最終更新日:2022/6/18

社会福祉法人城陽福祉会

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス
  • 幼稚園・保育園

基本情報

本社
京都府
PHOTO

思っていた以上に自分の肌に合った仕事だなと今では思っています

森川 達也
2017年入職
大阪府立大学
人間社会学部人間科学科 卒業
ユニット型特別養護老人ホームひだまり久世
高齢者福祉施設の介護職員

現在の仕事内容

介護職員として、特別養護老人ホームで働いています。現場で働いてこの春で4年目になり、レクリエーションや介助技術の勉強会などを企画、運営する委員会にも入っています。介助の技術を磨いて安全な介助ができるようにすること公平でかつ質の高いサービスを提供するにはどうすればよいかを考えて仕事をしています。


今の仕事のやりがい

利用者様からあたたかい反応をいただけることがやりがいです。毎朝おはようございますと挨拶した時、にっこり笑って「おはよう」と言ってくださると、今日も頑張ろうと思えます。面会に来てくださる利用者様の家族様との交流も、利用者様のいつもとは違う面を見ることができて面白いです。特にお孫様が来られたときが顕著ですが、お年寄りの方は子どもがお好きですね。うちの特別養護老人ホームは近くに保育園もあるのですがそちらの園児さんとの交流をされる機会もあり、楽しそうにされる様子が見ていて楽しいです。


この会社に決めた理由

元々人と深く直接的に関わる仕事がしたいと思ったのでスーパーや量販店、アミューズメント等のサービス業の業種を見てきていたのですが、決め手になるような「これだ!」と思う仕事がありませんでした。そんな中で社会福祉業界の合同説明会に参加し、利用者様と密に関わることのできる職業だと感じたため、福祉で働くことを決めました。福利厚生や研修、資格取得のサポートもあり、何より地元の地域社会に貢献できると思ったため城陽福祉会で働くことを決めました。


当面の目標

仕事において当面の目標は介護福祉士の資格を取ることです。知識を集中的に学ぶことのできる機会でもあるので、実務においてもスキルアップの上でも貴重な機会と思って勉強しています。
プライベートでは、大学の頃からやっている合唱の活動を続けています。演奏会や訪問演奏などを定期的に行っています。大学の合唱団の仲間と集まり、各地でがんばる皆のことを色々聞くのが楽しいです。


学生の皆さんへ

私は初めこの業界によいイメージを持っていなかったのですが、利用者様と親密に関わり体を使って働くということが、思っていた以上に自分の肌に合った仕事だなと今では思っています。同じように何となく敬遠していた人には、いま一度よく見てほしい仕事です。地域密着の職場なので近くに住んでいるという方は特にお薦めしたいですね。皆さんと同じ職場で働けるのを楽しみにしています。


トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人城陽福祉会の先輩情報