最終更新日:2022/12/16

(株)大谷製作所

業種

  • 金属製品
  • 自動車・自動車部品
  • インテリア・住宅関連

基本情報

本社
新潟県
資本金
2,600万円
売上高
40億円(2021年度)
従業員
123名(2022年11月現在)

「人にやさしい会社」をモットーに 従業員にとって働きやすい会社を目標に、職場環境の整備に努めています

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
創業以来から培ってきた様々な金属加工技術が誇り。先輩社員から後輩社員に受け継いでいます。
PHOTO
本社のほかに新潟県内に6工場があります。それぞれの工場で自動車メーカーなど、日本の産業を支えています。

- 先輩からのメッセージ -

◆入社1年/生産技術部/大平美帆(工学部卒 2022年入社)
私は合同会社説明会で初めて“大谷製作所”という会社を知りました。正直、入社したいと思って話を聞いていたわけではありませんでした。しかし、「会社を自分で変えていくことができる」というその言葉に魅力を感じ入社しました。
 入社後は半年間の現場研修を行い、各工場の作業者の方とコミュニケーションを取りながら生産工程の流れや簡単な機械操作を学びました。その中で環境改善に熱心に取り組んでいることが分かりました。私自身、女性が働きやすい環境を作りたいと前々から思っていたので環境改善に関われることにやりがいを感じています。また、製造業というと女性の割合が少ないイメージがり不安もありましたが、女性の割合も想像より多く安心しました。
 資格取得についても会社側は前向きに検討をしてくれるので、必要な資格をどんどん取っていきたいと考えています。そして、福利厚生もしっかりしているので、プライベートと仕事の両立ができます。

◆入社1年/生産技術部/高橋真聖(農学部卒 2022年入社)
 私は農学部出身で、工学とは無縁の学生時代を送っていました。就職活動を通して製造業の面白さとやりがいを知りました。そして自分がどのような分野に興味があるかを知るために、様々な工程を扱っている「大谷製作所」に入社しました。この時は全く知らないことを仕事にする不安がありました。
入社後は当社で扱う全ての生産工程について直接、または間接的に関わりました。作った製品がさらに加工され、製品として完成し出荷されるまでの一連の流れに関わることで仕事に対して達成感を感じることができました。さらに基本的な知識に関する講習も受ける機会があり、自分の仕事に対して理解を深めることもできました。そのため何も知らない状態で入社しても、全く問題はありませんでした。今は生産技術部で作業者を支える仕事をしています。
 このように当社では知識や経験が0からでもしっかりと教育できる環境が揃っています。また基本的に燕市、新潟市に工場があるため、転勤がないのも魅力です。

会社データ

事業内容
【自動車部品】
排ガス関連部品、エンジン吸気関連部品、潤滑装置部品などの製造販売

【建築・厨房板金加工】
自動車部品の製造で培ってきた技術を活かし、他分野にも進出。
木造住宅用の接合金物、業務用厨房機器を中心としたステンレス製品の製造にも力を入れています。
本社郵便番号 959-0215
本社所在地 新潟県燕市吉田下中野1462番地
本社電話番号 0256-92-5555
吉田工場郵便番号 959-0251
吉田工場所在地 新潟県燕市吉田本所601-1
吉田工場電話番号 0256-92-4155
設立 1963(昭和38)年9月1日
資本金 2,600万円
従業員 123名(2022年11月現在)
売上高 40億円(2021年度)
事業所 曽根工場/〒959-0215 新潟県新潟市西蒲区矢島191番地
吉田工場/〒959-0251 新潟県燕市吉田本所601-1
主な取引先 東京濾器(株)、(株)サステック、タニコー(株) 、阪和興業(株) 、BXカネシン(株)  他
関連会社 大谷興産(株)、(株)大谷製作所広島、(株)安芸大谷製作所、阪神工業(株)
平均年齢 41歳
平均勤続年数 16.9
沿革
  • 昭和38年
    • 大谷統司、燕市において大谷製作所を創設。 金属洋食器の生地製造を始める。
  • 昭和40年
    • 金属洋食器の製造販売に切り替える。
  • 昭和41年
    • 法人となり商号を株式会社大谷製作所と改める。
  • 昭和44年
    • 西蒲原郡西川町(現新潟市)に曽根工場を新設。
  • 昭和46年
    • 自動車部品の製造を始める。
  • 昭和53年
    • 本社所在地を燕市より現所在地に移転する。
  • 昭和55年
    • 田中厨房工業株式会社を吸収合併。 資本金2400万円。
  • 昭和56年
    • 東新精器より生産設備等を譲受け(営業譲渡)、同所に株式会社大谷製作所吉田工場新設。
  • 昭和60年
    • 西蒲原郡西川町(現新潟市)に曽根東工場を新設し、オイルフィルターの製造を始める。
  • 昭和61年
    • 三芝興業(株)(広島県)を買収。
  • 平成 元年
    • 三芝興業(株)を(株)大谷製作所広島と社名変更する。
      弥彦工場を新設。
  • 平成 6 年
    • ロールフォーミング機を設置し、ステンレス建材の生産を開始。
  • 平成 7 年
    • 新星工業(株)(西蒲原郡分水町)を買収。
  • 平成 9 年
    • 曽根東工場第2工場新設。私募債発行済み。
  • 平成12年
    • (株)東京濾器大谷製作所を新設。
  • 平成13年
    • 阪神工業(株)(兵庫県伊丹市)を買収。
  • 平成21年
    • 大谷統司、代表取締役会長に就任。
      大谷徹、代表取締役社長に就任。
  • 平成27年
    • 株式会社東京濾器大谷製作所を株式会社安芸大谷製作所と社名変更する。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.9年
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.7日
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
新潟及び広島のグループ会社にて約半年間の現場研修を行います。
新潟では主要4工場にて板金・プレス・ロボット溶接・検査業務を行い、生産工程の流れや機械操作を学びます。広島では新潟で生産した部品の組立及び出荷検査を行うことで会社全体の実務理解を深めます。
個人のスキルアップを図りその後のキャリア形成に役立てます。
自己啓発支援制度 制度あり
講習及び資格については全額会社負担です。講習は各メーカー主催のロボット操作講習、工作機械講習等があります。またCAD講習など工学未系経験者でも業務遂行出来るよう、相談しながら会社側で用意していきます。

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2021年 1 1 2
    2020年 0 0 0
    2019年 1 0 1

会社概要に記載されている内容はマイナビ2023に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2024年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)大谷製作所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)大谷製作所を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)大谷製作所の会社概要