最終更新日:2022/6/24

小雀建設(株)

  • 正社員

業種

  • 建設
  • 建築設計
  • 設備工事

基本情報

本社
神奈川県
資本金
8,500万円
売上高
71億3,783万円(2020年7月実績)
従業員
101名(グループ計132名)

横浜エリアに根ざして50年以上!

  • 積極的に受付中

【新型コロナウイルスへの対応あり】選考直結型会社説明会実施中! (2022/02/14更新)

PHOTO

小雀建設 採用担当の北下です。

当社は、横浜市戸塚区を拠点に、神奈川県・東京都に事業展開する総合建設業の会社です。

土木施工管理職・建築施工管理職・事務職の募集をしています。

施工管理(現場監督)職に興味のあるかたは、学部・学科は問いませんので是非エントリーしてください。

毎月 対面型・Web型での会社説明会を実施しています。日程は説明会・セミナーのページよりご確認いただきエントリーして下さい。

対面型会社説明会は、コロナウイルス対策として、少人数で開催しマスク着用で参加をお願いしております。

当社はJR線大船駅より神奈中バスで田谷バス停が最寄になりますが、JR線大船駅よりタクシーでお越しいただいても構いません。領収書と引き換えにタクシー代をお支払いいたします。

会社説明会にエントリーお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
品質管理を行う中枢的部門・集中管理部は7割が女性社員。建築部ではベトナム人女性のCAD技術者が活躍するなど、先進的な取り組みが特徴。
PHOTO
多くの社員が関わり合いながら一つのプロジェクトを完成させ、そこで培った経験を生かしてさらなるチャレンジを行う。上下の枠にとらわれない、風通しの良い社風も魅力。

自分が主役になる!そう思っている方に社長を継承します

PHOTO

「当社は横浜市を中心に成長してきました。社員全員で草刈りやゴミ拾いを行うなど地域貢献にも力を注いでおり、『横浜型地域貢献企業認定 最上位』を取得しています」

小雀建設は、お客さまのために、そして地域社会のために貢献することを企業の存在価値として50年以上の歴史を歩んできました。官公庁の土木・建築工事をはじめ、企画提案型の民間工事、資産有効活用のためのコンサルティングなどを経営の柱としています。近年は大規模な自然災害が多発しているため、人々の暮らしの基本であるライフラインの復旧など、緊急時への対応力を高めることにも尽力しています。災害が起きたときに即時対応ができるのは、地元の建設業だけです。それは私たちの使命でもあるのです。

土木工事や建築、災害時における対応、そのすべてにおいて重要なのは「人の輪」です。現場監督、職人、協力会社の社員、そういった人の輪がなければ、何ひとつ成し遂げることはできません。だからこそ当社では、人の輪を大事にし、売上や利益といった目先の数値を上げること以上に、社員を育てることを最重要テーマとして取り組んでいます。

新入社員は、入社当日から合宿研修でスタート。その後も入社年数に応じて研修を行い、技術的なスキルを学ぶとともに、必要な資格を得るために外部講習の受講を希望する社員に対しては学費の全額援助を実施しています。なぜなら、建物を建てるためには建築士や施工管理技士の資格だけでなく、電気や設備の知識も必要です。当社の社員には、すべてに対応できる力を身につけてほしいのです。

また、さまざまな方が活躍できる場を広げることも推進しています。建設業は男性が約86%を占める業種ですが、集中管理部という部門は女性が7割を占めています。外国人も技能実習という形ではなく、四年制大学の建築学科などを卒業した人材を採用し、10名のベトナム人が技術者として活躍しています。性別や国籍を問わず、「人の輪」を広げていきたい。それが私たちの願いです。

ただし、1つ欠けているものがあります。それは「人の輪」をまとめる私の後継者です。当社は一族経営ではありません。5年先、10年先のことを見据え、さらに会社を大きくし、多くの社員たちを幸せにできる次期社長を求めています。将来のリーダーを育成するためのセミナーも定期的に開催しています。現場監督で終わるのではなく、将来の幹部や役員、そして社長を目指してください。自分がこの会社の主役になる。そんな意識を持った人と出会えることを楽しみにしています。

(代表取締役社長 小泉 和雄)

会社データ

プロフィール

横浜市戸塚区を中心とした神奈川エリアに根ざして、50年以上。私たち「小雀建設」は、地元密着型のビジネスを貫きつつ、道路や橋、堤防といった、人々の安全で快適な暮らしを守り、発展させるためのインフラ整備事業を多数手がけてきました。十数年前からは、建築事業もスタートさせ、官公庁関連施設、病院、保育園、幼稚園、各種商業施設といった公共性の高い建築物を幅広く手がけてきたほか、住宅分野にもチャレンジして活躍の場を広げています。

私たちの一番の強みは、高い技術力。実績により評価される「優良工事表彰」を毎年連続して受賞しており、2017年には、横浜市、神奈川県、国から同時に「優良工事表彰」を受賞する快挙を成し遂げました。神奈川県の中小企業で、市・県・国から同時に表彰されました。その事実からも、当社の技術力の高さをご理解いただけるかと思います。

なぜ、そのような高い技術力を私たちが保持できるのか。理由の一つは人材育成制度の充実にあります。入社年数に応じた階層別の研修や、資格取得のための研修、幹部育成のための研修などを取り入れ、社員の成長をバックアップしてきました。もう一つの理由は、査定基準が明確な報酬制度や持株会の導入。一人ひとりの頑張りや会社の成長がしっかり報酬に反映される仕組みを取り入れることで、社員の成長意欲を促しています。

そして、これは当社の特徴でもありますが、職人たちが属する関連会社の存在も理由の一つといえるでしょう。一般的に、職人仕事は外注に頼ることが多いこの業界ですが、当社では職人も社員として雇い、共に成長を目指しています。現場が一体となれるこの環境こそが、質の高いものづくりへとつながっているものと考えます。

グループの社員数が140名を超えて、当社の活躍のフィールドはさらに広がりつつあります。当社のみならず、当社の活躍によって建設業界全体を良い方向へ導いていきたいというのが私の願いです。その実現のためのM&Aは積極的に行い、新たなビジネスチャンスを相乗効果で生み出していきたいと思っています。

社員平均年齢は30代。若手が主役となって活躍している会社です。ぜひ、当社で、大いに成長し、輝かしい未来を手にしてください。
<代表取締役社長/小泉 和雄>

事業内容
土木(インフラ整備及び新設、耐震工事)及び建築工事、アセットマネジメント
本社郵便番号 244-0004
本社所在地 神奈川県横浜市戸塚区小雀町129-3
本社電話番号 045-851-3646
設立 1963(昭和38)年8月22日
資本金 8,500万円
従業員 101名(グループ計132名)
売上高 71億3,783万円(2020年7月実績)
事業所 本社、東京支店

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 5日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
新入社員研修、若手社員(入社2~4年目)・中堅社員研修(入社5年目)フォローアップ研修、管理職研修、経営者養成プログラム、現場管理者研修(安全管理、現場管理、施工管理、工程管理、原価管理、実行予算作成実務等)建設業法、安全衛生法(法改正時)各種法令研修など
自己啓発支援制度 制度なし
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度なし

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
日本大学
<大学>
足利大学、足利工業大学、関西学院大学、関東学院大学、駒澤大学、第一工業大学、千葉工業大学、東海大学、東京工芸大学、東京電機大学、東京理科大学、日本大学、日本工業大学、八戸工業大学、法政大学、明治大学、明星大学、横浜商科大学、立正大学、北見工業大学
<短大・高専・専門学校>
浅野工学専門学校、<専>京都建築大学校、中央工学校、横浜公務員&IT会計専門学校、日本工学院八王子専門学校、町田・デザイン専門学校、横浜経理専門学校、横浜デジタルアーツ専門学校、横浜日建工科専門学校

神奈川県立磯子工業高等学校、神奈川県立藤沢工科高等学校、神奈川県立向の岡工業高等学校、神奈川県立小田原城北工業高等学校

採用実績(人数) 2016年 2017年 2018年 2019年
-----------
 4名  6名   5名   9名
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2019年 9
    2018年 5
    2017年 6
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2019年 0
    2018年 0
    2017年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp86564/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

小雀建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
小雀建設(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 小雀建設(株)の会社概要