最終更新日:2021/11/22

(株)NS・コンピュータサービス【日本精機グループ】

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • インターネット関連

基本情報

本社
新潟県
PHOTO

「課題がない=成長がない」という気持ちを持って

S.A
2007年
44歳
新潟大学 大学院
自然科学研究科
エンベデッドシステム部
管理職

これまでのキャリア・仕事の変化

情報工学系の大学を卒業後、関東のソフトウェア会社に入社し主に携帯電話やカーナビのソフト開発に従事していました。その後、弊社に転職しバイクのメーター用ソフトウェア開発にて、プログラマ、プロジェクトリーダーを経て、現在の課長職としてマネジメントを行っています。


入社した決め手

転職を決めた際、新潟県の企業を探しており、HPから会社を知りました。
新卒の時からソフトウェア開発、自動車関連の2つを軸に自分の仕事を探しており、転職の際もその世界で活躍したいと考えていました。新潟県内でこれが叶う企業がNS・コンピュータサービスでした。


学生時代に学んだことと現在活きていること

情報系の学部であった為、ソフトウェアの一般知識は役に立っています。しかしそれ以上に卒業研究を通して、メンバーや教授とのコミュニケーション、研修のすすめ方(計画)、論文作成での文章力、読解力などが非常に役に立っていると思います。どの業界に進んでも必ず必要になるスキルだと思います。


仕事のやりがい

自分の関わったバイクが街中を走っているのをみると、とても嬉しくなります。今後も自動車産業は盛り上がっていく業界なので、その中で働けることにやりがいを感じます。今は、自分が直接開発工程で作り込むよりも、管理職としてメンバーの成果物確認やチームのマネジメントが中心ですが、役割が変わった中でも「課題がない=成長がない」という気持ちで、常に課題を見つけることを意識し、今よりも成長した自分、チーム作り、ひいては任されている沖縄デベロップメントセンターの成長を目標としています。


学生の皆さんへのメッセージ

いろいろな事に興味をもって調べてみましょう。一見同じような業界でも個々に特徴があります。本当に自分がやりたいことができる業界、会社はどこなのか、悔いを残さぬように良く調べてみましょう。皆様に良いご縁がありますように。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ