最終更新日:2023/2/3

日本緑茶センター(株)

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品
  • 外食・レストラン

基本情報

本社
東京都
資本金
6,000万円
売上高
33億900万円(2021年8月実績)
従業員
117名[グループ全体153名](2022年3月末現在)

創業53年!クレイジーソルトやハーブティーを扱う食品専門商社です!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
穏やかな社風だからこそ意見しやすい環境。若手から広い裁量権をもって仕事をできることが日本緑茶センターの魅力です。
PHOTO
商品づくりには各部署の連携が欠かせません。役員含め、営業・企画・商品・マーケティング・品質保証のメンバーが意見交換をしています。

世界中のハーブ&ティーで日本の食生活を豊かにします!

PHOTO

社名は有名ではありませんが、クレイジーソルトは目にしたことがあるのではないでしょうか。ハーブのパイオニアとして挑戦する企業です!

 日本緑茶センターでは1969年の創業以来、「世界中から集めたハーブとお茶を通じて暮らしに文化とゆとりを提供する」 ことを目指し、お客様に安全と安心をお届けするために邁進してまいりました。
 輸出入・生産・製造・卸・小売りと、川上から川下まで自社で行うことで美味しさと品質を保ち、商品に関わる全ての物流を行う強い事業を展開しています。

>>日本緑茶センターとは?

■製品にこだわりがあります■

 “心と身体にいいものを”お客様にお届けしたいという想いで製品づくりを行っています。
 ・高品質でおいしくからだに良い製品を扱う
 ・豊富な原料を生かし幅広いニーズに応える
 ・価格競争ではなく新たな市場を開拓

 ドイツで100年の歴史を持つヨーロッパ最大のハーブ&ティーメーカーである、“ティーカネン社”をはじめ、
 海外の優秀なサプライヤーとのネットワークを構築しています。
 さらには現地生産者・加工業者との連携を持つことで、良質で安全な商材の安定供給を可能にしています。

■若いうちから活躍できます■

 手を挙げれば様々なことにチャレンジできる環境です。
 先輩や上司とのコミュニケーションが盛んであるため、相談や提案がしやすい雰囲気です。
 2022年9月に発売を開始した新商品「Theand」は“新卒入社2年目”の社員が開発しました。
 フードペアリングを楽しめる、スイーツに合う紅茶です。

■総合職として様々な経験を積むことができます■

 新卒入社の方にはジョブローテーションを通して3~5部署ご経験いただきます。
 製品づくりに関わる川上から川下まで自社で行うため、“企画~仕入~販売”すべてに関わることができます。
 ジョブローテーションで得た知識・経験を活かし、将来的には会社を担うリーダーとしてご活躍いただきます。


取材・特集タブには社員インタビューがございます。ぜひご覧ください!

会社データ

事業内容
〇事業内容〇
・世界のティー&ハーブ、スパイス、塩、油、樹液などの輸出入
・関連商品の企画開発、輸出入、製造、卸、販売
・茶器、ティーアクセサリー等の企画開発、卸、小売
・OEMの企画開発、ショップ展開、カルチャーセミナーの開催

〇取扱商品について〇
【輸入食品】
ポンパドールハーブティーや、クレイジーソルトをはじめとした輸入商品を扱っています。商品の良さだけでなく、その商品を育んだ文化を理解し日本に伝えるパイオニアとして、50年の歴史を積み重ねてきました。

【自社ブランド商品】
やさしいデカフェやスイートサクラティーなどの自社ブランドの開発を行っています。2018年には静岡工場を立ち上げ、2019年には(株)ケイ・エフ・ピーがグループ傘下となり、自社製造にも注力しています。

【OEM】
「自社のプライベートブランドがつくりたい」「イベントのノベルティとしてオリジナルパッケージの製品がほしい」というお客様のご要望にも対応しています。豊富な原料とノウハウを活かして、オリジナル商品の製造もおこなっています。

【原料】
紅茶、ハーブ、中国茶、マテ茶、ハーブブレンド、フルーツティー、有機JAS認定ハーブ、有機JAS認定紅茶、フレーバーティー、ブレンドティーなど常時200種類以上の原料を取り揃え、様々な業務形態のお客様に販売しています。

PHOTO

本社郵便番号 150-0031
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町24-4 東武富士ビル 6F
本社電話番号 03-5728-6669
創業 1969年11月
設立 1971年2月
資本金 6,000万円
従業員 117名[グループ全体153名](2022年3月末現在)
売上高 33億900万円(2021年8月実績)
当社について ◇日本緑茶センターの歩み◇
1969年の創業以来、「皆様の心と身体の健康のお役に立てるものを取り扱う企業であること」を一番のモットーとして企業活動を続けてまいりました。

代表的な商品のひとつは、ドイツのハーブティー・ブランド「ポンパドール」です。日本ではまだ「ハーブ」という言葉が知られていなかったため、市場に根付かせていくために多くの時間と努力を注ぎ込みました。

そしてもうひとつの代表的な商品は、アメリカ生まれの岩塩ベースのハーブミックス調味料「クレイジーソルト」です。1980年代の日本では、「塩」は専売制度により管理販売されていましたが、「ハーブ調味料」とすることで輸入を可能にし、「日本初の輸入塩」「100%無添加調味料」として、今日まで長く愛されるロングセラー商品となりました。

このような歴史を重ねる中で、「時代の波に乗っていく企業」ではなく、「時代に先駆けて市場を創造していく企業」として、食品業界において積極的に挑戦し続けています。
新卒採用について ◇新卒採用について◇
2020年度より新卒採用を始めました。
2022年4月には新卒採用3期メンバーも加わり、6名の新卒入社社員がいます。
これまでは中途入社の経験者を採用し、適材適所への配置をしていたため部門を超えるジョブローテーションがありませんでした。
様々な部署を経験し、部門を超えた視点を持つ社員に将来の会社を任せていきたいという想いから、新卒採用を開始しました。

入社後は2~3ヵ月にわたる新入社員研修を経て、配属後は5年ごとにジョブローテーションを実施し、3~5部門をご経験いただく予定です。
現在は2020年、2021年、2022年入社の新入社員が奮闘中です!

◇活躍している先輩像◇
・主体的に行動できる方
・真面目で誠実な方
・仕事とプライベートの切り替えができる方
・論理的にコミュニケーションを取れる方

社内は穏やかな雰囲気です。ハーブティーや紅茶好きな方が多く、お茶を飲みながら仕事をしています。
従業員数が少ないため、一人一人の業務が多岐にわたります。主体的に取り組むことで、様々な業務に挑戦できます。
責任感を持って仕事に取り組んでいる先輩が活躍しています。

開発から販売まで全てを経験し、モノづくりの仕組みを深く理解することができます。
日本緑茶センターで幅広い経験を積みながらチャレンジしませんか?
事業所 ■札幌支店
〒060-0032
北海道札幌市中央区北二条東1-2-10 北2条ビル304号
TEL:011-206-1552 FAX:050-3737-9935

■名古屋支店
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須4-13-46 ウィストリアビル305号
TEL:052-212-8581 FAX:050-3737-9131

■大阪支店
〒541-0056
大阪府大阪市中央区久太郎町1-5-31 リアライズ堺筋本町ビル303号
TEL:06-6271-0849 FAX:06-6271-5226

■福岡支店
〒812-0024
福岡県福岡市博多区綱場町1-16 多田ビル6F
TEL:092-292-6154 FAX:050-3852-5989

■静岡工場
〒420-0005
静岡県静岡市葵区北番町50-1
TEL:054-260-6267 FAX:054-273-7535
直営店 ■直営店 中国茶、台湾茶、カフェ&レストラン「茶語(Cha Yu)」
https://chayu.net/

□茶語(Cha Yu)TEA SALON 新宿高島屋店
〒151-8580
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ6F
TEL/FAX:03-5361-1380

□茶語(Cha Yu)CHINA TEA HOUSE 大丸札幌店
〒060-0005
札幌市中央区北五条西4-7 大丸札幌店4F
TEL/FAX:011-222-3595
オンラインショップの運営 世界のお茶の専門店 ティーブティック(Tea Boutique)
https://www.tea-boutique.jp/
関連会社 ■G北島(株)
■(株)ケイ・エフ・ピー
沿革
  • 1969年11月
    • 「日本緑茶振興センター」を東京都世田谷区北沢で開業
  • 1971年2月
    • 「日本緑茶振興センター(株)」を会社組織として開設
  • 1980年7月
    • 「日本緑茶センター(株)」へ社名変更
  • 1985年4月
    • 大阪府大阪市に支店を設立
  • 1986年5月
    • 日本マテ茶協会の設立に参画、事務局を設置
  • 1996年10月
    • 「茶語(Cha Yu) 」を日本初の中国茶カフェとして新宿タカシマヤ6Fにオープン
  • 2003年3月
    • 「茶語(Cha Yu)」が大丸札幌店4Fにオープン
  • 2005年6月
    • 日本中国茶普及協会の設立に参画、事務局を設置
  • 2009年11月
    • 日本アルガンオイル協会の設立に参画、事務局を設置
      創立40周年記念式典
  • 2013年9月
    • ホールディングカンパニー「G北島(株)」を設立
  • 2014年11月
    • 北島大太朗が代表取締役社長に就任
      創立45周年記念式典
  • 2018年9月
    • 静岡県静岡市に自社工場を設立
  • 2019年8月
    • 「(株)ケイ・エフ・ピー」が「G北島(株)」のグループに参入
  • 2019年9月
    • 福岡県福岡市に支店を設立
  • 2019年11月
    • 創立50周年記念式典
  • 2022年9月
    • 北海道札幌市に支店を設立
      愛知県名古屋市に支店を設立

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 5年
    2021年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 4名 1名 5名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 4名 0名 4名
    2022年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 33.3%
      (12名中4名)
    • 2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
・新入社員研修
入社後約2か月間は研修期間となります。
会社の事業内容や各部署について理解を深めていただくとともに、社会人スキルを身に着けていただきます。

・OJT研修
配属後はOJT形式にて業務に取り組んでいただきます。

・階層別研修制度
役職や階層に合わせた研修を3ヶ月に1度受講いただきます。

・外部研修受講制度
100種以上の研修をいつでも受講することができます。
メンター制度 制度あり
新卒入社の方には半年に1度、総務部門との面談を実施し、配属後もフォローを行っています。OJTで指導する先輩以外にも、他部署の先輩とお話しできる場があります。
社内検定制度 制度あり
日本中国茶普及協会(インストラクター、アドバイザー資格取得制度)
日本マテ茶協会(アドバイザー資格取得制度)

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2022年 2 0 2
    2021年 0 2 2
    2020年 0 2 2
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒離職者数数
    2022年 2
    2021年 2
    2020年 2
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2022年 0
    2021年 0
    2020年 0

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学院>
東京大学、東京都立大学、東北大学
<大学>
青森公立大学、跡見学園女子大学、茨城大学、宇都宮大学、桜美林大学、大阪国際大学、神奈川大学、関西大学、共立女子大学、慶應義塾大学、神戸大学、駒澤大学、島根大学、昭和女子大学、白百合女子大学、成蹊大学、拓殖大学、玉川大学、大東文化大学、千葉商科大学、中央大学、東海大学、東京海洋大学、東京女子大学、東京農業大学、東洋大学、東洋英和女学院大学、獨協大学、長崎県立大学、長浜バイオ大学、名古屋芸術大学、奈良大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、日本女子大学、福井県立大学、法政大学、明治大学、立教大学、早稲田大学、和洋女子大学

【新卒採用 採用実績】
桜美林大学、成蹊大学、玉川大学、東京農業大学、東洋大学、日本大学

前年度の採用実績(人数) 弊社では2020年度より本格的な新卒採用をはじめました。

2022年 2名(予定)
2021年 2名
2020年 2名

取材情報

世界のお茶や食品を日本に届け、豊かな暮らしを支える仕事
多様な業務を経験する総合職社員たちの挑戦
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

日本緑茶センター(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
日本緑茶センター(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 日本緑茶センター(株)の会社概要