最終更新日:2022/6/29

アサヒロジスティクス(株)

  • 正社員

業種

  • 物流・倉庫
  • 陸運(貨物・バス・タクシー)

基本情報

本社
埼玉県
資本金
7,800万円
売上高
388億円(2022年3月期実績)
従業員
5609名(2022年3月末現在)

人々に必要とされ、笑顔を生み出す存在に!1日500万人の食生活を支え続ける物流企業で、仲間と成長し価値あるキャリアへの一歩を踏み出してください。

  • 積極的に受付中

【2023卒採用スタート!】先輩社員と会える説明会兼、座談会を随時開催します! (2022/05/19更新)

PHOTO

アサヒロジスティクス(株) 採用担当です。
当社の採用ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

2022年春より先輩社員と会える座談会を開催予定です。
詳細が決まり次第、ぜひお気軽にご予約ください。

皆さんとお会いできることを、社員一同楽しみにしております。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
社歴や年齢に関係なく、一人ひとりの社員がアイデアや意見を出し合ながら効率的な業務体制を実現することで、暮らしに直結した食の物流を支えています。
PHOTO
仕事に必要な知識・スキル・資格などは、入社してイチから身につけることが可能。入社時研修や継続的なフォローアップ研修などが充実し着実なキャリア形成を応援します。

確かなやりがいと楽しさにあふれた、食品物流を担うプロフェッショナルへ。

PHOTO

アサヒロジスティクスイメージキャラクターの「アサビィ」と「ももビィ」。地域に根差した啓発イベントや社会貢献活動などを通じ、多くの方に親しまれています。

人々の暮らしや経済・産業を守るために欠かせない物流ソリューション。
その中でも私たちアサヒロジスティクスは、「食品」に特化した物流インフラ企業として世の中に貢献している会社です。現在では約1万8000カ所以上もの拠点・外食店舗へお届けしており、1日500万人を超える人々の食生活を支えられるようになりました。これは東日本で有数の規模です。

当社の事業はどんな時でも必要とされ続けるもので、決してなくなることはありません。安定した経営基盤を築き、時代の変化やニーズに合わせて進化しながら、クライアント企業や社会からの期待にお応えし事業拡大を続けています。

豊かな「食」を安心かつ着実に配送するため、アサヒロジスティクスでは様々な役割やポジションの社員が責務を果たしています。その中で食品物流のプロフェッショナルとして日々活躍し、成長し続ける先輩社員からのメッセージをご紹介します。

★★ 社員が伝える!アサヒロジスティクスで働く楽しさ ★★
「配送のために必要な、商品仕分けなどの業務を管理することが自分の役割。70名近くいるスタッフの方々への指示出しやチームの統率などを任せてもらっています。
入社してからこれまで3つの拠点を経験してきました。それぞれの拠点により外食チェーン、コンビニ、スーパーなど取引先が異なるため、同じ業務管理であっても運用の仕方が変わるので、とても奥が深い世界です。新しいことを覚えるのは大変でもありますが、できることが増えるたびに、物流のプロとして成長の手応えを感じています」
――■早坂 尚起さん/総合職・2017年入社

「サービスドライバーとして、東京・神奈川に展開する大手スーパーチェーンへの食品配送を担っています。配送先の担当者の方から感謝されたり、届けた商品が店舗に並んでいるの見た時は、嬉しくなると共にこの仕事の価値を改めて実感します。
社内に目を向けると、研修制度がとても充実していることに加え、色々なことを気軽に相談できる上司や先輩、仲間がたくさんいて、とても心強い環境。何かあっても、一人ではなくチームワークで乗り越えていける。そんな働き方が当社の一番の魅力だと思います!」
――■柏木 瞳さん/サービスドライバー(SD職)・2020年入社

会社データ

プロフィール

アサヒロジスティクスは関東、甲信越、東北、関西、中部の各地に幅広く拠点ネットワークを展開する物流企業です。24時間365日の温度管理を可能にするノウハウを生かして「食品物流」に特化し、地域の食品物流を支えています。またセンター運営からトラック運行までを一括対応できる自社オペレーションシステムを確立し、数多くのお客様企業と取引をしています。

全国に48拠点を有しトラックの保有台数は1,300台以上。国内6万2,000社を超える物流事業者の中で、500台以上のトラックを持つ会社は100社に満たないと言われており、当社はそのわずか「0.2%」に属する規模を誇っています。こうした事業基盤を背景に安心・安全の食を人々にお届けする社会的使命を果たし、当社に関わるすべての企業や人が幸せになる事業運営を推進しています。

◆大手との取引を中心に事業拡大中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スーパー、外食チェーン、ファミレス、コンビニエンスストアをはじめ、多種多様な業態のお客様企業と取引をしている当社。誰もが知る大手・有名企業が多く様々な店舗で自身の仕事の貢献を実感することができます。東日本エリアでの拠点拡大に加え関西・東海エリアへも進出し、より広範囲なサービス体制の確立に力を入れています。

◆若手の成長を応援する企業風土
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アサヒロジスティクスには本社・各拠点を問わず、若手社員の活躍をサポートする社風が根付いています。年齢や社歴を問わず意見や提案に耳を傾けることはもちろん、意欲がある社員には新しい役割を積極的に任せています。入社数年でセンター長に抜擢された例もあり、会社を牽引する貴重なキャリアを早くから経験することが可能です。

◆多様な社員が活躍できる職場づくり
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それぞれの社員が持つ個性やライフプランを尊重し、安心して働ける職場を目指し、日々取り組みや支援制度の構築を進めています。花見台共配センターと熊谷物流センターには「アサヒキッズランド」という保育園が敷地内にあり、男性女性問わず子育てと仕事を両立できる働き方を応援しています。また女性が運転しやすい車両「クローバー車」も開発・導入。子育て支援手当をはじめ財形積立金・確定給付企業年金・退職金制度など、社員の人生設計をサポートする福利厚生も充実しています。

事業内容
■物流業務全般
1.生産地や市場から製造工場への調達輸送
2.工場から工場への横持ち輸送
3.工場から物流センターへの横持ち輸送
4.物流センター内での入荷格納業務、商品管理
5.荷主と納品先の受発注代行業務
6.物流センター内での各方面別店舗別仕分業務
7.各物流センターや各店舗への配送業務
8.各店舗からの回収業務
       
■取扱い商品
食品全般(チルド・フローズン・常温)、その他生活雑貨全般

PHOTO

アサヒロジスティクスは約1万8000カ所以上の拠点に安定した食品供給を担っています。社員がそれぞれの責務を果たしながら、社会や暮らしに欠かせない事業を支えています。

本社郵便番号 330-0854
本社所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-17 
シーノ大宮サウスウィング16階
本社電話番号 048-788-3622
創業 1945(昭和20)年
設立 1955(昭和30)年
資本金 7,800万円
従業員 5609名(2022年3月末現在)
売上高 388億円(2022年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 横塚 元樹
事業所1 ■本社
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-17 シーノ大宮サウスウィング16階

■拠点
・埼玉エリア
狭山物流センター/狭山市根岸671-1
熊谷物流センター/熊谷市千代703-1
越谷営業所/越谷市流通団地2-2-4 日本酒類販売(株)内
川越営業所/比企郡川島町かわじま2-3-4 プロロジスパーク川島2 1F
狭山営業所/狭山市広瀬東2-28-40
杉戸営業所/北葛飾郡杉戸町大字屏風200-8
久喜営業所/久喜市清久町43-2
日高営業所/日高市下大谷沢91-1
秩父営業所/秩父市下宮地町18-3
草加物流センター/草加市青柳1-6-39 草加物流センター5F
花見台共配センター/比企郡嵐山町花見台7-1
滑川営業所/比企郡滑川町月の輪7-7-5
東松山石橋営業所/東松山市石橋1216-1
東松山物流センター/東松山市新郷404-1
岩槻共配センター/さいたま市岩槻区長宮1516-1

・千葉エリア
千葉物流センター/船橋市鈴身町488-33-2
白井営業所/白井市平塚2761-14日本酒類販売(株)内
松戸共配センター/松戸市上本郷700-3
松戸事業所/松戸市上本郷700-3
千葉長沼共配センター/稲毛区長沼原町248-1
柏営業所/柏市大島田2-15-1

・神奈川エリア
愛川物流センター/愛甲郡愛川町中津6721
相模原営業所/相模原市中央区田名3700-3
横浜緑物流センター/横浜市緑区上山1-15-1 SOSiLA横浜港北1F
神奈川営業所/相模原市中央区田名塩田3-7-30
横浜共配センター/横浜市瀬谷区目黒町17-3

・北関東エリア
伊勢崎物流センター/群馬県伊勢崎市西久保町3-721-1
取手営業所/茨城県守谷市百合ヶ丘1-2415-1
両毛営業所/群馬県前橋市五代町805-13
五霞共配センター/茨城県猿島郡五霞町江川橋向3729-1
水海道営業所/茨城県常総市管生町275-40

・新潟エリア
新潟物流センター/新潟県長岡市中之島1982-9

・東北エリア
仙台営業所/宮城県仙台市若林区六丁の目南町6-1
仙台共配センター/仙台市宮城野区日の出町2-2-27
東北日配物流センター/宮城県仙台市宮城野区港2-1-2
北上営業所/岩手県北上市相去町山根梨の木43-159
秋田営業所/秋田県秋田市寺内字神屋敷295-47
青森営業所/青森県青森市浪岡徳才子字山本162-1
事業所2 ・関西エリア
大阪大正営業所/大阪府大阪市大正区船町1-2-21
加古川営業所/兵庫県加古川市尾上町字池田開拓1897-7
西淀川営業所/大阪府大阪市西淀川区福町3-4-38

・中部エリア
一宮営業所/愛知県一宮市開明愛宕北1-2
小牧営業所/愛知県小牧市川西1丁目3-1

※上記以外にも、共配センターを順次開設予定です。

■研修センター
滑川福田センター/埼玉県比企郡滑川町大字福田391-3
■保育園
アサヒキッズランド/埼玉県比企郡嵐山町花見台7-1
          埼玉県熊谷市千代703-1
主な取引先 (株)ヤオコー 様
(株)日本アクセス 様
日本酒類販売(株) 様
(株)ジャパンカーゴ 様
小田急商事(株) 様
国分グループ本社(株) 様
国分関信越(株) 様
伊藤忠食品(株) 様
三菱食品(株) 様
(株)フリジポート 様
(株)フレッシュ・ロジスティック 様
コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(株) 様
アクシアル リテイリング(株)グループ 様
(株)王将フードサービス 様
(株)セブン-イレブン・ジャパン 様

毎日1万8,000カ所の物流拠点や店舗様へ食品の供給を行い、関東、甲信越、東北、関西、中部の500万人の食生活を担っています。
関連会社 アサヒオートサービス(株)
デイリースタッフ(株)
売上高推移 363億円(2021年3月期実績)
350億円(2020年3月期実績)
324億円(2019年3月期実績)
285億円(2018年3月期実績)
258億円(2017年3月期実績)
249億円(2016年3月期実績)
227億円(2015年3月期実績)
193億円(2014年3月期実績)
沿革
  • 1945年
    • 【当社の発祥期】
      10月…現社長の祖父横塚元吉が個人で運送業として創業。牧場で原乳を集めて、大手乳業メーカーに輸送する業務。
      衛生面や温度管理の面で繊細さを要求される食品に特化して、業務を展開。
  • 1985年
    • 【運送業としての発展期】
      3月…埼玉県狭山市に狭山営業所開設。大手コンビニのチルド商品共配業務を開始。

      11月…埼玉県比企郡小川町に小川営業所開設。大手スーパーの配送業務受託。
  • 1994年
    • 【運送業から総合物流業への転換期】
      9月…埼玉県比企郡小川町に小川物流センター開設。
  • 1995年 
    • 3月…神奈川県横浜市に横浜物流センター開設。
      6月…埼玉県比企郡嵐山町に花見台物流センター開設。
  • 2001年
    • 4月…社名変更。旭運輸(株)から、現在のアサヒロジスティクス(株)へ。
  • 2007年
    • 4月…業務拡大に伴い横浜物流センター移転、開設。
  • 2011年
    • 4月…千葉県松戸市に松戸共配センターを開設。
  • 2012年
    • 11月…東京都江東区に東京共配センターを開設。
  • 2013年
    • 9月…当社における甲信越初の物流拠点として、新潟県長岡市に新潟物流センター開設。
      大手食品卸を荷主とする大手スーパー向けのセンター業務を受託。
  • 2014年
    • 1月…神奈川県相模原市に相模原営業所開設。大手コンビニ向けの配送業務を受託。

      6月…宮城県仙台市に仙台営業所開設。大手コンビニ向けのチルド・米飯配送業務を受託 。
      埼玉県川越市に川越営業所開設。大手コンビニ向けの常温商品の配送業務を受託。
  • 2015年
    • 4月…秋田県秋田市に秋田営業所開設。

      5月…神奈川県相模原市に神奈川営業所開設。
      代表取締役会長横塚正秋が、取締役相談役に就任。

      6月…岩手県北上市に北上営業所開設。
      埼玉県さいたま市大宮区へ本社移転。
  • 2017年
    • 1月…埼玉県草加市に草加物流センターを開設。

      3月…埼玉県比企郡に滑川福田センターを開設。

      10月…埼玉県熊谷市に熊谷物流センターを開設。
  • 2018年
    • 1月…神奈川県横浜市に横浜緑物流センターを開設。

      2月…茨城県猿島郡に五霞共配センターを開設。

      9月…埼玉県さいたま市に岩槻共配センターを開設。
  • 2019年
    • 11月…埼玉県久喜市・日高市に久喜・日高営業所を開設。
  • 2020年
    • 3月…東海初の拠点として愛知県一宮市に一宮営業所開設。

      4月…中部地方初の拠点として愛知県一宮市に一宮営業所開設。

      6月…東北初の共配拠点となる仙台共配センターを宮城県仙台市に開設。
  • 2021年(その1)
    • 3月…関西初の自社営業所として大阪府大阪市西淀川区に西淀川営業所開設。

      4月…兵庫県加古川市に加古川営業所開設。

      7月…埼玉県熊谷市にアサヒキッズランド熊谷保育園を開園。
  • 2021年(その2)
    • 10月…神奈川県横浜市に大黒ふ頭流通センターを開設。

      11月…2022年春の東名阪幹線便開始を見据え小牧営業所を開設。
      松戸共配センターに水耕栽培施設・アサヒファンレイズファーム松戸を開設。
      障がい者の方の就労継続支援B型事業所として認定を受け、職業訓練の場として活用。

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2020年度

社内制度

研修制度 制度あり
<物流業界を学ぶことから始めましょう>
入社後は本社での新入社員研修(3週間)からスタートします。あいさつやマナーなど社会人の基礎と、当社の歴史や顧客の概要などについて学びます。その後、現場実習(3カ月間)を経て、適性を考慮して各拠点に配属となります。

■入社直後、入社時研修(ビジネスマナー、会社概要など)
■入社後5年までの定期的な集合研修、OJT 、海外研修制度
■企業内大学「アサヒ人財育成大学」(職位に応じた階層別コース)

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
青森大学、亜細亜大学、跡見学園女子大学、桜美林大学、大妻女子大学、神奈川大学、関西外国語大学、関東学院大学、杏林大学、慶應義塾大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、埼玉学園大学、作新学院大学、秀明大学、城西大学、上武大学、駿河台大学、聖学院大学、成蹊大学、専修大学、大正大学、高崎経済大学、拓殖大学、大東文化大学、中央大学、帝京大学、帝京平成大学、東海大学、東京経済大学、東京国際大学、東京情報大学、東京農業大学、東京理科大学、東邦大学、東洋大学、常磐大学、獨協大学、二松学舎大学、日本大学、白鴎大学、富士大学、文京学院大学、法政大学、北海商科大学、武蔵大学、明治大学、明治学院大学、立教大学、流通経済大学(千葉)、麗澤大学、早稲田大学、駒沢女子大学、埼玉工業大学、千葉商科大学、成城大学、共愛学園前橋国際大学、芝浦工業大学、文教大学
<短大・高専・専門学校>
川口短期大学、青山学院女子短期大学、東京商科・法科学院専門学校、日本工学院専門学校、大原情報ビジネス専門学校、大原簿記学校

採用実績(人数)           2020年   2021年   2022年(予)
---------------------------------------------------------------------------
大卒        5名     11名       20名  
短大・専門卒    ─      1名       2名 
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2019年 5 3 8
    2020年 2 3 5
    2021年 6 5 11

採用データ

取材情報

一人ひとりの個性と力を合わせて、毎日の豊かな『食』に貢献!
様々な役割の社員が活躍するアサヒロジスティクス
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp91788/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

アサヒロジスティクス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
アサヒロジスティクス(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. アサヒロジスティクス(株)の会社概要