最終更新日:2022/3/15

(株)文藝春秋

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 出版
  • インターネット関連

基本情報

本社
東京都
資本金
1億4,400万円
売上高
204億円(2021年3月)
社員数
359名(2021年1月現在)

何を伝える 何で伝える

23年入社のエントリーは締め切りました (2022/03/15更新)

PHOTO

3月10日に本年度のエントリーシート(入社志望書)の受付を終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

文藝春秋 採用担当

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
文芸作品から、政治経済、スポーツ、コミックまで幅広いジャンルの出版物。年間500点以上を刊行します。「人間」への飽くなき好奇心――これが文藝春秋の原動力です。
PHOTO
社員同士は、たとえ社長であっても「さん」付けで呼び合います。自由で大らかな社内の雰囲気が、社員一人ひとりの興味関心と創造性を育む土壌となっています。

新たな出版界の地平を切り拓くために

PHOTO

創業者・菊池寛(1888-1948)。30代半ばで「文藝春秋」を創刊した。

「文藝春秋」創刊の辞

私は頼まれて物を云うことに飽いた。
自分で、考えていることを、
読者や編集者に気兼ねなしに、
自由な心持で云ってみたい。
友人にも私と同感の人々が多いだろう。
又、私が知っている若い人達には、
物が云いたくて、ウズウズしている人が多い。
一には、自分のため、一には他のため、
この小雑誌を出すことにした。

 上の言葉は、文藝春秋を創業した菊池寛が、『文藝春秋』創刊に際して寄せた文章です。
 大正12年(1923年)1月、流行作家の地位にあった菊池寛が、「頼まれて物を云うことに飽いた」とし、「友人にも私と同感の人々が多いだろう」と考え、その友人らとともに同人雑誌『文藝春秋』を発行したのです。
 創刊号には、芥川龍之介、川端康成、横光利一らが寄稿しました。発行部数3,000部、定価10銭、本文28頁の小冊子は、わずか3日ですべて売り切れたといいます。
 文藝春秋は創業98年の長い歴史を持つ出版社ですが、社是や明文化された企業理念をあえて持ちません。
 菊池寛の言葉にある「自由な心持」で雑誌や書籍、コンテンツを作るのが文藝春秋であり、社の精神に繋がっているのです。

会社データ

プロフィール

1923(大正12)年、一人の作家が、28頁の小冊子―雑誌「文藝春秋」創刊号―を世に問うたことから、出版社「文藝春秋」は出発しました。

以来、読者の信頼と支持を得て、数多くの雑誌・書籍を発行してきました。
雑誌「文藝春秋」創刊時の「気兼なしに自由にものをいいたい」という思いは、当時も今も変わらない当社の出版理念です。

事業内容
◆「文藝春秋」「オール讀物」「文學界」「週刊文春」「週刊文春WOMAN」「CREA」「CREA Traveller」「Sports Graphic Number」「Number PLUS」「Number Do」の発行

◆単行本、文庫、新書、全集の刊行

◆電子書籍事業、電子版「別冊文藝春秋」、WEB メディア「文春オンライン」「Number web」「CREA WEB」「文藝春秋digital」などの運営
本社郵便番号 102-8008
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町3-23
本社電話番号 03-3288-6101(総務部)
設立 1923(大正12)年1月
資本金 1億4,400万円
社員数 359名(2021年1月現在)
売上高 204億円(2021年3月)
関連団体 公益財団法人 日本文学振興会
平均年齢 44.2歳(2021年3月現在)
平均勤続年数 18.2年(2021年3月現在)
沿革
  • 1923(大正12)年1月
    • 文藝春秋社創設、『文藝春秋』創刊
  • 1928(昭和3)年5月
    • 株式会社とする
  • 1930(昭和5)年7月
    • 初の臨時増刊『オール讀物號』を発行
  • 1935(昭和10)年
    • 芥川龍之介賞・直木三十五賞を制定発表
      (『文藝春秋』1月号)
  • 1936(昭和11)年
    • 『文學界』を文圃堂より引き継ぐ(7月号より)
  • 1938(昭和13)年7月
    • 財団法人日本文学振興会創設
  • 1939(昭和14)年
    • 菊池寛賞を制定発表(『文藝春秋』4月号)
  • 1946(昭和21)年2月
    • 臨時増刊『別册文藝春秋』発行
  • 1946(昭和21)年3月
    • 菊池 寛、(株)文藝春秋社を解散
  • 1946(昭和21)年6月
    • 社員有志、菊池 寛の許諾を得て(株)文藝春秋新社を設立
  • 1959(昭和34)年4月
    • 『週刊文春』創刊
  • 1966(昭和41)年3月
    • 「(株)文藝春秋」に社名変更
      千代田区紀尾井町3番地に文藝春秋ビル竣工、本社移転
  • 1969(昭和44)年
    • 大宅壮一ノンフィクション賞を制定発表
      (『文藝春秋』11月号)
  • 1974(昭和49)年6月
    • 文春文庫創刊
  • 1980(昭和55)年4月
    • 『Sports Graphic Number』創刊
  • 1989(平成元)年11月
    • 『CREA』創刊
  • 1993(平成5)年
    • 松本清張賞を制定発表(『文藝春秋』6月号)
  • 1998(平成10)年10月
    • 文春新書創刊
  • 2006(平成18)年11月
    • 『CREA Traveller』新創刊
  • 2013(平成25)年
    • 創立90周年
      文春学藝ライブラリー創刊
  • 2017(平成29)年1月
    • 『文春オンライン』Webサイトオープン
  • 2019(令和元)年11月
    • 『文藝春秋digital』Webサイトオープン
  • 2020(令和2)年10月
    • お取り寄せ通販サイト「文春マルシェ」オープン

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.2年
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 4名 3名 7名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 4名 0名 4名
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
入社前研修
入社前に、10日間程度の新入社員研修(集合研修)を実施します。会社の組織編成や各部署の業務内容を説明するとともに、編集者やビジネス部門の実務を課題を通して学びます。その後は各配属先へ分かれ、実際の現場で先輩社員のもと実務を学んでいただきます。

採用実績

採用実績(学校)

非公開

採用実績(人数)         18年 19年 20年 21年 22年(予)
―――――――――――――――――――――――――
大卒・大学院卒  5名  5名  7名  3名  8名
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 2 1 3
    2020年 4 3 7
    2019年 1 4 5
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2021年 3
    2020年 7
    2019年 5
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2021年 1
    2020年 0
    2019年 0

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp88549/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)文藝春秋と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)文藝春秋を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)文藝春秋の会社概要