最終更新日:2022/6/3

学校法人武蔵野美術大学

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 学校法人

基本情報

本社
東京都
資本金
学校法人のためなし
売上高
学校法人のためなし
従業員
215名(専任職員75名/専任教員140名) ※2022年4月1日現在

絵画、彫刻からデザイン、建築、映像、芸術文化、そして社会イノベーションまで、美術・デザインの広がりに対応する、国内最大規模の美術大学です。

  • My Career Box利用中

マイナビエントリーを締め切りました。 (2022/06/03更新)

PHOTO

こんにちは。学校法人武蔵野美術大学採用担当です。

本学へのマイナビエントリーは6/3(金)17:00をもって終了しました。
エントリーいただいたみなさま、誠にありがとうございました。
引き続き、エントリーシートのご提出をお待ちしております。

以下、今後のスケジュール予定です(変更になる可能性もあります)

■ 選考スケジュール
6月10日(金)17:00
    エントリーシート提出〆切

6月21日(火)頃
    書類選考結果通知

6月22日(水)~6月28日(火)
    適性検査受検(web)

7月14日(木)
    グループ面談

7月28日(木)、29日(金) (いずれか1日)
    グループディスカッション、個人面接

8月4日(木)
    個人面接

変更があった場合、随時更新します。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
本学は1929年創立の「帝国美術学校」を前身とし、2029年には100周年を迎えます。一世紀近くに渡り、美術・デザインの分野で活躍する人材を社会に輩出してきました。
PHOTO
役職を問わず「~さん」と呼び合うなど、フラットで風通しの良い職場です。若手の意見が尊重される場面も多く、年齢や職歴、立場に関係なく議論できる雰囲気があります。

未来を担うクリエイターたちをサポートし、美術・デザインを通じて社会に貢献する

PHOTO

「学生・教員・職員など、立場の異なるさまざまな人とのコミュニケーションが必要な仕事です。大変な面もありますが、それも面白さの一つです」(荻原さん)

90年以上の歴史を持つ武蔵野美術大学は、美術・デザインの教育・研究機関です。アート、デザイン、クリエイティブが必要とされる今日の社会において、多くのクリエイターを輩出する本学は、企業や地域から大きな期待を寄せられています。職員たちは、学生・保護者・企業といったステークホルダーの協力を得ながら、自分の仕事の一つひとつが人材育成につながるという意識で日々働いています。

本学の事務部門は、経営戦略室、総務グループ、大学企画グループ、学生支援グループ、美術館・図書館グループという5つのセクションに分かれています。私が所属しているのは、授業運営を担う学生支援グループ教務チームです。ここは学生との接点が一番多いセクションであり、私は主に実技授業の支援を担当しています。

美術大学である本学では、学生が作品を制作する機会が多く、学びの集大成として卒業制作も行います。制作した作品は、鷹の台キャンパスをギャラリーとして、教室やアトリエ、展示室、中庭など、構内のあらゆるスペースで展示されます。私は、学生や研究室から出される要望を調整し、キャンパス、会場全体の管理を行っています。

卒業生の数は、毎年1000名を超えます。それだけの人数の要望に応えるのは容易ではありません。大学の学事予定などを考慮しながら、制作スケジュールや作品のクオリティに影響が出ないよう、速やかに調整を行わなければなりません。そのために日頃からしっかり情報を集め、調整が必要なときは丁寧に説明して代替案を一緒に考えるようにしています。そうして半年かけて準備を進め、毎年1万3000人も来場する1月の卒業制作展を無事に迎えたときにはホッとしますね。達成感は後からじわじわ湧いてきます。

若い才能を間近でサポートし、社会に送り出せることがこの仕事のやりがいです。美術・デザインは、社会のいろいろな課題の解決にもっと寄与できると感じています。私の目標は、ジョブローテーションを通じて大学運営に必要な幅広いスキルを身に付け、キャリアアップしていくことです。美術・デザインの社会貢献を、未来に向けて力強く推進したいと思っています。
<荻原 渉/学生支援グループ教務チーム>

会社データ

プロフィール

■ 武蔵野美術大学について
武蔵野美術大学は、1929年に創立された「帝国美術学校」を前身とし、「教養を有する美術家養成」「真に人間的自由に達するような美術教育」を教育理念に掲げ、幅広い教養と人間性を有する造形各分野の専門家を養成し、文化の創造発展と社会貢献に寄与してきました。

造形学部と造形構想学部の2学部に、絵画、彫刻からデザイン、建築、映像、芸術文化、そして社会イノベーションまで、美術・デザインの広がりに対応する12学科を有し、大学院には造形研究科、造形構想研究科を設置しています。また50年以上の実績を持つ通信教育課程も設けています。日本を代表する美術・デザイン大学として、これまで社会に輩出した卒業生は7万2,000人に上ります。

造形活動を通じて身に付く、正解のない問をたて、探求し、答えを表現する能力は、今の時代にこそ最も必要とされています。卒業生は美術家、デザイナー、建築家、映像作家など、造形各分野の専門家として活躍するとともに、培った創造性、コミュニケーション能力が高く評価され、多くの業界で日本及び世界有数の企業へ就職し、重要な役割を担っています。

事業内容
■ 大学
・造形学部
<通学課程>
日本画学科、油絵学科[油絵専攻・版画専攻]、彫刻学科、視覚伝達デザイン学科、工芸工業デザイン学科、空間演出デザイン学科、建築学科、基礎デザイン学科、映像学科、芸術文化学科、デザイン情報学科
<通信教育課程>
油絵学科、デザイン情報学科、芸術文化学科

・造形構想学部
クリエイティブイノベーション学科、映像学科

■ 大学院
・造形研究科
<修士課程>
美術専攻、デザイン専攻
<博士後期課程>
作品制作研究領域、環境形成研究領域、美術理論研究領域

・造形構想研究科
<修士課程>
造形構想専攻
<博士後期課程>
造形構想研究領域
本社郵便番号 187-8505
本社所在地 東京都小平市小川町1-736
本社電話番号 042-342-6021
設立 1929年(昭和4年)
代表者 理事長:白賀洋平/学長:長澤忠徳
資本金 学校法人のためなし
従業員 215名(専任職員75名/専任教員140名)
※2022年4月1日現在
売上高 学校法人のためなし
事業所 ・鷹の台キャンパス(東京都小平市小川町1-736)
・市ヶ谷キャンパス(東京都新宿区市谷田町1-4)
・吉祥寺校(東京都武蔵野市吉祥寺東町3-3-7)
関連会社 (株)武蔵野美術大学ソーシャルマネジメント
沿革
  • URL
    • https://www.musabi.ac.jp/outline/about/history/

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 27時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12日
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 22.9%
      (35名中8名)
    • 2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
・学内研修
・e-ラーニング
・外部機関研修
教育研修体系にもとづき、階層別、テーマ別に研修を受講します。
自己啓発支援制度 制度あり
・自己啓発学習助成
法人が指定するオンライン学習サービスを利用することができます。

採用実績

採用実績(学校)

約10年振りの新卒採用になります。

採用実績(人数) 約10年振りの新卒採用になります。

採用データ

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/23/pc/search/corp98965/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

学校法人武蔵野美術大学と業種や本社が同じ企業を探す。
学校法人武蔵野美術大学を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 学校法人武蔵野美術大学の会社概要