最終更新日:2022/6/22

日本原燃分析(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • サービス(その他)
  • ガス・エネルギー
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 環境・リサイクル
  • 商社(化学・石油・ガス・電気)

基本情報

本社
青森県
PHOTO

学んできたことを生かせる職場!

大水 洋平
岩手大学大学院
農学研究科 応用生物化学専攻卒業
再処理分析部 工程分析課

現在の仕事内容

私は工程分析課で、運転状況を把握するために、さまざまな工程で発生する試料の分析を行い、運転管理や、運転判断のための分析業務を行っています。放射性物質を扱っているため、遠隔操作機器を用いて分析業務を行っていますが、日によって分析する内容が異なるため、いつでも作業に取り掛かることが出来るよう、日常の点検や準備を事前にしっかり行うことが重要です。また、私の勤務は3勤交代制なので、深夜に業務を行うこともあります。そのため、体調管理にも気をつけています。


今の仕事のやりがい

分析業務に携わっていますが、実は分析項目は約100種類ほどあります。その分析項目を1つでも多く把握するために日々勉強をしています。入社当時と比べ、現在では全体の約3割程度は把握することが出来ました。また、一人で行える分析作業も増え、徐々に任せてもらっているという実感がでてきました。しかし、その分、責任もついて来ます。ミスがないよう、分からないことは放置せず、必ず先輩に確認し、その日のうちに理解してから業務を終えるようにしています。また、空いている時間を活用し、マニュアルを読み込み、事前準備を徹底的に行っています。


この会社に決めた理由

学生時代に、分析機器を用いた研究を専攻していたため、学んだことを活かせる仕事に携わりたいと思っていました。大学の合同会社説明会で初めて当社を知り、自分が目指していた分野に直接関わる業務内容だったので、ここで働きたい!と思い、入社しました。また、企業を知るに連れて、ずっと働けて、社内の環境も良い会社だと知り、ますます動機が高まりました。


現在就職活動中の学生にひと言!

就職活動は、自分自身を振り返る機会だと思っています。自己分析を行うことにより、自分の軸がきまり、妥協できない部分も見えてきます。また、家族や友人に自分を客観的に見てもらい、自分はどういう人物なのかを確認することも大切です。そうすることにより、今まで気づかなかった自分の長所や短所、人柄など、改めて知ることが出来ます。まずは、じっくりと時間をかけて、自分を理解することから始めてみてください。


トップへ

  1. トップ
  2. 日本原燃分析(株)の先輩情報