最終更新日:2021/9/9

荏原環境プラント(株)【荏原製作所グループ】

業種

  • プラント・エンジニアリング
  • 建設
  • 環境・リサイクル
  • 電力
  • ガス・エネルギー

基本情報

本社
東京都
資本金
5,812百万円
売上高
62,592 百万円 (2020年度)
従業員
2,070名(2021年1月末現在)

【すてるを変える。ミライを変える。】持続可能な社会の実現に貢献する廃棄物資源循環ソリューションプロバイダへ

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO

社会インフラの担い手として、環境ビジネスで社会を支えています!

皆さんはご自宅で出たごみがどのように処理されているかご存知ですか?
どの地域にも必ず存在する縁の下の力持ち、それが【ごみ焼却プラント】。清掃工場やクリーンセンターなどと呼ばれています。
産業の過程で排出された木質チップ等を処理する【バイオマス発電プラント】と合わせて、社会になくてはならない重要なインフラです。
当社はこれらプラントの設計、建設からメンテナンス、運営までのトータルソリューションを提供しています。

SDGsや脱炭素社会などが叫ばれる現代、当社は既存事業だけでなく、廃プラスチック問題に寄与するケミカルリサイクル事業や、AI、IoT導入による省人化・省力化など新しい取り組みについても積極的に進めています。


◆【当社の強みは…】豊富な実績、細やかなサービス、一貫体制

私たちの国内外の施設納入数は、延べ約480施設。そのうち約80施設で運転管理を受託し、国内トップクラスの実績を誇っています。また海外でも技術力が高く評価され、技術供与を通じて社会に貢献しています。これらの豊富な実績と各拠点のネットワークを活かしたきめ細やかなサービスを提供できることが私たちの強みになります。
またプラントの絶対的使命は「安全稼働」。これを継続するために、設計・調達・建設(EPC)と運転管理・メンテナンス(O&M)の一貫体制を実施しています。施設の建設から運営まで長きにわたり地域社会に貢献しており、お客様からも高い満足度をいただいております。

◆【熱き技術者集団】規模の大きさと最新技術が集結したプラント

私たちの携わるプラントは、いわば「技術の集大成」。機械・電気・制御システム・土木・建築・化学工学など各技術要素がつまっています。機械系・化学工学系エンジニアは1000以上の機器の集合体であるプラントの1つ1つの機器の選定から全体のパフォーマンスを最適化。電気・電子系エンジニアはその機器を制御する電気計装設備の設計等を担当。そして、土木・建築エンジニアはプラントの土木・建築に関わる計画、設計から施工までをトータルコーディネート。
当社の熱き技術者集団は様々な分野のプロが活躍中!あなたの専攻で学んだ知見を当社で活かしませんか?

会社データ

事業内容
◆廃棄物処理事業を中心に、環境・エネルギ-関連施設の設計施工及び維持管理・補修工事など

廃棄物処理の分野において、何が求められているかを常に考え、お客様のニーズを的確に把握し、それに応えるための卓越した技術とサービスを提供しています。私たちは、優れた技術を活かした機能的な施設の設計・建設だけでなく、高品質の維持管理・メンテナンスサービスも一貫して提供できる体制を整えています。それを通じて、地域社会へ貢献するとともに荏原グループ全体のさらなる発展を目指していきます。

東証一部上場企業の荏原製作所より、環境プラント事業部門を会社分割により承継。廃棄物処理施設の建設から維持管理、運営までのトータルソリューションを提供する、環境プラント事業会社になりました。

環境ビジネスで、これからも社会に貢献していきます。

PHOTO

本社郵便番号 144-0042
本社所在地 東京都大田区羽田旭町11-1
本社電話番号 03-6275-8600
創業 1912年
設立 2006年3月15日
資本金 5,812百万円
従業員 2,070名(2021年1月末現在)
売上高 62,592 百万円 (2020年度)
代表者 代表取締役社長 渡邉 良夫
理念 「固形廃棄物処理に関する卓越した技術とサービスを提供し、持続可能な社会の構築に貢献する」
事業所 本社:東京都大田区
支店:北海道支店、中部支店、西日本支店、九州支店、沖縄営業所 他
主な取引先 官公庁及び自治体
関連会社 株式会社荏原製作所
中部リサイクル株式会社
青島荏原環境設備有限公司
沿革
  • 1912年
    • ゐのくち式機械事務所創立 <後の(株)荏原製作所>
  • 1920年
    • (株)荏原製作所設立
  • 1956年
    • 荏原インフィルコ(株)設立 (米・インフィルコ社と折半出資)
  • 1961年
    • 「ストーカ炉1号機」を納入
  • 1974年
    • 英国SDP社と「旋回流型流動床炉」の基本技術の提携
  • 1977年
    • 「SDP炉1号機」を納入

      荏原インフィルコエンジニアリングサービス設立
      <後の荏原エンジニアリングサービス(株)>
  • 1984年
    • 無破砕ごみ焼却施設(TIF炉)1号機」を納入
  • 1990年
    • 環境事業本部新設
  • 1994年
    • 荏原インフィルコ(株)と合併

      風水力、環境、精密・電子の三事業本部制に移行
  • 2000年
    • 「ガス化溶融炉1号機」を納入

      サービス会社合併により新荏原エンジニアリングサービス(株)発足
  • 2006年
    • 荏原環境エンジニアリング(株)設立
      <後の荏原環境プラント(株)>
  • 2009年
    • 荏原エンジニアリングサービス(株)の廃棄物処理事業を会社分割し事業を承継

      荏原環境プラント(株)に商号変更

      荏原製作所 環境事業カンパニーの廃棄物処理事業部門を会社分割し事業を承継
  • 2016年
    • 遠隔サポートセンター設立・運用開始
  • 2019年
    • ごみ識別AI搭載のクレーンシステムの運用開始

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 12.1年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 16.8時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 16.5日
    2020年度

先輩情報

電気エンジニアとして人々の生活を支えられることがやりがいに
S.S
2015年入社
東京電機大学大学院
工学研究科 電気電子工学専攻
電気・計装部 制御技術課
監視制御システムおよび制御ソフトの設計、製作、メンテナンス
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

荏原環境プラント(株)【荏原製作所グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
荏原環境プラント(株)【荏原製作所グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ