最終更新日:2021/12/2

(株)WOWOWプラス

業種

  • 放送
  • 芸能・映画・音楽

基本情報

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
50億6,700万円(2021年3月期)
従業員
67名(2021年4月1日現在)

コンテンツのマルチ展開により放送・配信をはじめ幅広いマーケットで活動します。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
WOWOWグループの他3社と同じフロアで業務をおこなっています。フロアには、軽食がとれる広いカフェテリアスペースもあります。
PHOTO
放送や配信のまえに映像素材の綿密なチェックや、簡易的な編集作業をおこないます。事故があってはいけないので、一人一人が責任感を持って業務にあたります。

ユニークな成り立ちと歴史を持つ会社です!

PHOTO

【放送・配信・イベント…活躍のフィールドを広げます!】
当社は、衛星放送のスカパー!、ケーブルTV、ひかりTVなどで、「WOWOWプラス」「歌謡ポップスチャンネル」の2チャンネルを運営し、そこで培った映画やドラマ・音楽などのコンテンツ調達・制作体制を軸に、Amazonチャンネル配信などを含む他市場へのコンテンツ販売のマルチ展開やライブコンサート事業をおこなっています。
当社はこれら「メディアコンテンツ事業」をより進化させるために、コンテンツプランニング機能を集約する体制を整え、コンテンツの包括的な展開をより推し進めていきます。

【コンテンツ&システムで課題解決!】
当社は、ほかの映像事業者にはない当社独自のユニークな展開として「コンテンツソリューション事業」があります。
ホテルなどの法人施設向けに、映像コンテンツを使ったソリューションの企画提案・導入工事・保守をおこなっており、近年、海外衛星放送・配信やインフォメーションシステムなどWifiを含むインターネット設備の構築など展開を広げています。

【WOWOWグループとして、次のステップへUP!】
当社は2017年に(株)WOWOWのグループの一員となり、WOWOWの映画・ドラマ・音楽・スポーツといった良質なコンテンツを得て、さらなる飛躍を果たしました。
視聴者・顧客をはじめ、さまざまなステークホルダーにとって最良のパートナーとなるために、当社は今後とも挑戦し続けていきます。

【めざす/求める社員像】
当社は社員数70名弱の会社ですが、幅広い事業を行っています。
会社のミッションを達成するために、こんな社員と働きたい、こんな社員であってほしい、と次のように期待しています。

●当事者意識と向上心をもち、みずから進んで物事にとりくもうとする(主体性)

●誠実であるようつとめ、周囲の信頼を得るよう心がける(誠実・信頼)

●独自性や付加価値のあるアイディアを得られるよう努力する(創造性)

●広い視野をもち多方面から考える。適切な論理と方法をもちいて問題解決にあたる(課題発見・解決)

●社会人として規律やモラル、企業コンプライアンスの意識をもつ(規律性)

●新たな状況変化も受けとめ、積極的にとりくむ(好奇心)

会社データ

事業内容
・放送事業
・映画ドラマなどのコンテンツ販売事業
・コンサート事業
・ホテルや法人施設向けの映像コンテンツを中心としたシステムソリューション事業
本社郵便番号 107-6117
本社所在地 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル17F
本社電話番号 03-6702-0240
創業 1935年 (株)極東現像所として創立 京都太秦にて映画の現像開始
設立 2006年 (株)IMAGICA TVとして設立
資本金 1億円
従業員 67名(2021年4月1日現在)
売上高 50億6,700万円(2021年3月期)
株主構成 (株)WOWOW 100%
主な取引先 スカパーJSAT(株)、(株)ジュピターテレコム、(株)電通
関連会社 (株)WOWOW
(株)WOWOWコミュニケーションズ
WOWOWエンタテインメント(株)
(株)アクトビラ
建設業許可 電気通信工事業 東京都知事許可(般-2)第135649号
電気通信事業 総務省関東総合通信局届出番号 A-26-13891
代理店届出番号 C1900850
沿革
  • 1935年
    • (株)極東現像所として創立 京都太秦にて映画の現像開始
  • 1942年
    • (株)東洋現像所に社名変更
  • 1982年
    • (株)東洋現像所の100%出資により(株)東洋コミュニケイションズ設立
      ホテルPAYテレビシステム運営・配信事業を開始
  • 1986年
    • (株)東洋現像所が(株)IMAGICAに社名変更
  • 1996年
    • CSデジタル放送チャンネル「シネフィル・イマジカ」(現「WOWOWプラス」)開局
  • 2003年
    • カラオケチャンネル(現「歌謡ポップスチャンネル」)の事業を承継し、サービス開始
  • 2006年
    • (株)イマジカ・ロボットホールディングスが持株会社となり、(株)IMAGICA TV(当社)を放送事業分野を司る中核会社として設立
      (株)東洋コミュニケイションズが(株)IMAGICAプログラミングに名称変更、当社の100%出資会社として再編
  • 2008年
    • (株)IMAGICAイメージワークスよりコンテンツ事業を承継
  • 2010年
    • 当社と(株)IMAGICAプログラミングが合併
  • 2012年
    • BS放送「IMAGICA BS」(現「WOWOWプラス」)を開始
  • 2015年
    • ホテル・法人向け外国語放送インターネット伝送サービス「 IiDS 」を開始
  • 2017年
    • 4月に当社発行済株式全数を(株)WOWOWが取得
      10月に社名を(株)WOWOWプラスに変更するとともに、イマジカBS・映画をシネフィルWOWOWに名称変更
  • 2020年
    • Amazon Prime Videoチャンネル上で「シネフィルWOWOWプラス」を開始
      「シネフィルWOWOW」の名称を12 月より「 WOWOW プラス」に変更

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 11時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 21.1%
      (19名中4名)
    • 2021年度

会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)WOWOWプラスと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)WOWOWプラスを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ