
自己啓発支援制度 制度あり
入社後3年間は非破壊検査業務に必要な資格は「社命受験」とし、受験料、交通費等試験にかかる費用は全額会社負担となります。
また、社内規定の一つに「自己啓発援助規定」というものが制定されており、会社が取得を推奨している国家資格等の取得について、一度、自己負担するものの資格試験に合格した場合に限りその資格を取得するためにかかった受験費などを補填しています。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
賞与や昇給などのタイミングや年数回実施している目標管理面談で、どのような将来像を描いているのか、今後キャリアをどうしていきたいのかなどを上司による面談を実施しています。
社内検定制度 制度なし
外部機関、公的機関が実施する資格試験を受験いただきます。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
愛媛大学、岡山大学、九州大学、東海大学、広島大学、弘前大学、山口大学、鳥取大学、東洋大学、茨城大学、鳴門教育大学、筑波大学、奈良先端科学技術大学院大学
<大学>
青山学院大学、茨城大学、いわき明星大学、愛媛大学、桜美林大学、大阪工業大学、大阪国際大学、大阪産業大学、大阪電気通信大学、大阪府立大学、追手門学院大学、岡山商科大学、岡山理科大学、沖縄国際大学、神奈川大学、金沢工業大学、川崎医療福祉大学、関西大学、九州共立大学、九州工業大学、九州産業大学、京都外国語大学、京都産業大学、京都精華大学、近畿大学、県立広島大学、甲子園大学、神戸学院大学、国士舘大学、駒澤大学、島根大学、城西国際大学、創価大学、崇城大学、高千穂大学、大東文化大学、千葉大学、千葉工業大学、筑波大学、帝京大学、帝京平成大学、東亜大学、東海大学、東京工業大学、東京農工大学、東北学院大学、常磐大学、徳島文理大学、鳥取大学、豊田工業大学、獨協大学、長崎大学、長崎総合科学大学、新潟大学、西日本工業大学、日本大学、日本工業大学、日本文理大学、八戸工業大学、比治山大学、広島大学、広島経済大学、広島工業大学、広島国際大学、広島国際学院大学、広島修道大学、福岡大学、福岡工業大学、福山大学、福山平成大学、法政大学、松山大学、明海大学、明治大学、名城大学、桃山学院大学、安田女子大学、山口大学、立命館大学、龍谷大学、流通経済大学(茨城)
<短大・高専・専門学校>
岩国短期大学、宇部工業高等専門学校、浦和大学短期大学部、大阪電子専門学校、大原簿記法律専門学校柏校、岡山短期大学、香川高等専門学校、呉工業高等専門学校、女子美術大学短期大学部、聖徳大学短期大学部、千葉女子専門学校、中国短期大学、徳島文理大学短期大学部、徳山工業高等専門学校、新居浜工業高等専門学校、日本航空大学校北海道、八戸工業高等専門学校、広島会計学院ビジネス専門学校、広島コンピュータ専門学校、福島県立テクノアカデミー浜職業能力開発校、松江工業高等専門学校、水戸経理専門学校、水戸電子専門学校、美作大学短期大学部、<専>YIC京都工科自動車大学校

採用実績(人数) 21名 令和3年(2021年)
10名 令和2年(2020年)
16名 平成31年(2019年)
36名 平成30年(2018年)
10名 平成29年(2017年)
13名 平成28年(2016年)
8名 平成27年(2015年)
採用実績(学部・学科) 経 済 学 部:経済情報学科、経済学科、国際地域経済学科
文  学  部:人文学科
商  学  部:経営学科、商学科
地 域 学 部:地域環境学科
政策創造学部 :政策学科
環 境 学 部:地球環境学科、環境情報学科
社会環境科学部:情報通信学科
生物資源科学部:物質化学科
理  学  部:応用数学化、理学科、生物・化学科、物理科学科
総合理工学部 :材料プロセス工学科
理 工 学 部:機械工学科、数学物理学科
工  学  部:機械工学科、機械システム工学科、生物化学工学科、
応用化学科、バアイオ応用化学科、化学システム工学科、ロボティクス学科、
住環境デザイン学科、動力機械工学科、電気電子工学科、情報システム工学科
都市デザイン工学科、都市環境システム学科、環境共生工学科
先端工学基礎学科、応用数理工学科
基 礎 工 学 部 :物質環境工学科
生 命 工 学 部 :応用生物化学科
大  学  院:医学系研究科、生命科学研究科、バイオサイエンス研究科
数理物質科学研究科、工学研究科、産業工学研究科、理工学研究科、
農学研究科、理学研究科、学校教育研究科、文学研究科、化学専攻
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 20 1 21
    2020年 8 2 10
    2019年 14 2 16
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 21
    2020年 10
    2019年 16
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 2
    2020年 3
    2019年 4

採用データ

先輩情報

次世代の技術者育成の為に新しい手法を試行錯誤しております。
鎌手 N
2017年入社
28歳
山口大学
理学部 地球圏システム科
教育支援部
NDI試験等の講習
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp85887/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)シーエックスアールを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)シーエックスアールの会社概要