最終更新日:2022/7/4

社会福祉法人希望の家

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
兵庫県
PHOTO

安心して生活ができる支援の提供を目指して

井関 健太
2018年入社
26歳
佛教大学
社会福祉学部 社会福祉学科
希望の家グリーンホーム
相談兼生活支援員として、利用者の方の生活をサポートしています

現在の仕事内容

現在相談兼生活支援員として、「利用者の1日の生活の支援」と「利用者の個別支援計画に基づいた目標達成のために相談支援」を主に行っています。

昨年より、若手職員でチームを組みコロナ禍でも利用者の皆様に楽しんで頂けるようなイベントを企画・実施をしています。そのチームのリーダーとして1年目や2年目の後輩たちを引っ張っていけるように、試行錯誤しつつ力を合わせて頑張っています。
施設内での作品展を企画。職員も利用者の皆様も全員に作品を出展して頂き、利用者の皆様は職員の意外な趣味なども見つけることができ大変好評でした!!
企画したイベントで利用者のみなさまの笑顔を見たときは「よかった!」と思うと同時に、利用者のみなさまからもパワーをたくさん頂いています!


この会社に決めた理由

大学で社会福祉学を専攻しており、障害者の事例について学んだ際に障害者の社会生活が保障されていない事に驚き、それがきっかけで障害福祉を学びました。
正直に「障害者施設と聞くと暗いイメージ」だと大学の教授に話してみると、「そんなことはないからまず現場に行って、そのイメージを変えてみては」とアドバイス頂き、障害者が関わる様々な事業所に実習で行かせていただきました。
実際に実習に行くと私の持っていたイメージとは程遠く、自分の夢を語ったり、自作の歌を披露して下さったりと笑顔が絶えない空間が広がっていました。
就職活動のしていた中で、希望の家の創設の精神の一つである「施設の職員・利用者は一つの家族である」に惹かれ、ここであれば自身が思う利用者の皆様の居場所を作れるのではないかと思い入社しました。


トップへ

  1. トップ
  2. 社会福祉法人希望の家の先輩情報