最終更新日:2022/10/26

ホルスグループ[グループ募集]

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 化粧品
  • 食品
  • 商社(薬品・化粧品)
  • 通販・ネット販売

基本情報

本社
東京都
資本金
単体4,800万円/連結8,800万円
売上高
連結37億5,150万円 ※2020年12月実績
従業員
連結127名(男性50名:女性77名)※2021年10月現在

【躍進・成長企業】世界初・日本初の新規原料を多数発表!! 自社原料を使った化粧品・健康食品の製造販売まで一貫して手掛ける。

【急募】2023年度学卒者採用 「研究開発職( 原料開発 )」の募集について (2022/10/26更新)

PHOTO

ホルスグループ 管理本部 採用担当 板橋と申します。

今般、開発強化のため 化粧品・健康食品用原料開発の研究開発職を
募集いたします。
ご興味のある方は 鋭意ご連絡ください。

◆ ホルスグループ 管理本部 宛て メールにてご連絡ください。
  会社資料、エントリーシート等を送信いたします。
*メールアドレス= jinjisaiyou@horus-jnl.co.jp
◆ 既卒の方も歓迎いたします。

-- 2023年募集について------
ホルスグループの 2023年度学卒採用の 募集職種は現在 次のとおりです。

《募集職種》
【本社 (就業場所=東京都中野区)】
1.学術情報職(理系専門職)

【工場(就業場所=埼玉県入間市)】
1.研究開発職(原料開発)
2.品質管理職


【急募】研究開発職(原料開発)について

・ホルスグループでは化粧品・健康食品の原料を開発・製造・販売しています。
 今般、開発案件増に伴い、研究開発職要員の増強が必要になりました。

 本職種は 理系専門職になります。
新規原料の開発、既存原料のリニューアル、製造方法の検討、分析方法・
 品質管理方法の検討 等、弊社の原料開発に 原料開発チームの一員として
 広く関わっていただきます。

 弊社の原料製造には、主に次の3つの柱があります。
 ・天然物からのエキス抽出 ・バイオテクノロジー ・発酵
 これらの技術で、他にはない ユニークな特長をもった原料を 多数開発して
 きています。


〈学術情報職(理系専門職)について〉
・ホルスグループの営業スタイルは「学術営業」と称しています。
 それは単に製品を販売するだけでなく、そこに様々な情報を付加することを
 モットーとしているためです。

 学術部門は、いわば会社の司令塔と言えます。様々な情報やデータを集め、
 それを分析しまとめて、わかりやすく発信する部門で、営業職と研究開発職の
 ちょうど中間に位置するイメージです。
 学術情報職は、その学術職より少しだけ営業寄りで、OEM製品の開発等にも
 学術の知識を活かして携わります。
  

※ 不明点やご質問等ございましたら、遠慮なく上記宛先(管理本部 メールアドレス)
  までご連絡ください。

以上よろしくお願いします。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
常に挑戦、検討、分析を繰り返し、自らの経験をもとに学んでいく社員が多い。その仕事のスタイルは多様。オリジナル性を強みにお客様への提案、開発などを行っている。
PHOTO
化粧品や健康食品の原料から自社ブランド製品、OEMまで、幅広いラインナップを誇る。なかでもプラセンタのパイオニア企業として、業界では周知されている。

原料の開発から化粧品の製造まで。ここにしかない技術でお客様に驚きと喜びを提供する

PHOTO

「マニュアルにとらわれず自由なアイデアで商品を提案し、チャンスをつかんでいけるのが当社の特徴。そのぶん責任も伴いますが、手ごたえも十分」と木村さん、佐藤さん。

私たちは美容と健康をフィールドとする原料メーカーであり、その高品質な原料を使って化粧品や健康食品を作るメーカーでもあります。その上、自社ブランドを展開するとともに、私たちの開発力を求める企業から依頼を受けて商品を提供するODM企業でもあります。

所属する学術企画部は、ODM商品を担当する営業部と、商品や原料の研究開発部の間に立つ業務を担っています。営業担当が聞き取ってきたお客様企業の要望を、研究者目線で専門的にかみ砕き、開発者たちに伝えます。例えばお客様が「しっとりする化粧品が欲しい」といったとき、その“しっとり”が何かを追究し、期待以上の処方を提案できるよう開発に向けて翻訳をするような役目。製品開発は学術企画部がコントロールしています。
当社の技術を伝えるため、営業担当と共にお客様のもとへ逆提案することもあります。私たちだからこそ使える原料を効果的に使い、そのお客様企業にしかない商品を作れるのは強みです。
お客様一社一社すべて異なる処方を提案し、各部署が協力し合ってその要望に120%で応えていく。それが私たちの誇りでもあります。
【取締役 営業本部長 兼 学術企画部長 木村浩之さん】

「どこにもないものを生み出す」それが私たち研究開発部の使命です。当社には世界初、日本初として、化粧品・健康食品に使用された原料の開発実績があり、今ではメジャーなプラセンタブームをけん引した経験もあります。常に『どこにも無いものをつくろう』という姿勢で開発を行っています。
自社ブランドの開発だけでなく、ODM商品に力を入れる理由は、お客様から多様なオーダーが受けられるから。そのお客様だからこそのオリジナル商品を提案できるのがこの仕事の醍醐味です。お客様のニーズを正確に理解するため、営業や学術企画と検討し、製品として表現する。さらにその期待を上回り驚きを提供する攻めの開発を得意としています。

当社は製品生産のベース基地として、埼玉県入間市に化粧品工場と原料の生産工場を所有しています。2018年には新工場が竣工し、画期的な健康食品原料「酵母331株」を増産します。需要拡大に伴い生産が追いつかず、増設することになりました。関節痛に働きかけるグルコサミン、コンドロイチンに次ぐ新しい成分として注目を集めているのです。
業務の拡大があるところ人材の拡大が必要です。
【取締役 研究開発部長 佐藤麻紀さん】

会社データ

プロフィール

1990年、原料メーカーとして(株)ホルスを設立。
医療や美容の分野で注目を集める成分「プラセンタ」のパイオニアとして、他の追随を許さない技術力を誇ってきました。やがて雑誌掲載をきっかけに、一般消費者からもプラセンタエキスの販売を求める声が急増。そこで(株)日本天然物研究所を設立し、さまざまな化粧品・健康食品の製造販売を始めました。
2015~2017年は、世界初の原料「発酵プラセンタ」「油溶性プラセンタ」、「羊膜エキス」、「水溶性 酵母331株」などを次々に発表。
2021年 国産「サイタイ血幹細胞培養液」発表。

今後も引き続き「原料メーカー直結」という強みを活かし、さらなる製品開発に挑んでいきます!

事業内容
【(株)ホルス】

 《 事業内容 》
  化粧品・医薬部外品・健康食品原料の製造・販売・輸出

 《 URL 》
  ・企業情報 : http://horus-jnl.com/index.html

【(株)日本天然物研究所】 

 《 事業内容 》
  化粧品・医薬部外品・健康食品の製造・販売・通販・OEM・輸出
   ※OEMとは…「相手先ブランド製造」。
    他社のブランドで販売する製品の製造を請け負うことです。
    当社では、企画から製造、販促支援までトータルに行っています。

 《 URL 》
  ・企業情報 : http://www.jpn-nlab.com
  [通販サイト]
   ・LA MENTE : http://www.lamente.jp/shop/
   ・ブラン製薬 : https://shop.blanc-pharmacy.co.jp/

PHOTO

製造・研究開発・品質管理 等をすべて自社で行なうのは、より高品質で安全な化粧品づくりのためです。

本社郵便番号 164-0001
本社所在地 東京都中野区中野3-3-5 ラメンテビル
本社電話番号 03-5328-9331
設立 1990年3月
資本金 単体4,800万円/連結8,800万円
従業員 連結127名(男性50名:女性77名)※2021年10月現在
売上高 連結37億5,150万円 ※2020年12月実績
事業所 ◆ 本社 / 東京都中野区中野3-3-5 ラメンテビル
◆ 化粧品工場・研究所 / 埼玉県入間市狭山台4-3-6
◆ 原料第1工場・研究所 / 埼玉県入間市狭山ヶ原219-4
◆ 原料第2工場 / 埼玉県入間市狭山台4-1-8
主な取引先 ■化粧品・健康食品メーカー(原料を供給)
■化粧品・健康食品企画会社、通販会社
■大手ドラッグストア
(キリン堂、スギ薬局、アインファーマシーズ、日本ドラッグチェーン会など)
■エステサロン(大手有名エステ会社など)
■クリニック(皮膚科、形成外科、美容外科など)

そのほか、化粧品販売店・通販卸業者・大手ヘアサロン会社などの国内取引先、韓国・台湾・香港・ロシア・シンガポール・タイ・ベトナムなどの海外取引先へ製品をご提供しています。
関連会社(海外) ■天然物研究集団有限公司(香港)
募集会社 (株)ホルス
(株)日本天然物研究所
募集会社1 (株)ホルス
【設立】   1990(平成2)年3月1日
【事業内容】 化粧品・健康食品原料の製造販売
【従業員数】 34名
【資本金】  4,800万円
【売上高】  9億0025万円(2020年12月)
【事業所】  本社    :東京都中野区中野3-3-5
       原料第1工場:埼玉県入間市狭山ケ原219-4
       原料第2工場:埼玉県入間市狭山台4-1-8
募集会社2 (株)日本天然物研究所
【設立】   1996(平成8)年3月12日
【事業内容】 化粧品・医薬部外品・健康食品の製造販売
【従業員数】 65名
【資本金】  2,000万円
【売上高】  19億5541万円(2021年2月)
【事業所】  本社:東京都中野区中野3-3-5
       工場:埼玉県入間市狭山台4-3-6
代表者 代表取締役 三井幸雄(医学博士・薬剤師)

医学博士の称号を持つ当社代表の三井は、北里大学薬学部卒業後、長年外資系医薬品企業でマーケティング・開発マネージャーを歴任。その後、プラセンタ専門メーカーの医薬部長として、一般向けプラセンタ含有医薬品の開発や、プラセンタエキスの抽出法の研究を行っていました。

そして、今から28年前の1990年に原料メーカーの「(株)ホルス」を設立し、化粧品・健康食品メーカー向けの原料製造販売をスタート。

三井自身、長年医薬品を研究していたため薬やものづくりに対するプライドは持っていましたが、『なるべくユニークなことをしたい、他には真似できないものを作りたい』という想いがありました。

――なぜ原料会社か。
『医薬品をやりたい気持ちもあったが、それよりも女性をもっともっと美しくしたい、プラセンタの魅力を広めたい、という気持ちが強かった。』
原料は川でいうと水源地です。水源を握っていればなんでもできます。
例えば、いくら腕の良いコックさんがいても、素材が悪かったらおいしい料理は出来ませんよね。自社で安全性と品質の高い原料を作ったら、製品も良いものが出来る、だから最初に原料会社を立ち上げたのです。また、原料だけの製造会社も良いですが、お客様のニーズに合わせて作ることにより、おもしろさが生まれる化粧品製造の会社も創設いたしました。
沿革
  • 1990年3月
    • 埼玉県所沢市に(株)ホルスを設立
      プラセンタエキス製造開始
  • 1996年3月
    • 埼玉県所沢市に(株)ホルス(原料メーカー)のグループ会社として 化粧品メーカーの(株)日本天然物研究所を設立。
      原料から製品までの一貫製造体制を確立
  • 2000年5月
    • 通信販売事業部開設 ドクターズコスメ 自社ブランド「LA MENTE」通販開始
  • 2004年7月
    • 埼玉県入間市(武蔵工業団地内)に 新工場(化粧品工場)・研究所新築移転
  • 2006年9月
    • エイジングケア原料『EGF』を自社工場で製造開始(国産初)
  • 2008年11月
    • 東京都中野区中野に本社移転
  • 2013年8月
    • 世界初『発酵熟成プラセンタ』開発、製造開始
  • 2013年11月
    • 埼玉県入間市(武蔵工業団地内)に原料工場を新築、移転(増設)
      (現 原料第1工場)
  • 2014年10月
    • ひざ関節痛等に効果のある『酵母331(サミー)株』製造開始
  • 2016年4月
    • 世界初 化粧品用『酵母331(サミー)株』開発、製造開始
  • 2016年7月
    • 合弁会社 ホルスブランモンゴル有限責任会社(モンゴル ウランバートル)設立、工場を建設、竣工。
      馬胎盤、サイタイ、羊膜等の原材料を一次加工、(株)ホルスに供給開始 ※同社は現在、現地法人化
  • 2017年2月
    • 世界初『羊膜エキス』開発、製造開始
  • 2018年11月
    • 埼玉県入間市(武蔵工業団地内)に発酵を中心とした新原料工場(原料第2工場)竣工、稼働開始
  • 2018年12月
    • 天然物研究集団有限公司(香港)設立
  • 2021年5月
    • 国産「サイタイ血幹細胞培養液」開発、製造開始
  • 2022年12月
    • 埼玉県飯能市に新原料工場、稼働開始予定

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 5.9年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17.7時間
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 66.7%
      (3名中2名)
    • 2020年度

    ※ 女性役員2名=(株)日本天然物研究所 所属

社内制度

研修制度 制度あり
◎新卒入社時研修(社内講師、社外講師、ビジネスマナー等)
◎セミナー受講(担当業務に必要な外部セミナーに参加)
◎製品勉強会(営業・通販担当者向けに、製品のアピールポイントを指導)
◎役職者研修(役職者向けの外部セミナーに参加)
※各社共通

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
神奈川大学、北里大学、京都大学、群馬大学、慶應義塾大学、埼玉大学、滋賀県立大学、信州大学、城西大学、成蹊大学、千葉大学、中部大学、筑波大学、東海大学、東京工科大学、東京工業大学、東京農業大学、東京理科大学、東洋大学、鳥取大学、日本大学、福島大学、明治大学、明治薬科大学、立命館大学
<大学>
青山学院大学、秋田県立大学、麻布大学、跡見学園女子大学、大阪経済大学、大妻女子大学、鹿児島大学、鎌倉女子大学、関西大学、学習院大学、北里大学、近畿大学、工学院大学、駒澤大学、駒沢女子大学、城西大学、上智大学、成蹊大学、専修大学、拓殖大学、大東文化大学、千葉工業大学、帝京大学、帝塚山大学、桐蔭横浜大学、東海大学、東京海洋大学、東京外国語大学、東京工科大学、東京女子大学、東京電機大学、東京農業大学、東邦大学、東洋大学、富山大学、名古屋市立大学、新潟大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、日本女子大学、文京学院大学、法政大学、武蔵野大学、武蔵野美術大学、明治学院大学、明治薬科大学、明星大学、立教大学、立正大学、龍谷大学
<短大・高専・専門学校>
北里大学保健衛生専門学院、東京医薬専門学校、東京バイオテクノロジー専門学校、専門学校東京ビジュアルアーツ、日本工学院専門学校

採用実績(人数) 2020年   / 15名=ホルス 6名/日本天然物研究所 9名
2021年 / 9名=ホルス 6名/日本天然物研究所 3名
2022年(予)/ 11名=ホルス 6名/日本天然物研究所 5名
採用実績(学部・学科) 薬学部、理学部、工学部、生命科学、生物資源学部、水産学部、家政学部(栄養士)、農学部、経済学部、法学部、文学部、メディア学部、デザイン系学部、他
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 5 4 9
    2020年 3 12 15
    2019年 4 9 13

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp90682/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

ホルスグループと業種や本社が同じ企業を探す。
ホルスグループを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. ホルスグループの会社概要