最終更新日:2021/10/22

前田工繊(株)【東証一部上場】

  • 上場企業

業種

  • 繊維
  • 建材・エクステリア
  • 化学

基本情報

本社
東京都、福井県
資本金
34億7200万円
売上高
393億6,500万円(2020年9月期、連結)
従業員
単体:403名(2020年9月20日現在) 連結:1,179名(2020年9月20日現在)

地球に優しく、安心・安全を創造する技術で次代を担うビジネスフィールドを開拓します。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
インフラ整備に必要な資材の開発・製造だけでなく、自社製品の効果を最大限に引き出す施工方法の考案まで手がけており、総合力を活かした提案ができるのが強みだ。
PHOTO
土木の世界で活躍する繊維・ジオシンセティックス製品を中心に、優れた土木資材・産業資材を提供。目に見えないところで安全や快適性、環境へのやさしさを支えている。

地球にやさしく災害に強い、安心安全な社会の基盤を作る最先端企業。

PHOTO

「会社は自分の人生を高め、築き上げる過程の大部分を占めるもの。トップの考えをどんどん聞いてください」と語る前田征利会長。

当社は絹織物の機屋から身を起こし、着るための繊維から「社会を支えるための繊維」に事業を転換。土壌や土木資材を補強する合成繊維「ジオテキスタイル」の先駆者として、長年にわたる産学共同研究から土木の常識を覆す製品を多数開発してきました。近年は繊維を主体に、鉄や木材などを横軸に加えて製品の幅を広げており、産業資材やBBSブランドの自動車のホイール販売も行っています。さらに、2011年にはベトナムに工場を建設し、ASEAN地区への販売展開も開始しました。 

土木は鉄やコンクリートの世界だと思われがちですが、現在は繊維を活用して資材や環境への負担を抑え、より安全で快適なインフラを築き上げるのが主流になっています。また、地震や豪雨による災害からの復旧工事、減災対策にも貢献しています。道路やトンネル、施設などのインフラは、人間が人間らしく生きるための基盤。そのインフラを支える前田工繊の技術は、豊かな社会生活を守る大きな使命を担っているのです。

そんな前田工繊の原点は、「本当のモノづくりをする」という真っ直ぐな気持ちです。世の中の役に立つものを作り、お客様の喜ぶ顔が見える場所で仕事がしたい。この想いこそ、当社がメーカーへと転身した最大の理由です。私たちは、モノづくりの魅力に共鳴する集団であり、人と人、人と素材のクロスオーバーからイノベーションを起こし、どこにもないものを生み出す創造者。努力は決して裏切らないことを、業界からの信頼と実績で証明してきました。柔軟な感性と広い視野で仕事を見つめていきたい方にとっては、挑戦しがいのある面白い会社だと思います。

当社はOJTによる人材育成に重点を置いており、上司や先輩、同僚との交流を通じて仕事を学ぶスタイルをとっています。当社は企業の成長とは人の成長であり、努力をするからこそ味わう喜怒哀楽が人を結び、成長を促すと考えています。社員には自分の領域を大いに広げてほしいと願っていますし、そのための取り組みとして人事システムを改革。社員一人ひとりの頑張りを今まで以上に評価する体制にしています。私たちのモノづくりやその姿勢をもっと知りたいという方は、私がお相手をして、前田工繊が目指すものをじっくりとお話しいたします。
(代表取締役会長 前田征利)

会社データ

事業内容
【取扱製品(抜粋)】
●盛土補強用資材…地震に強い盛土をつくる(アデム)
●法面補強工法用資材…斜面の土砂崩れを防止(MKフレーム)
●排水材…トンネルや地面の不要な水を効果的に排出(モノドレン)
●河川護岸材…自然と調和しながら、水による浸食を防止(ボトルユニット)
●緑化資材…野草木の生育を促進させ、法面を緑化(マルチベース)
●エクステリア整備資材…再生プラスチックでできた、まるで本物の丸太(プラ擬木)
●コンクリート構造物補修・補強材…長寿命の耐震補強を提案(マグネライン)
●接着系あと施工アンカー…超強力接着剤(ボルトメイトTG)
●港湾・河川汚濁防止用フェンス…汚濁水や流出油の拡散を防止(OKシルトフェンス)
●道路舗装用材…より快適な道路に(ロードスター)
●不織布…車両内装材やマスクにも(スプリトップ)

( )内は当社製品名

PHOTO

プラ擬木はプラスチック廃材をリサイクルした再生プラスチック製擬木です。天然木の様な柔らかな素材感で高い耐久性をもち、公園や階段など様々な用途に使用されています。

本社郵便番号 919-0422
本社所在地 福井県坂井市春江町沖布目38-3
本社電話番号 0776-51-9577
東京本社郵便番号 105-0011
東京本社所在地 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館12F
東京本社電話番号 03-6402-3944
創業 1918年
設立 1972年
資本金 34億7200万円
従業員 単体:403名(2020年9月20日現在)
連結:1,179名(2020年9月20日現在)
売上高 393億6,500万円(2020年9月期、連結)
支店営業所 <本 社>東京、福井
<支 店>札幌、仙台、新潟、名古屋、大阪、広島、四国(愛媛県)、福岡
<営業所>盛岡、金沢
<事務所>岡山、鹿児島
<工 場>福井、南幌(北海道)、能登川(滋賀県)、西宮(兵庫県)
業績推移 (単位:百万円)
(連結)
2020年9月期  売上高 39,365  経常利益 4,635
2019年9月期  売上高 37,853  経常利益 5,392
2018年9月期  売上高 34,613  経常利益 5,177
2017年9月期  売上高 31,255  経常利益 4,197
2016年9月期  売上高 29,888  経常利益 3,793
2015年9月期  売上高 26,774  経常利益 3,592

主な取引先 官公庁・コンサルタント・ゼネコン・全国代理店
関連会社 MAEDA KOSEN VIETNAM
BBSジャパン、BBS Motorsport
未来テクノ
未来のアグリ
未来コーセン
前田工繊キャピタル
釧路ハイミール
MDKメディカル
沖縄コーセン
セブンケミカル
平均年齢 40.3歳(2020年9月20日現在)
平均給与 5,625,000(年間)(2020年9月20日現在)
沿革
  • 1918年
    • 前身の前田機業場を創業
  • 1972年
    • 前田工繊(株)を福井市に設立
      土木用途製品「エンドレン」を製造・販売開始
  • 1994年
    • 本社を福井県坂井郡春江町(現住所)に移転
  • 1999年
    • クリーンルーム用繊維製品の洗浄事業開始
  • 2000年
    • ISO9001認証取得
  • 2002年
    • 太田工業(株)を子会社化【汚濁水、流出油等の拡散防止材料】(現:前田工繊)
  • 2004年
    • プラスチック擬木、道路資材事業開始
  • 2005年
    • 日本不織布(株)を設立【不織布】(現:前田工繊)
      ISO14001認証取得
  • 2007年
    • 東京証券取引所 第二部に上場
  • 2009年
    • マグネ(株)を子会社化【多機能特殊ポリマーセメントモルタル】(現:前田工繊)
      (株)サングリーンを子会社化【植生・間伐材製品】(現:前田工繊)
  • 2011年
    • 北原電牧(株)を子会社化【鳥獣害対策製品、電気柵】(現:未来のアグリ)
      ベトナムに前田工繊ベトナム(有)を設立【合成木材】
  • 2012年
    • テクノス(株)を子会社化【高機能ワイピングクロス】(現:未来コーセン)
      東京証券取引所 第一部に指定
  • 2013年
    • ワシ興産(株)及びワシマイヤー(株)を子会社化【自動車用軽合金鍛造ホイール】(現:BBSジャパン)
  • 2014年
    • (株)ダイイチを子会社化【ポリエステル原糸の仮撚加工】(現:未来コーセン)
  • 2015年
    • 未来テクノ(株)を設立【防衛省の天幕・個人装備品】
  • 2016年
    • グリーンシステム(株)を子会社化【園芸用ハウス、農業資材】(現:未来のアグリ)

      北原電牧(株)に(株)グリーンシステムを吸収合併し、未来のアグリ(株)に商号変更
      テクノス(株)に(株)ダイイチを吸収合併し、未来コーセン(株)に商号変更
      2016年度「ポーター賞」受賞
  • 2018年
    • 100年経営大賞 福井県知事賞を受賞
      第8回「日本でいちばん大切にしたい会社」審査委員会特別賞 受賞
      東京本社を東京都港区に移転
      (株)釧路ハイミールを子会社化【フィッシュミール、魚油】
  • 2019年
    • MDKメディカル(株)を設立【医療機器】
      沖縄コーセン(株)を設立
  • 2020年
    • 第6回ジャパン・レジリエンス・アワード優秀レジリエンス賞受賞
      第22回国土技術開発賞を受賞
  • 2021年
    • エスケー電気工業株式会社【電気牧柵、酪農用製品】
      第4回エコプロアワード奨励賞を受賞
      (株)セブンケミカルを子会社化【外壁用の防水材、保護・仕上げ材】

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.5年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.4日
    2020年度

先輩情報

世の中に求められているものを追求する
S.Y
2015年入社
28歳
福井大学
工学部 卒業
水環境保全推進部
河川護岸材の製品開発・改良
PHOTO

取材情報

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

前田工繊(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
前田工繊(株)【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ