最終更新日:2021/11/22

(株)NS・コンピュータサービス【日本精機グループ】

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • インターネット関連

基本情報

本社
新潟県
PHOTO

システム開発においてプログラミングより重要なこと

K.S
2001年
45歳
東京理科大学
理工学研究科
エンベデッド本部 エンベデッドシステム部 開発第1課
組込みソフトウェア開発

現在の仕事内容

計器類を制御する組込ソフトウェア開発に携わっています。機器内部の制御にとどまらず、機器外部の周辺機器と情報通信を行い動作をリンクさせるような機能もあります。近年のモバイル機器の高度化に並行して、計器類も見た目のかっこよさや、便利さも向上するため、日々進化している技術に携わっていることを感じています。入社当初は、検査機器を制御するWindowsアプリ開発に携わり、その後、組込ソフトウェア開発に携わっています。


学生時代に学んだこと・今の仕事に活きていること

学生時代は、機械工学という分野を専攻していた為、入社してから初めてプログラムを学びました。プログラムは、あくまでソフトを動かす手段であって、重要なのは、要求を実現するために物事を整理するということでした。学生時代の経験が、論理的な考え方や、第三者に説明する方法に対して、役にたっていると感じています。


1日のスケジュール

現在は課長職であるため、自分で設計・開発して成果物を作るというよりもメンバーの作業状況・成果物の確認や方針決めといったプロジェクトマネジメントがメインの業務です。

8:45-9:00 朝礼・メールチェック
9:00- 開発メンバーのスケジュール確認、設計レビュー、設計資料確認
12:15-13:00 昼休憩
13:00- 開発メンバーとの設計レビュー、開発メンバーからの設計資料確認、開発メンバーからの課題報告対応
19:00 帰宅


仕事で大変なこと

プログラムの動作変更が、それと全く関係のない部分に影響を与えてしまうことで、思いがけない問題動作として現れることがあり、原因解析に多くの時間がかかったこと。


皆さんへのメッセージ

世の中で、実際に手に取ること、目にすることのできる製品開発に携わる仕事です。良い意味で、緊張感と責任感のある為、大変やりがいがある仕事です。せひ、興味をもっていただけると嬉しいです。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ