最終更新日:2021/11/22

(株)浜学園

業種

  • 教育

基本情報

本社
兵庫県
PHOTO

講師の配置や指導などを行っています

島田 大我(総合職)
関西学院大学大学院
教務部 教務課
講師の配置・指導

現在の仕事内容

現在、教務課に所属しており、社会科の講師配置係という仕事をメインに行っています。講師配置係という仕事は、各地にある浜学園の教室へ各科目の講師を配置していくというものです。西は岡山から、東は首都圏まで教室があるので、各教室や各科目の講師の意見を聞いたり、連携したりしながら、どの教室に入って1年間授業をしてもらうかを決めていかないといけません。また、ただ配置するだけではなく、復習テストを担当する准講師を指導したり、その准講師が講師へ昇格するように育成したりしていくことも仕事の一つです。それ以外に講師・准講師が問題なく復習テスト・授業を実施できているか、定期的に各教室を巡回して、教室職員や講師からのヒアリングをもとに指導することもあります。


今の仕事のやりがい

入社してから2年目までは教室で、3年目からは教務課で勤務しています。最初の2年間は教室職員として、生徒やその保護者の方々・教室に入る授業担当の講師・職員など数多くの人たちと関わることが多く、生徒や保護者の方との関わり方を学ぶことができました。生徒と接する中で学校行事がいつからあるのか、その日の生徒のコンディション等も把握することができました。その中でやりがいを感じたことは、6年生の受験が終わって入試結果を保護者の方から伺い、志望校に合格したと分かった時です。一方で、教務課では教室職員の頃とは異なり、各科目の様々な先生方と会ったり、話したりする機会が多くなりました。また、学生からベテランの先生まで、様々な年齢層の方々と関わることができることもやりがいになっています。


この会社に決めた理由

就職活動をしていく中で、最初は幅広く業界を見ていきたいと考えていたので、様々な業種の説明会に参加しました。その中で自分の経験を活かすことができる会社に入りたいと思うようになりました。自分が経験したことの中で一番大きな出来事を考えた時に、受験勉強や入試であることに注目しました。そこから、教育業界に興味を持つようになり、業界を絞るようになりました。最初は塾や学校職員を志望して、説明会などに参加しました。その次に、私自身は講師のような勉強を教えるということは合っていないと考えていたので、教えることがなくても働くことができる会社に注目するようになりました。その中で、浜学園は講師と職員で業務が分かれていることを知り、ここで働きたいと思い志望しました。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2022に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2023年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ