最終更新日:2023/11/20

(株)ケー・エフ・シー【東証スタンダード市場上場】

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 金属製品
  • 建設
  • 建築設計
  • 商社(鉄鋼・金属)

基本情報

本社
東京都、大阪府
資本金
5億6,529万5,000円
売上高
209億4,200万円(2023年3月実績)
従業員
288名(2023年3月31日現在)

【夏採用にて受付中/年間休日126日!】高速道路や高架橋・トンネル・空港・新幹線などで使用される建設用アンカーのパイオニア企業/トンネル資材のシェアNo.1◎

【東証スタンダード市場上場】当社の強みは《揺るがない技術力》です (2023/11/10更新)

PHOTO

(株)ケー・エフ・シーでは、建設用資材の開発、販売、施工を事業展開しております。
アンカーボルトのパイオニアとして、高速道路や高架橋・トンネル・空港・新幹線など
人々の暮らしに欠かせない様々な場所に弊社の商品や技術が使われています!
世界的なスポーツイベント、大阪万博、リニア新幹線など、当社の技術力で未来を支えていきます。

会社説明会の追加開催が決まりました!
この他、日程調整もさせていただきますので、下記日程での参加が難しい場合は
「日程の案内を希望」にお申込みください

詳しい企業情報はこちら
https://www.careermap.jp/recruit/page_kfc


                      (株)ケー・エフ・シー 採用担当

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
東の東京本社と並び、重要拠点となるのが西の大阪本店。東西に拠点を置くことで、ケー・エフ・シーは日本全国のニーズにスピーディーかつ細やかにお応えしています。
PHOTO
「自分が作成した図面をもとに行われる工事の施工管理に立ち会うこともあり、かたちになるやりがいを実感。学べることが多く、成長も速いと感じています」と中矢さん。

建設用アンカーボルトのパイオニア!次々と新製品・新工法を生み出すKFCで活躍を

PHOTO

(左から)石倉さんと中矢さん。「コミュニケーションスキルが大事ですが、今はなくても身につけたいと思う気持ちがあれば大丈夫。安心して入社してください」。

■中矢 共起/2021年入社 ファスナー事業部 耐震営業部
建築学科で意匠を学んでいましたが、ケー・エフ・シーに在籍している大学の先輩の影響で、建築構造や耐震補強に用いるあと施工アンカーに興味を持ち、あと施工アンカーボルトのシェア・認知度ともに圧倒的な当社を志望しました。決め手になったのは、「ケー・エフ・シーならより新しい技術を学べる。」と感じたことです。

私は入社後、建築物の耐震補強工事に関する設計・開発業務を行っています。
構造設計事務所に対する提案営業(自社の製品・工法を採用してもらう為の技術提案営業)を行う部署に所属し、設計補助としてCADで構造図作成や施工後のあと施工アンカーボルトの調査業務、工事現場の施工管理に携わっています。中でも調査業務は新しい技術に触れられる仕事となっており、自社開発の非破壊検査機器を使ってあと施工アンカーボルトの調査を行います。特許を取得する機器・調査方法ともにこれまでにないものなので、私が行う調査や報告書の完成度が顧客からの信頼を得るカギを握っています。責任重大ですが、入社時に希望していた「新しい技術に触れられる」環境はやりがいを感じます。今後は1人でも耐震補強設計や調査業務を行えるよう研鑽を積み、一級建築士の資格も取得したいと思っています。

■石倉 祥多/2018年入社 総務部 人事課
建設用資材の開発・販売・施工を手掛ける当社は、社内外を通じて様々な人と連携して仕事を進めることが多く、コミュニケーション能力が大切です。人と接することが得意な方ならすぐに活躍できますし、今はまだ自信がないという方も苦手を克服したいという思いがあればまったく問題ありません。重要なのは足りないスキルや知識を補うための努力ができるかどうか。学ぶ姿勢があれば、技術習得や資格取得にも大いに生かせると考えます。当社はOJTに力を入れているので、ぜひ積極的に仕事に取り組み、主体的に学んでください。

建設業界は堅い、荒っぽいなどのイメージがありますが、当社は若手も意見が言いやすく、風通しが良いのが特徴です。上司や先輩も面倒見のいい方が多いので、些細な質問もしやすいと思います。私はもともとコミュニケーション下手でしたが、先輩方のおかげで人と接する楽しさを知ることができました。皆さんも当社でやりがいのある仕事、信頼できる仲間と出会ってみませんか。

会社データ

プロフィール

私たちケー・エフ・シーは1965年の設立以来、建設用資材の開発、販売、施工を事業展開してきました。主力製品は、オリジナルブランドのアンカーボルトです。アンカーボルトとは、構造物や機械を基礎のコンクリートや土台に定着させて強度を高めるために、基礎の中に埋め込むボルトのこと。高速道路や高架橋、トンネル、空港、新幹線など、人々の暮らしに欠かせないものに使われています。

施工技術も高い評価を受けています。日本の山岳トンネル工事の90%以上を占めるNATM(ナトム)は、オーストリアで開発後に私たちがいち早く注目し、日本で初めて導入しました。現在も改良を重ねながら、さまざまな現場で採用されています。

商品開発から販売、施工技術まで、私たちはトータル提案を実施しています。例えば、トンネルでは山を掘削するための部材と工法・技術の提供、道路の完成に必要な内装材や遮音壁の提供と工事、そして環境保護技術も提供します。また、耐震耐火工事など、人々の安心や安全を支える技術革新にも注力しています。特に、ここ数年の耐震需要の高まりを受けて、新たに耐震営業課を発足。さらに、大型案件となるリニア新時代の到来や、高度成長時代のインフラ構造物のリニューアル需要の増大など、役立ちの場が広がって存在感を高めようとしています。

こうした幅広いビジネスフィールドにおいて、若手社員が第一線に立ち、プロジェクトの最初から最後まで一貫して携わることが、大きな魅力です。ファスナー、土木資材、建設の各事業部門のいずれにおいても、言葉では表現できない大きな達成感を得ることができるでしょう。

専門性の高い技術とノウハウを武器に、堅実な成長を遂げてきた私たちですが、決して現状に安住しているわけではありません。若手社員を積極的に登用し、人材育成・組織の活性化に全社一丸となって力を注いでいます。今後は、海外シフトを加速するゼネコンとともに、確かな技術・ノウハウをグローバルに提供する機会が増えていきます。営業提案・技術力に加えて、語学力に優れた人材など、これまで以上に多彩なスキルと可能性を持った、若いエネルギーを必要としています。

未来のケー・エフ・シーを担うのは、フレッシュでアクティブな未来志向の若手社員です。既成概念にとらわれず、そして失敗を恐れることなく、大いに能力を発揮してください。企業発展の原動力として期待を寄せています。

事業内容
3つの事業を中心に土木・建設の分野で意欲的な活動を展開しており、「建設用ファスナー類及び付属品の販売・施工」、「トンネル掘削用資材の販売」、「環境・安全施設工事及び耐震関連工事の設計・施工」を行っています。

◆ファスナー事業部門◆
コンクリートに穿孔し、強制的な摩擦抵抗によって固着させる金属拡張アンカーをはじめ、付着抵抗によって固着させる接着系アンカーを開発・販売。また、耐震補強工事関連の新商品開発にも積極的に取り組んでおり、建設用アンカーのパイオニアとして独自の製品開発から構造物に合わせた製品の選択及び工法を提供します。

◆土木資材事業部門◆
わが国で初めてトンネルの掘削工法NATM(ナトム)を紹介。NATMにかかせない各種ロックボルト及び防水シート、ウレタン注入材等資材を開発・販売。あらゆる地山に対応する製品・工法を豊富な実績と技術情報をもとに供給・提案します。

◆建設事業部門◆
トンネル内装工事、高架橋下部の美装工事などの環境工事、防護柵などの安全施設工事、トンネル補強などのリフレッシュ工事、耐震関係工事など、独自に開発した工法を積極的に活用し、鉄道・道路・港湾・航空関連施設の工事を幅広く行います。

PHOTO

本社郵便番号 105-0011
本社所在地 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルB館 11階
本社電話番号 03-6402-8250
第二本社郵便番号 530-0047
第二本社所在地 大阪市北区西天満3-2-17
第二本社電話番号 06-6363-4188
設立 1965年3月
資本金 5億6,529万5,000円
従業員 288名(2023年3月31日現在)
売上高 209億4,200万円(2023年3月実績)
事業所 本店(大阪)、本社(東京)、営業所(仙台、横浜、静岡、名古屋、岡山、広島、福岡)、流通センター(大阪、埼玉)、技術研究所(埼玉)
売上高推移 2023(令和05)年3月 209億4,200万円
2022(令和04)年3月 242億9,400万円
2021(令和03)年3月 261億9,100万円
2020(令和02)年3月 269億5,600万円
2019(平成31)年3月 234億4,679万円
2018(平成30)年3月 242億6,972万円

関連会社 ・アールシーアイ(株)
・唐山日翔建材科技有限公司
平均給与 6,373,994円(2023年3月31日現在)
平均年齢 41.4歳(2023年3月31日現在)
平均勤続年数 14.2年(2023年度3月31日現在)
沿革
  • 1965年 3月
    • 従業員65名をもって、大阪、東京、横浜、名古屋、神戸及び北九州の6カ所の営業所を同時に開設し、建設ファスナー類即ちホークアンカー、建設用鋲打工具、ピン、空包、その他の全国販売を開始
  • 1967年 6月
    • 米国オリン・マチソンケミカルコーポレーション・ウェスタン社と業務提携し、建設用鋲打工具ラムセットの国内販売を開始
  • 1969年 4月
    • 東京レジン部(後の土木営業部)を創設
  • 1970年 8月
    • 系列会社としてレジン化学工業(株)を設立
  • 1971年
    • 1月
      建設部を創設し、トンネル内装工事、機械器具設置工事に進出

      9月
      京都建設ファスナー(株)を吸収合併
  • 1973年 4月
    • 大阪レジン部(後の土木営業部)を創設
  • 1974年 2月
    • 建設部を建設本部に改組
      静岡(41年)、岡山(43年)、札幌(44年)、広島(47年)、福岡(50年)各営業所を開設
  • 1976年 2月
    • 2月
      商品販売部を設置し、三井石油化学工業(株)と提携して、プラニウム風管、ハイパネルTX止水シートを開発、販売開始

      10月
      オーストリア・GDアンカー社と技術提携し、SNトパックアンカー、ドライモルタル等の販売開始
  • 1986年 1月
    • 建設ファスナー(株)を(株)ケー・エフ・シーに社名変更
  • 1989年 4月
    • 系列会社としてカーボフォル・ジャパン(株)を設立
  • 1993年 8月
    • 東京本社を開設し、大阪本社を大阪本店に改称
  • 1994年 7月
    • レジン化学工業(株)を(株)アール・シー・アイに社名変更
      富田林市に技術研究所を開設
  • 1996年 6月
    • 東北営業所を開設
  • 1997年 5月
    • 現在地に大阪本店社屋を新築
  • 1997年12月
    • 大阪証券取引所市場第二部に上場
  • 1998年 3月
    • 埼玉県加須市に関東流通センターを開設
      同時に技術研究所を併設
  • 1999年12月
    • 電気化学工業(株)と業務提携基本契約を締結
  • 2000年 4月
    • 購買部を新設
  • 2001年 5月
    • 東京支店において「ISO9001:2000」認証取得
  • 2004年12月
    • 大阪本店総務部及び購買部において「ISO9001:2000」認証取得
  • 2005年 9月
    • (株)アール・シー・アイと積樹道路(株)が合併し、アールシーアイ・セキジュ(株)発足
  • 2007年 2月
    • カーボフォル・ジャパン(株)を吸収合併し、環境事業部を新設 同年7月東京本社を東京都江東区青海に移転
  • 2010年 2月
    • 積水樹脂(株)と業務・資本提携 同年2月アールシーアイ・セキジュ(株)を完全子会社化
  • 2012年
    • 2月
      アールシーアイ・セキジュ(株)をアールシーアイ(株)に社名変更

      8月
      東京本社を東京都港区に移転
  • 2015年 3月
    • 創業50年を迎える

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.2年
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 7.6時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.5日
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 7名 8名
    2022年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 2名 3名
    2022年度

社内制度

研修制度 制度あり
内定者教育・新入社員研修
資格取得勉強会
管理職研修・階層別研修 他
自己啓発支援制度 制度あり
各種資格取得奨励制度(資格取得一時金等)
メンター制度 制度なし
キャリアコンサルティング制度 制度なし
社内検定制度 制度あり
JCAA 一般財団法人日本建築あと施工アンカー協会にて実施される試験

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
京都大学、九州大学、山口大学、徳島大学、愛媛大学、日本大学、龍谷大学
<大学>
関西大学、日本大学、近畿大学、東海大学、早稲田大学、慶應義塾大学、同志社大学、関西学院大学、東京理科大学、明治大学、中央大学、法政大学、西南学院大学、芝浦工業大学、工学院大学、東京電機大学、甲南大学、龍谷大学、京都産業大学、東洋大学、専修大学、駒澤大学、成蹊大学、帝京大学、国士舘大学、拓殖大学、摂南大学、追手門学院大学、神戸学院大学、中京大学、愛知学院大学、関西外国語大学、大阪工業大学、大阪経済大学、九州産業大学、愛知工業大学、千葉工業大学、八戸工業大学、日本体育大学、大阪体育大学、同志社女子大学、武庫川女子大学、跡見学園女子大学、室蘭工業大学、九州大学、北海道大学、広島大学、名古屋大学、岡山大学、熊本大学、大阪市立大学、信州大学、山口大学、愛媛大学、鳥取大学、徳島大学、静岡大学、常磐大学

採用実績(人数) 大卒採用
2023年卒 7名
2022年卒 4名
2021年卒 10名
2020年卒 7名
2019年卒 5名
2018年卒 10名
2017年卒 5名

採用実績(学部・学科) 経営学部、経済学部、工学部、理工学部、法学部、政策学部、文学部、商学部、他(学部学科問わず)
  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 6 1 7
    2022年 1 3 4
    2021年 7 3 10
  • 過去3年間の新卒採用者数
    採用者 過去3年間の新卒採用者数
    2023年 7
    2022年 4
    2021年 10
  • 過去3年間の新卒離職者数
    離職者 過去3年間の新卒離職者数
    2023年 0
    2022年 0
    2021年 0

先輩情報

やりがいのある会社
A.F
2018年入社
摂南大学
理工学部
ファスナー事業部 大阪ファスナー部 工事営業課
営業・施工管理
PHOTO

取材情報

こんなところにもケー・エフ・シー!インフラ整備に欠かせない独自技術が強み
建設用資材×ICT。新技術開発に挑む若手社員にインタビュー
PHOTO

QRコード

QRコード

https://job.mynavi.jp/24/pc/search/corp10406/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

(株)ケー・エフ・シー【東証スタンダード市場上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ

  1. トップ
  2. (株)ケー・エフ・シー【東証スタンダード市場上場】の会社概要