最終更新日:2021/10/14

長野興農(株)

業種

  • 食品
  • 通販・ネット販売
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 農林・水産
  • 専門店(食品・日用品)

基本情報

本社
長野県
資本金
8,000万円
売上高
63億円(2021年3月期)
従業員
197名(2021年3月31日現在)

長野興農のオリジナル商品は、地元・長野県産の果物や野菜が主役です!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
素材本来の味や香りを活かした多彩な製品を製造・販売。特に「信州まるごとりんごジュース」は長野県産の農産物を使用した製品の一番人気です。
PHOTO
お客様に安心安全をお届けするため管理を徹底し、全社で「ISO9001」の認証を取得。長野・須坂・川中島の3工場で「FSSC22000」の認証を取得。

信州産の農産物を生かした、美味しくて安心安全な製品をお客様に届けたい

PHOTO

私たちが担当です。皆様とお会いすることを楽しみにしています♪

当社はJAグループが母体となり設立された会社です。

◆地域経済の発展に貢献し、消費者と生産者の架け橋になることを目指しています
豊かな自然の中で育った長野県産農産物を中心に、
素材のおいしさと安全・安心を第一に考えて製品作りをしています。
「長野の魅力を全国にお届けしたい」それが私たちの願いです。

◆和やかな雰囲気の職場
創立55年以上の企業なので、大先輩から20代の若手まで幅広い年齢層の社員がいます。
そんな中でも、世代間の壁はなく、新人も上司に遠慮せず意見が言える雰囲気。
悩んだときも気兼ねなく相談できます。

食品メーカーは安全・安心が重要な業種です。
目の前のことを着実・丁寧にできるタイプの方、
意欲のある方を求めています!

会社データ

事業内容
●オリジナル製品事業
自然豊かな環境の中で育まれた長野県産農産物を中心に、りんごジュースやなめ茸をはじめとしたオリジナル製品を開発・製造・販売しています。地元育ちの「採れたて」のおいしさを知っているからこそ引き出せる素材本来の味を、安全安心を第一に考えて加工をし、皆さまにお届けしてい

 主な自社オリジナル製品
■野菜・果実飲料
りんごジュース(信州まるごとりんごジュース、信州シナノスイートりんごジュース、信州シナノゴールドりんごジュース、信州秋映りんごジュース、ほか)
トマト&野菜ジュース(信州まるごとトマトジュース、信州野菜ジュース、信州まるごととまととりんご、ほか)
その他果実飲料(信州まるごとプルーンジュース、信州まるごとピーチジュース、ほか)
レトルト飲料(和み茶屋緑茶、和み茶屋烏龍茶ほか)
■なめ茸・山菜加工品(信州まるごとなめ茸60%、Wowなめ茸シリーズ、ふるさとの茸めしの素、ほか)
■食品(極豆<花まめ・黒まめ>、信州プルーンエキス、ほか)

※日本で初めて酸化防止剤(ビタミンC)無添加のりんご混濁果汁製造方法を実用化させたことで、多品種のりんごを使用しそれぞれの味わいを生かした商品を作ることができます。

※信州まるごとトマトジュースはトマトを一番おいしい旬の時期に収穫・搾汁して缶に詰める「シーズンパック製法」を採用しています。

●OEM事業
他社ブランドの製品を受注生産するOEM(Original Equipment Manufacturing)。長野興農の3カ所の工場は、缶・ソフトパウチ・ペットボトル・ビン詰、清涼飲料から農産加工品に至るまで幅広い生産に対応しています。
また安心安全な製品を届ける為に、ISO9001・FSSC22000認証による管理を行うことで、大手メーカー様から信頼を得ています。

PHOTO

2本の青い直線は千曲川と犀川、緑色の曲線は肥沃な大地で育った大樹、そして赤い丸は豊かな恵みの農産物を表し、全体でアルファベットのnとk(社名頭文字)を表します。

郵便番号 381-2206
所在地 長野県長野市青木島町綱島765-2
電話番号 026-228-1236<総務企画部>
代表取締役社長 佐藤 正彦 (さとう まさひこ)
設立 1964年(昭和39年)6月9日
資本金 8,000万円
従業員 197名(2021年3月31日現在)
売上高 63億円(2021年3月期)
平均年齢 40.8歳(2021年3月31日現在)
事業所 ■本社川中島工場/長野県長野市青木島町綱島765-2
■長野工場/長野県長野市差出南1-11-1
■須坂工場/長野県須坂市大字野辺2067
■長野営業所/長野県長野市青木島町綱島765-2(川中島工場内)
■東京支店/東京都新宿区四谷4-32-1 吉岡ビル2階
■大阪営業所/大阪府大阪市福島区野田1-1-86 
 大阪市中央卸売市場業務管理棟14階
主要取引先 全国農業協同組合連合会、全国農業協同組合連合会長野県本部、(株)伊藤園、サントリー食品インターナショナル(株)、味の素(株)、(株)サンヨーフーズ、雪印メグミルク(株)ほか(順不同)

★上記のほか、オンラインショップ(直販・楽天市場)を通じて、消費者のみなさまに商品をお届けしています
沿革
  • 1964年6月
    • 本社を長水農工利用農業協同組合連合会(以下長水農工利連と略称する)ふるさと工場内の長野市大字下駒沢1262番地(現在地名変更により金箱)に置き設立
  • 1965年7月
    • 安茂里に建設していた工場が完成し、これを長野工場とし、ふるさと工場と2工場操業体制を執り主力を長野工場に移す
  • 1965年11月
    • エノキ茸の加工を開始する
  • 1966年6月
    • 本社を長野市大字安茂里2221番地に移す
  • 1967年
    • 大型ジュース製造設備の導入
  • 1988年
    • 須坂工場棟が完成する
  • 1990年
    • 東京営業所を開設
  • 1994年
    • 果汁の搾汁設備の須坂工場への移転、冷凍冷蔵庫の建設が完成する
      大阪営業所を開設
      創立30周年を迎える
  • 1996年4月
    • 口栓付パウチ飲料製造設備導入
  • 1999年4月
    • 長野市青木島町にペットボトル飲料製造事業導入 (現川中島工場)
  • 2007年11月
    • ISO9001:2000認証取得
      清涼飲料(ジュース類、果汁飲料、炭酸飲料含まず)、
      容器詰め食料製品の設計・開発及び製造
  • 2010年2月
    • 東京営業所を東京支店に昇格
  • 2010年5月
    • 本社機能を長野工場から川中島工場内へ移転
  • 2011年8月
    • 須坂工場で新たなビン飲料ラインを導入
  • 2013年12月
    • FSSC22000認証取得
  • 2014年1月
    • 創立50周年を迎え、記念式典実施
  • 2019年4月
    • 新ブランド「Grin a Grin」発足
      信州まるごとりんごジュースを発売

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.0年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 9.0時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 8.3日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 4名 6名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 0名 2名
    2020年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

長野興農(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ