最終更新日:2022/6/22

日本原燃分析(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • サービス(その他)
  • ガス・エネルギー
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 環境・リサイクル
  • 商社(化学・石油・ガス・電気)

基本情報

本社
青森県
PHOTO

分析装置の更新部門のスターティングメンバーに抜擢されました

東平 吉正
2013年
33歳
新潟大学
大学院 自然科学研究科
再処理分析部 分析技術課 リプレース班
分析装置の更新(リプレース)業務

この会社に決めた理由

私は出身地である青森県に戻ることを最優先に会社を探していました。また学生時代には、土壌やその中にある金属の成分を農業に役立てる研究をしており、その際に扱った分析装置のスキルを生かせる仕事も希望でした。当社は私の学生時代に設立された会社ですが、日本原燃のことは以前から知っていて、調べていく中で私の条件にマッチしていることがわかったのです。入社前は正直、当社での分析業務のイメージは漠然としていました。学生の時のように白衣を着てやるのかな、放射性物質をどう扱うのだろうと思っていたのですが、実際にはグローブボックスや遠隔操作という経験したことのない分析で、慣れるまでは少し苦労しました。


現在の仕事内容

再処理工場で使用している分析装置の更新を行う部署が新設され、今は実際の更新に向けた検討業務を行っています。分析装置自体は消耗品であるため、安定して工場を運転していくには、古くなった分析装置を順次更新していく必要があります。現在据え付けてある装置が軒並み古くなってきていて、これからは少なくても10年~15年ごとに更新しようという方針になり、それを当社が手がけることになったのです。グローブボックスなど、装置の中には独自の仕様に改造されているものもの少なくありません。工場に影響を与えないよう、各装置にはバックアップ用のものもあるのですが、今後はそれを1台ずつ止めながら更新していくことになります。


今の仕事のやりがい

再処理工場内の分析装置更新業務を行うことを目的に、入社3年目から親会社である日本原燃へ出向し、検討から更新後の運用開始までのひと通りの業務を経験してきました。実験室のような通常の環境とはまったく異なる環境下にある装置の更新となるため、困難が多く、社内外の調整等も大変なことばかりでしたが、苦労した分、自分が手がけた装置が無事に運用開始した時には大きなやりがいを感じることができました。社内のリプレース班は2021年2月に新設され、私は4月に戻ってきたばかり。これから3名のメンバーで、まずは難易度の低い装置の更新業務から始める予定で、そのスターティングメンバーの一員としての誇りも感じています。


これからの夢や目標

新設されたばかりの部署であるため、まだ実際に更新を完了した実績がありません。今は作業着が汚染したりしないよう、どんな手順で進めるかなどをメーカーとともに打ち合わせをし、さらに当社でできそうな装置の検討を行い、それを日本原燃に提出している段階です。まずは1つの実績をあげることが当面の目標です。ゆくゆくはこの業務を軌道に乗せ、新たな事業の柱として自社と親会社に貢献していくことが夢です。またプライベートでは、昨年第一子(長男)が誕生しました。タイミング良く、当社では昨年から「安心ゆとり休暇」の制度が導入されたので、それを利用して子育てにも積極的に参加していきたいと思っています。


就職活動中の学生へメッセージ

就職活動では、さまざまな業界・業種の会社を訪問することで新たな発見があります。先入観を持たず、少しでも気になった会社があれば積極的に説明会等に参加してみるべきだと思います。私も学生の時は「分析関係に行きたい」と強く思っていましたが、調べてみると分析をしている会社は多くありませんでした。また分析といっても、学生が想像するものと実際の仕事では大きく異なります。広い視野を持った上で、確認したい点を決めておいて説明会に参加すれば、各社の違いがよくわかるはずです。ちなみに当社は休暇が比較的取得しやすく、オール電化の社員寮など福利厚生も整っていて、プライベートを充実させやすい環境である点も魅力ですよ!


トップへ

  1. トップ
  2. 日本原燃分析(株)の先輩情報